« 長野に五嶋龍を見にいった | Main | スタートレック・ディスカバリー »

いちばんおいしい家カレーをつくる/水野 仁輔

糸井重里に「カレースター」という肩書きを叙されたことで知られ、日本一カレーを愛している男である水野仁輔さんが、cakesというコラムサイトの主催者であり「もしドラ」を手がけた編集者である加藤貞顕さんに、こう尋ねられたのだそうです。

「そういうややこしい話はいいので、お家で普通の材料でつくれる、一番おいしいレシピってありえるじゃないですか? 水野さん、みんなのおいしいの最大公約数を本当はわかってるんじゃないですか」

ということで、水野さんは持つカレーテクニックを1つのレシピに詰め込んだ究極のご家庭用カレーレシピを開発し、cakesに「ファイナルカレー」の連載を始め、その連載をまとめたのがこの本、「いちばんおいしい家カレーをつくる」です。

この連載では、3つのレシピが紹介されます。まず、究極の「欧風カレー」、そしてルーを使わずにスパイスだけで作る「インドカレー」、そしてその2つのレシピに隠された水野さんのテクニックをいいとこ取りして作られる「ファイナルカレー」です。

これがねー、どれも旨いんですよね。まず、欧風カレーを作った段階で度肝を抜かれるほど旨かった。すりおろした生姜がたっぷり入っていて、蜂蜜で甘みをぐっと強いんですが、カレーからこの2つの味がするとこんなに旨いのかと。でも、考えてみれば牛肉と生姜を甘辛く味付けしたらそれは日本人が好きな味に決まってるじゃないかという気はしますわな。なるほど、欧風カレー(=ジャパニーズカレー)が日本料理だと言われる所以はよくわかります。

そして、インドカレー。スパイスでマリネした鶏肉(焼いたらタンドリーチキンになる状態のもの)を煮込んで作るんですが、ルーでつくるカレーとは全然違うんだけど、これもびっくりするほど旨いんですよ。やったことない人にとっては、「ルーもカレー粉も使わずにカレーを作る」ってかなりハードルが高く聞こえると思うんですが、作業工程自体は単純で、わりとさらっと出来ます。びっくり。で、その工程の中に「味付け」という作業がなく、ぶっちゃけスパイス以外は塩とヨーグルトしか入れない(日本料理のようにダシ+酒+醤油/味噌のようにアミノ酸を重ねていくことがない)ので、マズくなりようがない(焦げたとかはありえるけどもね)のも素晴らしい。

そして、ファイナルカレーときたら・・・ただ、ファイナルカレーの存在意義は、前2つのまったく異なるカレーの工程自体を理解していないとわからないという憎い構成なんですよ。いや、こんな面白い料理の本はひさしぶりです。

という連載が本になり、もちろん買いましたし、実家にも送りつけました。この本は日本の家庭のカレーをまったく変えてしまうポテンシャルを持った恐るべき本ですし、「度を過ぎてるカレー好きが、完全に道を踏み外した結果としてたどり着いてしまった地点」を知るタモリ倶楽部的な楽しみにも溢れていて、読み物としてもかなり面白いです。ともかく、「月に1度は家でカレーを作る」という家庭には、すべからく1冊置いておきたい本。是非とも。

そして、この連載を読んで以来、水野さんの活動が気になりまくり。NHK「趣味どきっ!」も楽しく観ましたし、AIR SPICEから毎月送られてくるスパイスセットも楽しみに待っています。そして、「幻の黒船カレーを追え」も買って読ん・・・だ感想は別に書くことにします。


|

« 長野に五嶋龍を見にいった | Main | スタートレック・ディスカバリー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference いちばんおいしい家カレーをつくる/水野 仁輔:

« 長野に五嶋龍を見にいった | Main | スタートレック・ディスカバリー »