« January 2020 | Main | March 2020 »

天冥の標が日本SF大賞を受賞

おめでとーございまーす!

というわけで、2/23(日)に青山ブックセンターで開催された「飛浩隆・小川一水トークイベント」に行って参りました。

この日はまさに日本SF大賞の選考日でして、イベントの冒頭で「天冥の標」の大賞受賞、そして、「零號琴」が受賞を逃したことが発表になったのでした。悲喜こもごもでございます。

まあ、「天冥の標」はもう、1巻が出て、そしてこれが10巻で完結すると聞いた時点で読者全員が「うん、完結したらSF大賞決定だな」と確信するという、初っぱなからそんな完成度の作品だったわけですが、小川さんが「10年がかりで17冊も書かないと大賞が貰えないとは辛い。作者はちょっとずつご褒美が欲しいのです」と受賞の弁で愚痴るのもわかる(笑)。この10年、天冥の新刊が出るたびにむさぼるように読んでいた読者としては、ずっと「リアルタイムでこの作品と対峙できるのは幸運以外の何物でも無いんだから、とにかく読め」とみんなに言っていた一方で、「ホントにいつ完結するんだ・・・」と遠い目になったこともしばしば。1巻の感想をこのブログに10年前に書いていますが、そこでいきなし「完結は何年後なんだー」って書いてますからね(笑)。

いや、それにしてもホントに凄い小説もあったものです。太陽系外の植民惑星の破滅が1巻で書かれて、「どうなっちゃうんだー」とどっきどきで2巻を待ち、2巻を読んでみたらいきなり現代でパンデミックものという。今、まさにCOVID-19のパンデミックが間近に迫っているのが小説世界とリンクしてどっきどきです。まあ、肺炎は冥王斑みたいな致死率ではないものの・・・SFの想像力が人間を強くするということはあると思いますね。この1巻のラストから2巻を読んだときの衝撃と等しいレベルの衝撃が、10巻までに・・・3度はあったかな。「えええっっっ」っていうのが。それが無くても十分に面白いSFの満漢全席みたいな本なんだけども。いや、書かない方がいいな。とにかく

まだ読んでないなら、
絶対に読め!

としか言いようがない。悲劇も喜劇も、冒険も浪漫もエロティシズムも、差別も殺戮も飢餓も貧困も、異世界も異星人も超知性体も、愛も友情も孤独も連帯も、すべてがここにあるすさまじい小説なので(ないのは時間SFぐらいだな)、これを読んでない人生なんてあり得ないんで、読んで下さい。

いやー、しかし、小川一水さんはほぼ同年代なんだよな。これを10年前に構想して書き上げたわけでしょう、同年代の人が。凄すぎるよ。

というわけで、トークショーなんですが、内容はまあ、そんな大した話はありませんでした。とりあえず酉島伝法と伴名練は(買ってあるんだから)とっとと読もうと思いました。てへぺろ。

| | Comments (0)

ゴルフ ピークス

Switchのインディゲームをついつい買ってしまいます。

買うのは遊ぶのに比べて簡単なもので、遊ぶ時間もないのに買っちゃうんですよね。特にセールしていると、ついね・・・。で、そんな積みゲーの中で、久しぶりにクリアしたのが、これ。ゴルフ・・・のゲームではないです。まあ、パズルゲームですね。

これがねー、絶妙な難易度設定なんですよね。ハマりました。8割ぐらいの面はちょっと試行錯誤すればクリアできるんですけど、難しい奴もあるんです。30分ぐらいあーでもない、こーでもない、うーん、わからん。くそー。あーもー寝る!つって、次の日、再チャレンジすると、解けるんですね。不思議ですねぇ。結局、そうやって「ギブアップ!」って言った面が10面ぐらいはあると思うんですけど、結局、攻略サイトを見ることも無く、自力で最後まで解けました。バランス、最高かな。素晴らしいね。

もちろん、こういうのは個人差もあるし、好き嫌いもあると思うんですけど、落ち着いた雰囲気で、かつポップなグラフィック。素敵なBGM。考え抜かれたギミックは万人に通じるものだと思います。エンディングのクレジットを見るとナンチャラスキーって名前がいっぱい並んでるんでおそらくは東欧とかロシアの方の人が作ったんでしょうね。良い趣味です。

というわけで、オススメ。

 

 

| | Comments (0)

MOTHERHOUSEのブラインドサッカーバックパックと、お仕事用バックパックあれこれ

よさそうなバックパックがあったらつい買ってしまうのです。

というわけで、昨日買っちゃったのが、これ。

ポリウレタンのしっとりした素材感がいいんすよねー。買ったのは一番右の青い奴です。

隙あらば本が読みたい私としては、どうしても鞄はバックパックにしたいもの。良いものを見かけるとついつい買ってしまいます。今、メインで使っているのは有名な「ひらくPCリュック」

使い勝手は最高にいいんですが、デザインが格好いいかと言われるとちょっとね。でも、会社のフリーアドレスの座席にぽんと置いて、かぱっと開けばすぐに仕事ば始められるのはとても良いです。

PCだけ。充電器も持ってく必要ないというときは、Minz Thin Packを使います。電車が混んでても背負っていられるぐらいにコンパクトです。

 

ひらPリュックの前に愛用していたのがkatsuyukikodama。

 

格好いいけど、お値段はそこそこ高め。でも、めっちゃ丈夫だし、いっぱい入るし背負って楽。なんかイカツいデザインのが多いけど、私が使っているのはおとなしめのデザインです。

最近はいろんなバックパックがあって目移りしちゃいますが、できるだけ物欲を抑えていきたいところです。

 

| | Comments (0)

スタートレック:ピカード

Netflixで「スタートレック・ディスカバリー」、ディズニーデラックスで「スターウォーズ・マンダロリアン」が放送中の中、Amazonからは「スタートレック・ピカード」が登場。結局、全部入るしかないんですね?あ、huluが息してないんですけど・・・

それはともかく、「ピカード」ですが、1話観ました。もちろん吹き替えで。Netflixは字幕と吹き替えを観ながら切り替えられるんですが、Amazonは字幕版と吹き替え版が別の番組扱いになってることに気がつかずに、最初のシーンは字幕で観ちゃいました。いかんいかんと吹き替え版を探して再度、観たわけですが、例のポーカーのシーン、やっぱり麦人さんと芳忠さんじゃないとしっくりこない。

しかしまあ、「ディスカバリー」の方は歴史から消された船の話なんで逆にこれまでのスタートレックの歴史をあんまり知らなくても楽しめる様になっているんですが、「ピカード」はもう、これは「新スタートレック」の全178話と劇場版4作、そしてリブート版の1作目を全部観ている人向け。

なんせ第2シーズンの「人間の条件」を観てないとマドックスがどういう人かわからず、第3-4シーズンのクリフハンガーだった「浮遊機械都市ボーグ」および劇場版「ファーストコンタクト」を観ていないとボーグとピカードの関係がわからず、第3シーズン「アンドロイドのめざめ」を観ていないとデータの娘という話がピンとこない。浮遊機械都市ボーグ」 のエピローグである「戦士の休息」と、劇場版「ジェネレーションズ」を観ていないとなぜピカードがワイン農場を持っているかわからないし、リブート版「スタートレック」を観ていないと当然の様に語られる「ロミュランが超新星爆発で大打撃」という事件も知らない。そして、178話の第1話と最終話を見ていないと、ポーカーで「Qのファイブカード」を観ておおぅと思うことも出来ないし、劇場版「ネメシス」を観ていないとデータとB4がどう違うのかもわからない。

いや、こりゃ随分とマニアックなものをこさえましたな・・・

だが、それがいい

というか、そういう私みたいな人が世界中にいっぱいいるってことなんでしょうなあ。

そういうハイコンテクストな作品であり、かつ、「ディスカバリー」と違いテレビで放映しない作品ということもあって、かなーり説明が少なくストーリーの追いづらい作品になってます。まあ、いいんでしょうね、これは一見さんお断りってことで。私としては全然OK。例によって連邦のユニフォームがどうなっちゃってるのかがよくわからなかったけど、まあ、それはいいよね(笑)。

というわけで、全10話楽しませていただきたいと思います。ん、前日譚のマンガがあるの?英語?うーん、大変だなあ。とりあえず、買ってみるけど(安いし)、読めるかなあ。

 

| | Comments (0)

« January 2020 | Main | March 2020 »