« F1GP2015 #14 日本GP | Main | F1GP #16 アメリカGP »

2015秋アニメ1話感想 そのいち

今期は続編が多くて、あんまり注目しているものがない印象です。

まあ、そんなたくさんあってもどうせ観られませんし。

[ルパン三世 新シリーズ]

新シリーズということで試しに1話だけ観てみましたが、ホントに昔のルパンを丁寧に続けているだけですな。お話もそれなりに面白いし、各キャラもちゃんと機能しているし、作画的な魅力もたっぷり。でも、まあ何事も起こらなさそうなので観なくてもいいかなと。

[ランスアンドマスクス]

無駄に最強主人公。「悲鳴を聞くとナイトな振る舞いをしてしまう」という設定的に意味不明な言動。一人暮らししているお嬢様。命を狙われている一方、見知らぬ人である主人公をいきなり家に泊めてしまう展開。・・・なんだかものすごい既視感で、めまいがします。

原作はぽにきゃんBOOKS・・・って、なんとなく聞いたことはあるけどどんな本を出しているのか知らないなあと思い、サイトの既刊一覧を見て絶句。推して知るべし。

[ハッカドール]

やたらテーマ曲は格好良かったです。以上。

[ヘヴィーオブジェクト]

「とある魔術の禁書目録」シリーズなどで知られる鎌池和馬さんのラノベが原作。電撃文庫。原作未読です。個人的には「とある・・・」は肌に合いませんでした。

なんかでっかい超兵器「オブジェクト」の出現により、既存兵器が存在意義を失ってオブジェクト同士の力の均衡により戦争が「やってるけど、1兵士からみると緊迫感のないもの」になった世界が舞台。でも、オブジェクト同士の直接対決とか起きたらどーなんのよ?と思ってたら1話の最後はそこで終わると。そりゃそーか。

ちゃんとモノを考えていそうな世界観、楽しげなキャラ達。ドラマチックな展開。かっこいいメカ作画と非の打ち所のない1話。残念ながら目新しさはないものの、ちゃんとしてること大事です。

[学戦都市アスタリスク]

こちらもラノベ原作。MF文庫Jですな。ヘヴィーオブジェクトがちゃんとしている一方で、まるでちゃんとする気がないのがアスタリスク。

いや、設定はあるんですよ。なんかサイトには用語集もあるんです。あるんですけど、それが単に「制服を着た男女が決闘して、ちょっとウフフな展開もあったりして」という企画をやるための言い訳にしかなってないです。だって、ちょっとウフフな決闘書いても、もうそれ面白くもないだろうしなあ。何か別の発見をして、そのなかに「ちょっとウフフ」が入ってくるのなら別だけど、それを真ん中に据えた企画が面白がられるのはせいぜい最初の1つ、2つぐらいなわけで。要するに、これ、例えば「インフィニット・ストラトス」と何が違うのん?

と、まあ、ぶっちゃけ電撃文庫、スニーカー文庫、ファミ通文庫、富士見ファンタジア文庫などの老舗・中堅レーベルとそれ以外のレーベルでは差がありすぎるってことなんですけど。ちなみに、上で挙げた4つは全部KADOKAWAなんだぜ・・・。

[機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ]

「Gのレコンギスタ」に続く、ことし2つ目のオリジナル・ガンダムがコレ。長井監督とシリーズ構成岡田麿里さんの「とらドラ」コンビがガンダムをやるというところに注目。

やー、やっぱり岡田麿里さんはちゃんとしてる。なんだろう。ちゃんとしていることで喜ばないといけないこの感じ(笑)。でも、けっこう複雑な世界観や人物相関を1話で出してるんだけど、ちゃんと意味がわかるもんなあ・・・。ちゃんと1話にガンダムも出したし。やらなきゃいけないこと、ちゃんとしてます。

そして、OPはオオカミさん達ことMAN WITH THE MISSION。「ログ・ホライズン」の曲も良かったけど、これも良いね。

|

« F1GP2015 #14 日本GP | Main | F1GP #16 アメリカGP »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2015秋アニメ1話感想 そのいち:

« F1GP2015 #14 日本GP | Main | F1GP #16 アメリカGP »