« January 2021 | Main | March 2021 »

遊牧民から見た世界史/杉山 正明

 

スゴ本ブログで取り上げられているのをみて、なんとなく購入。

もの凄く面白かったんですけど、とにかく私がこの本に書かれていること、およびその前提となる知識がまったくないということがそれ以上に衝撃でした。

ウチの高校は文理に分かれるのが3年になってからで、1年では地理、2年では世界史と日本史を全員が勉強します。もちろん、どれも1年では履修範囲は終わらないので、3年になって受験に必要なものを選択して残りを勉強すると。そういう仕組みになっているために、歴史は1年しかやらない生徒が古代から中世やって終わってしまうのもどうなんだということで、日本史は幕末から、世界史は大航海時代から始まります。世界史のノートの1ページ目にトルデシリャス条約が出てくるんだな。いや、私も良く覚えてるよね、そんなこと。

大航海時代以降、各地域の歴史ではなく「世界史」という面で捉えると、中心はオランダ、スペイン、ポルトガル、イギリス、アメリカ・・・と移ろって現代へ続いていきます。「実社会で役に立つ」という意味では、この方針は役に立っていると思っていて、ウチの学校はエラいなと。

それはともかくとして、そういうわけなんで私の歴史の知識というのは、ルネサンス以降のヨーロッパに偏っていて、古代ローマとか、中国とかよく知りません。で、それ以上に、中央アジアとか西アジアとかモンゴル帝国に関する知識がこれっぽっちもないし、もっと言えば、地理的な感覚もまったくありません。黒海と中国の間がどうなってるのか、まったくイメージ出来てません。

この本の最初は、舞台となる地域の概略から入ります。テンシャン、パミール、アム川とシル川・・・どこ?全然位置関係が把握できない・・・。

仕方ないから、地図帳を買いました。懐かしい・・・。

これを参照しながら、本を読み進めていったんですが、わかったことはとにかくヨーロッパも中国もまったく騎馬遊牧民に太刀打ち出来なかったということです。基本的に、されるがままです。それぐらい、騎兵というものが圧倒的な武力だったってことなんですね。

中国もモンゴル以前に漢の時代から負けっぱなしで、内実はどんどんと取り込まれちゃってるし、ヨーロッパもスキタイから始まって、ペルシャ、トルコ、イスラム、モンゴルとやられっぱなしです。で、大航海時代より前で言えば、各地域の歴史ではなく「世界史」という観点で捉えれば、どう考えても主役は中央アジアなんですな。そこで起きた文明が世界を何度となく統一しかけているわけで、その力の源は物流と経済と軍事で、それらは全部中央アジアで行われていたのだから。ヨーロッパはほとんどの時期、田舎に過ぎなかったと(笑)。でも、そこで起きたこと全然知らない。まあ、単に私が果てしなく無知なんだけども、それはそれとして、あんまり文献が揃ってないというのもあると。さらに、中国語とモンゴル語とペルシャ語と、その他の文献を総合して研究していくことが難しいし、はかどってないってのはあるんだそうです。

はー、ほー、と無知にもまったく知らなかった歴史の流れを本から受け取っていると、ちょうど、NHK BSで我々が小学生の自分に大ブームになった「シルクロード」の再放送が始まりまして、まあ、これが面白い。1983年頃の取材なので、いまから40年近く前、天安門事件も起きる前の中国、ソ連。イラクとイランは戦争中。もちろん、日本だって昭和58年と令和3年では大きく変わってはいますが、日本はあるし、自民党もまだあるし、同じ通貨を使ってもいます。しかし、映し出されている圧倒的な映像(もちろん4:3)のウイグルや旧ソ連の中央アジア諸国、中東諸国の変化はおそらく日本の比ではないと思いますから、もう、凄まじく貴重な映像で、ため息が出ました。毎回、地図帳とにらめっこしながら(とはいえ、中央アジアはそれほどページも割かれていないんですが・・・もっと詳しい地図が欲しい)、はーとかほーとかいいながら観ました。観ながら、ホントに中央アジアについてはなーんにも知らないなあと。そして、日本に邪馬台国があったのなかったのというころから、世界史はもうこんなに激動していたんだということに圧倒されました。

いやー、小学生の時も親はこれを観ていて、横で「くそつまんねー」と思っていた記憶があるんですが、こういうものを面白がるためには大人になる必要があるんですなあ・・・。

というわけで、しばらくシルクロードがマイブームです。続けて、他の本も読んでみたいんですけど、何がいいのかなあ。

| | Comments (0)

けしからん「中抜き(ではなくピンハネ)」は何故おこるのか、あるいは、SIerとは何か

なんかCocoaの件でいろんな人が怒っているわけです。

まあ、おそらくなんか良くないことが起きていることは間違いないんでちゃんとして欲しいんですけど、これを批判している人の中で、「中抜きしてボロもうけしているSIerは酷い奴らだ」みたいな単細胞丸出しの発言をし、あまつさえそれを頭から信じ込む原核生物レベルの方が散見されるので、SIerってのは何をやっているのかを業界の経験20年の私がめっちゃ簡単に説明します。SIerがボロもうけでないことを示します・・・というか、ボロもうけなら別に資産も設備も大して必要ない仕事なんだからあっという間に過当競争になって値引き合戦になるに決まっているんで、説明するまでもなく、そんなわけないんですけどね。

ちなみに、「中抜き」は商流の中間を省くことなんでSIerがやられると困るやつのことです。勝手に言葉の意味を変えないで。面倒くさいから。

さて、素晴らしいお客様から1億円のシステム開発の発注があったとしましょう。SIerはいただいた1億円から、まず利益分を取り除きます。会社にはプロジェクトを遂行するミッションを持つ人以外にお金を使う人がたくさんいますし、その人達のお給料も払わなければならないし、土地建物も維持しなければならないのです。これがだいたい30%ぐらいだとしましょう。残り7000万円。

さらに、積み立てをします。プロジェクトはいつもいつも上手く行くわけではありません。というか、この業界、恐ろしいことに

滅多に上手く行きません

1日もプロジェクト期間を延長することなく、1円も追加コストを払うことのないプロジェクトの方が珍しいのです。まあ、そのぐらいシステム開発というのは不確実性が高いので、各プロジェクトは失敗したときのための社内の積立金を払います。何かあったらみんなが払ってるこの積立金から補填します。これがだいたい10%ぐらいは必要です。残り6000万円。

さらに、プロジェクトには開発成果物をまったく作らない人がたくさんいます。いわゆる管理系と呼ばれる人達です。どのぐらいの人数必要かはプロジェクトによりけりですが、例えばスクラムチームなら開発者7名につきPOとSMの2人がつくわけですから、だいたい全体の2割ぐらいの人が管理系として必要になります。開発者と管理系の人達のコストが同じぐらいだとすると開発者に支払われるのは残りの80%ですから、4800万円ということになります。

はい、1億円貰って、開発者に払えるのは4800万円です。減っちゃったね。

しかし、管理系の人と開発者のコストが同じってことはないですね。だいたい、管理系の人の仕事の方が難しいし大変なので管理系の人が月200万、開発の人が月100万なんてのはザラでしょう。デカいプロジェクトのPMともなればもっと貰うでしょうし、開発者の中でもキーとなるスーパーハカーさんにはもっと払うでしょうが、ざっと平均したら2:1ぐらいってのは、現実的か、もっと差があるかなって感じでしょう。この辺は採用している技術の難しさとかに依るんですが、そもそもSIerが頑張るような大きなプロジェクトで採用している技術が難しいと人が集まらないので、開発者のコストが高いってのは珍しい。技術力より人数の方が大事だからSIerさんが呼ばれるのです。さて、2:1だとすると人数差を加えると管理系と開発者のコスト割合としては1:2ぐらいになります。ということは開発者に払えるのは4000万になります。

というわけで、だいたい1億円貰っても開発者に払えるのは4000万円。この予算で必要な開発者を下請けさんにあたって集めてくるわけです。ということは、1億円で作れるのは月100万円ぐらいの「そこそこ」の開発者5, 6人が半年で作れるレベルのものってことです。これにPMとPMサポートの人の2人専任で付けたら人件費6000万円は終了なので、大したものは作れません。

そして、ちょっと恐ろしいことを言っておくと、開発者の生産性というのは、使うツールやその人のスキルで簡単に数倍になります。そして、管理系コストは開発者の数が減れば減ります。なので、「そんなもん、1人で3ヶ月あれば作れるよ」という人がいれば、その人に3倍の300万円はらっても、PMもあわせて二人で500万円。3ヶ月で1500万円。あら、1/4で出来ちゃったということはあり得ます。だからといって、「オレならそんなの3ヶ月で出来るから1億は高い」という批判は意味が無いよというのもわかりますね。会社として1億円の仕事を何十と受けて回していくというのはそういうことではないんです。

さて、1億円のプロジェクトならこれでおしまいです。こじんまりとしたチームで半年間頑張って、ちょっとしたシステムの構築や改修をこなしてにっこり笑って解散であります。

問題は、これが100億円のプロジェクトになった場合です。開発コストは1億と同じ、受注金額の60%の60億円としましょう。1億円プロジェクトではそれで8人ぐらいが実働してたわけですが、100倍です。期間10倍、人数10倍とすると、80人の5年プロジェクトになります。

「はーい、お仕事取れたから集まって−」と声をかけて80人集められるか。これは手分けをして集めないとムリでしょう。というわけで、ここから多重下請けが始まります。作るものを10億円ずつの6つの部分に分けます。すると、それぞれがプロジェクトになるわけです。実は、この10億円プロジェクトは1億円プロジェクトの期間を10倍にしただけなので、断面を見ると開発者の総数は1億円プロジェクトの6倍です。100億円出したのに、開発者はせいぜい30人ぐらいです。でっかいSIerにいれば、この程度は「大規模・・・とまではいえないかな」程度のプロジェクトです。あれ?80人じゃなかったっけ・・・?

というのがSIerのやっている商売です。ここまで何もおかしいところはないですよね。でも、結論としては「1億貰って作れるのは、すげえプログラマなら1人で3ヶ月もあればできるレベル」「100億貰って作れるのは、1クラス分の人がせこせこ5年かかって作れる程度のもの」になっちゃうわけです。

で、さらに面倒くさいことを言えば、この期間でやっていることのざっくり1/3は「何を作るのかの相談」で1/3は「ちゃんと出来ていることの証明」です。ホントにゴリゴリと手を動かしているのは1/3ぐらいなので、「1億かかったの?これとそっくり同じものを1ヶ月で作れるよ」というリアクションをされることもあり得るわけですが、何度もいますが、そういうことではないんです。

100億円プロジェクトの開発者の総工数が30×12×5=1800人月で単価100万円として約20億円。これを

80%はピンハネ

って考えますかってことです。途中経過が正しくても、結果が間抜けになるということはあるんです。

Cocoaのコストプランがどうなってるのかは全然わからないですけど、外野から見ただけでは意外とわからんもんですよというのがメッセージです。

| | Comments (0)

三菱のやたらカッコイイ掃除機を買った

まあ、左の画像を見て下さいよ。格好良くないですか?

・・・ないですか、そうですか。

ありがとうございました。以上です。

というわけで、掃除機を買い換えました。

これまでは、エレクトロラックスさんの掃除機を使ってました。これは確かヨドバシの店頭で「スティック式ならこれが使いやすいですよ」と勧められたんだったと思います。確かに使い心地は良かった。すごくスムーズに動くんです。思った通りに動かせる。

さらに、キャニスターはしまうところが必要ですが、このタイプは立てかける充電スタンドがあってそのままリビングに置いておけるデザイン。気になったときにぱっと手に取って、ぱっと吸える。これが一番大事でした。正直、吸引力とかそういうのは気にしたことないです。というか、掃除機の吸引力が足りないなーって思う人って、何を吸おうとしてるのかしら。

ところがですね。このエレクトロラックスの掃除機には弱点がありまして、電池が保たないんですな。いや、新品のうちは満充電して30分とか保つんで全く問題ないんですけど、電池がヘタるのが早い。だいたい2年ぐらいで電池がへたってしまい、充電して3分ぐらいしか動かなくなります。最初に買った奴がそうなって、新しく買い直したけど2台目もなったんで、これはこういうものですな。だめじゃん。

すごく気に入っていた掃除機なので電池交換出来るならそうしてでも使いたい。ところが、電池交換は不可で、ハンドユニットという取り外して使える掃除機のコア部分ごとの交換になりますよと。まあ、最悪それでもいいかと。3台目を買うよりはいいよね・・・と思ってホームページに行くと、こうなってる。

20210206-231443

これは、何か問題を抱えてるとしか言えませんな(笑)。

別な掃除機を探しましょう。

ところが、コードレス、スティックタイプ、立てかけるタイプの充電スタンドという条件をそのまま満たす掃除機はあんまりありません。スティック式の掃除機は、なんといってもダイソンが人気でして、各社なんとなくダイソンぽい形になっています。で、ダイソンさんは自律しないし、充電スタンドもない。それじゃないんだよなー。

話題の家電メーカー、バルミューダさんはかなり理想に近い形をしています。悪くない。悪くないんですけど、これは流石にあまりにも面白みがなさ過ぎます。公園の喫煙所の灰皿みたいに面白くない。黒を選ぶとまだそうでもないんですけど、うーむ・・・

というところで目に入ったのが、三菱のやたらカッコイイ掃除機、その名もZUBA-Q(ずばきゅー)です。

20210206-233604

うん、絶望的に名前はかっこ悪いね・・・。

それはともかく、このデザインは凄い。あり得ないと言ってもいい。

 

だって、掃除機に見えない(笑)

 

私もサラリーマン人生20年のベテランですから、このデザインが開発部から上がってきたら即座に却下されるものだということは、わかります。だって、考えてみて下さい。これが家電量販店に並んでるとしましょう。掃除機を探してやってきたお客さんに買って貰えると思いますか?ムリですよね。だって、掃除機だって気がつかれないから。掃除機だって聞いても、どうやって使うのかわからないもん(笑)

しかし、三菱電機さん、完全に自覚的です。この掃除機のサイトには、カリスマ主婦インスタグラマーによる対談が出てるんですが、冒頭がコレですよ。

20210206-234323

「気がつかなかった」

「どうやって使うの?」

って言っちゃってるYO!

営業担当者の絶望のうめきが聞こえます(笑)。

それでもこの他社とは完全に異なるデザインの価値を認めたってことですから、立派なものです。すぐに取り出せる位置に掃除機を置いて、かつ、それが掃除機とはぱっと見てわからないようにしたいという他社がかなえられないニッチなニーズを取りに行こうという戦略的な意識を感じます。素晴らしい。買おう。ちょっと高いんだけど、まあ、ニッチだからしょうがあんめぇ。

というわけで、掃除が楽になって少しでも我が家が綺麗になるといいなって話でした。

| | Comments (0)

クラフトビール・オンラインフェス第3回に参加した

20201217181111

国税庁さんが我々から酒税をたんまり儲けるための企み、クラフトビール・オンラインフェスの第3回に参加しました!

いや、こんな素晴らしい企画ないよ。楽しかった。第4回の申込は2/8(月) 10:00までなんで、ここまで読んでまだその期限前だった人は、とりあえず上の画像をクリックしてサイトに行ってみよう。この記事を書いている段階で既に申込できるビールは非常に限られているけど、売り切れたらなんか救済措置が出てるかも知れないしね。

Img_0039 

さて、ちょっと落ち着いて。こういう試みはホントに素晴らしいと思います。というのは、クラフトビールというものの魅力は、そもそも味じゃないからです。

もちろん、美味しいですよ。美味しいんだけども、大手メーカーのビールだって美味しいし、ヤッホーブルーイングのようにスーパーで普通に買えるクラフトビールもあるし、海外の様々なビールが普通に買ったり飲んだりできるし、味で差別化して買ってもらうのは難しい。と、すればですよ。作り手の思いとかキャラとか、ブランドのイメージとかストーリーとかそういうものが伝わらなければダメなわけです。少なくとも、価格では絶対に勝負出来ないんだから、ちょっと美味しいビールを大手の倍出してもクラフトビールを飲んでる人はそこに何を感じて飲んでいるのかってことです。

それで、今回、13のブリュワリーが紹介されたわけですが、もう、全部飲んでみたい。今、しゃべってた人が作ったビールを飲んでみたい。出てきた人全員のファンになっちゃった。コレですよ。今回、コロナ禍でしかたなくこのオンライン形式が編み出されたんだと思うんですけど、全然これでいいわけです。だって、ビールなんだから。通販で参加者のところに届いて、zoomで実際に醸造した人の顔を見ながら、話を聞きながら飲む。つまみは各々自分で用意する。サイコーですよ。ものづくりをしている人はカッコイイし、絶対飲みたくなるもの。いや、どんどんやろうよ、この企画。全国のブリュワリーの話、全部聞きたいよ。

あえて主催者側が手間がかかるお試しセットみたいなのを用意するのではなく、主催者がコードを発行してそのコードを持っている人なら数量限定で送料タダにはしてあげるけど各々の通販サイトに行って買ってくれっていう形にしているのもいい。だって、そうすれば買って貰ったブリュワリーさんにお客さんの情報が行くからね。直接、「どうでしたか?」みたいなメールを出すこともできるわけだし。この形式はいいですよ。素晴らしい。

さて、紹介されてるブリュワリーさんは一番上の画像をクリックしてイベントのサイトを見ればわかるんですが(このサイトがどのぐらい維持されるのかもわからないので、サイトのブリュワリーのリストのファイルをコピっておきます。サイトがあるうちは本家から取ってね。訂正があったりするかもしれないので)、2/6の回だけでも13あるわけ。でも、イベント用セットはどこか1つしか買えないわけ。私はヘリオスさんを選びましたが、他も飲んでみたい。というわけで、近江麦酒さん、丹後王国さん、ひでじビールのサイトからも普通に通販で買ってみました。4ブランド揃えて、思いっきりイベントを楽しむぞーと。

盲点でした。ヘリオスさん以外はクール便が来ました。非加熱のビールは要冷蔵です。どうすんだよ。小さい瓶とはいえ、10本も冷蔵庫に入らんよ。皆様、ご注意下さい。まあ、冬だからベランダに出しておけば大丈夫かなw。

いやー、どれも旨かったなあ。まだ、各ブリュワリーの銘柄を1つか2つぐらいしか飲めてないですけど、美味しいわー。とはいえ、まだ4つですからね。13ブランド、全部買うよ。けっこうね、通販での買いやすさとかもバラバラなんだけども(個人的にはAmazon Payが使えると住所をいちいち入れなくて済むから大変嬉しい。支払いがPaypalなだけでも安心感がだいぶ高い)、その辺もたぶん一緒にイベントにでたところがどういう風にしているかをお互いが見て、このイベントがきっかけで改善していったりするんじゃないかな。

というわけで、今日はビールがぶ飲みしてよい心持ちです。国税庁に乾杯!

 

| | Comments (0)

Scansnapを買い換えた

数えて4台目のScansnapかな? Scansnap iX1400を買いました。

約5年使ったiX500は名機でした。紙をジャムることはほぼ無くなったし、2枚重なって読み込んだ場合もほぼ100%検知してくれました。昔は読取りにかける前にページ数を数えておいて、正しいページ数を読み取れたかチェックしてましたが、そんな必要は全くなくなりました。有り難い。

iX500の後継としては、iX1500が出ましたが、業務のペーパーレス化のための機能追加中心であまりそそりませんでした。読み取ったものをクラウドにあげたり、PCと離れた位置に置いてみんなで使えるように無線化されたり。いや、本の自炊しかしないからなあ。

そして、そういう声がPFUさんに届いたのでしょう。今年でたScansnapの新型はiX1500の後継としてのiX1600と、そこからiX1500で加わった自炊に関係ないフィーチャーを除いたiX1400の2機種でした。iX1400は安いし、物理ボタン付いててナイスだぜ。

iX1500になった時点でiX500から若干の読取り速度向上(A4 25枚/分 -> 30枚/分)はあったのですが、iX1600/1400は40枚/分に向上しているので、iX500からみると倍近く速くなってます。これは乗り換えるに十分な魅力!実際使ってみると、もう、明らかに速い。人間は贅沢なので、あっさりと慣れちゃいますが、大量の本やマンガをスキャンするんで本当に有り難い。

それ以外は、ホントに変わらない。なんせ、Scansnap Managerを久しぶりにバージョンアップして(最新版はiX500にも対応してる)、iX500からUSBケーブルとACアダプターを引っこ抜いて、それをそのままiX1400に挿すだけ。新しいACアダプターを袋から出していないというw

クラウド対応やらがあって、iX500時代のScansnap Organizerは引退。Scansnap Homeに置き換わったんですが、別に使わなくてもよくて、最新のScansnap Managerは単に読み取ったPDFを特定のディレクトリに置いておくだけってことが出来るようになってます。なので、バンバン読むだけになりました。PDFファイルの修正は今まで通りAcrobat9でやるし。PFUさんが頑張って開発したものを何にも使ってないのは気が引けるけど、まあ、これで良し。というわけで、またガンガン酷使していきたいと思います。

 

| | Comments (0)

« January 2021 | Main | March 2021 »