« 2015夏アニメ 1話感想 そのに | Main | F1GP2015 #11 ベルギーGP »

2015夏アニメ 1話感想 そのさん

[下ネタという概念が存在しない退屈な世界]

同名のライトノベルが原作。頭が悪いか、過剰に文芸かの振れ幅が大きいガガガ文庫。原作は未読です。

言論統制により、卑猥なことを言うと逮捕される世界で下ネタをまき散らすテロに興じる生徒会の話。えーっと、すげー下品な図書館戦争?【違】

まじめなことをちょっと言いかけたりもするけど、基本的はたいへん頭の悪い作品で演出のセンスがないと見ちゃいられない感じになるんですが、本作はなかなかちゃんとしているんじゃないでしょうか。楽しく見られます。

また、OP/EDとも大変頭悪く楽しい感じでいいっすね。特にEDは我らがすみぺに何をさせているんですかけしからんぞもっとやれ。

[六花の勇者]

同名のライトノベルが原作。結局、レーベルを代表するヒット作を生み出せずに消えていった集英社スーパーダッシュ文庫。原作は未読です。あかん、最近ぜんぜん読んでへんな。

かつて世界を恐怖のズンドコにたたき落とした魔神の復活。それを阻止できるのは紋章を持つ予言された6人の勇者。それが六花の勇者。魔神の復活と共に勇者も目覚め、力を合わせ魔神を倒すべく集合した・・・ら、7人だった。あれ?ニセモノがいる・・・?

あら、この設定、すごくいいですね。久しぶりに設定だけ聞いてワクワクしました。1話はとりあえず主役とヒロインの出会いで、共に六花の勇者に選ばれて旅立つところまで。これから徐々にメンバーが集まってくるのかな?これは期待出来そうです。楽しみ!

[ワカコ酒]

同名のマンガが原作。原作既読です。「ぷっしゅー」が合い言葉。この擬音を見つけたのは発明だったね。

5分アニメなので特に何ということもないんですが、かなりデフォルメされたキャラクターで、声はTARAKOさんみたいな感じで「ぷっしゅー」だったため、クレジットで「沢城みゆき」の文字を見たときに驚愕でした。沢城さん、何でもできるなあ・・・

[赤髪の白雪姫]

LaLa連載のマンガが原作。原作未読です。

薬屋の看板娘が領主様のお妾にされそうになり、逃げ出したら隣国の王子様と偶然であって・・・なんておとぎ話。なんだろう。古き良き少女漫画ですなあ。

ここのところ、「暁のヨナ」のような古き良きファンタジー少女漫画が丁寧にアニメ化されていて、それなりに好評みたい。その流れにあるのかな。アラフォーのおっさんはわざわざ観ませんけど、良い作品な気がします。

[実は私は]

チャンピオン連載のマンガが原作。原作未読です。

ちょっと絵柄が独特ですけど、メジャー感のある作品。主人公が極端に嘘のつけない性格だけど、ヒロインの絶対に明かせない秘密を知ってしまい・・・というのがなかなか面白い設定です。その秘密ってのが、「実は関西弁の吸血鬼」でしたってのがマンガらしくていいですね。

まったくポーカーフェイスができないけど、それ故に友人達から愛されている主人公も好感が持てるし、個人的に関西弁のヒロインはポイント高いので気に入ってます・・・といいつつ、1話から先、見てないんだけど。溜まっちゃってます。

|

« 2015夏アニメ 1話感想 そのに | Main | F1GP2015 #11 ベルギーGP »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2015夏アニメ 1話感想 そのさん:

« 2015夏アニメ 1話感想 そのに | Main | F1GP2015 #11 ベルギーGP »