« マイクロソフトのエルゴノミックキーボードを買ってみた | Main | 火星の人/アンディ・ウィアー »

2015年冬アニメ1話感想 そのいち

今期も仕事が山場だし、相撲は面白いしでなかなか・・・。ちなみに前期もあまり感想が書けなかったんですが、最終的には「甘ブリ」が面白かったかな。話は大したことがないんだけど、京アニが作るとちゃんとテンポよくて笑える気持ちいいアニメになるから、すごいなあと思いました。うむ

[ユリ熊嵐]

今期一番の注目作はコレ。幾原監督の最新作。アバンとOPを見ただけで、「ああ、視聴者を置いてけぼるつもり満々だなあ」とニンマリ。

「ピングドラム」も凄かったけど、今回はあそこまでキツい話をするつもりはなさそうかな。イジメ・・・というか、女の子同士の人間関係の話なのかな。そういう意味では、「オオカミ少女と黒王子」と同じだ。・・・違うか。

[幸腹グラフティ]

芳文社の日常系4コマが原作。とりたてて何も言うべきことはない原作で、アニメも特別に何かやっているわけではないんですが、今期のシャフトがコレ。

そういう意味では絵のきれいさや演出、OPなんかはかなり非凡。でも、こういってはなんですけど、新房監督が総監督、岡田麿里さんのシリーズ構成、音楽がコトリンゴ、OPがラスマス・フェイバー作曲で坂本真綾さんが歌うなんてのは、なんだか贅沢過ぎるような・・・

[暗殺教室]

今期の田中公平祭りその1。今期は公平先生が作るOPが2曲あります。こっちは畑亜貴さん作詞の電波っぽい作り。でもやたら歌うのは難しそう。そして、その2はジョジョの第3部2期なんですが、そっちは1分30秒ひとかたまりで流れる、構造すらつかませない難しい曲。どっちも格好いいから、早くフルコーラス聞きたいです。

で、アニメの中身の方は・・・うーん。こういう破天荒な設定の学校ものって、学校の中で起きていることをカリカチュアライズして書きたいって場合(「ユリ熊嵐」はたぶんこっち)と、世の中で起きていることを教室内のことにデフォルメして書きたいという場合(「バトルロワイヤル」はたぶんこっち)があると思うんですがいい加減使い古されてきて、これだと「破天荒な設定の学校もの自体」をやろうとしているように見えるんですね。

外側に何もないような感じ。つまり、理不尽の象徴としての宇宙人の先生だったり、この教室での出来事が世界の破滅に繋がるよという典型的なセカイ系設定だったり、登場人物たち手っ取り早く問題を抱えさえるための落ちこぼれ学級という設定だったりが、「こうしておけば、物語がなんか動くよね」という意図のもとで作られているように見えるんですよ。

イマドキのダメなラノベはだいたいそんな感じですけど。

[聖剣使いの禁呪詠唱]

ラノベ原作・・・なの?読んでませんが。上で言った「ダメなラノベ」の見本みたいな感じ。設定もつまらなければ、キャラもつまらなければ、演出もつまらないという・・・。

勝算無しに勝負をつっかけて案の定やられる主人公。主人公ラブという設定に振り回されて言動が完全にキチガイのヒロイン。学生のくせに、お前、これでどうやって世間を渡ってきたんだよと思うほど性格が破綻した敵役。どれも酷い。そして、1話の最後でイヤ・ボーンする・・・と。ここまでダメだと、かえって清々しいです。

|

« マイクロソフトのエルゴノミックキーボードを買ってみた | Main | 火星の人/アンディ・ウィアー »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2015年冬アニメ1話感想 そのいち:

« マイクロソフトのエルゴノミックキーボードを買ってみた | Main | 火星の人/アンディ・ウィアー »