« 2013 春アニメ1話感想 そのに | Main | F1GP2013 #4 バーレーンGP »

2013 春アニメ1話感想 そのさん

[カーニヴァル]

マンガ原作・・・らしい。掲載誌が「コミックZERO-SUM」という名前なんだそうだけど、すごく儲からなさそうな名前です(笑)。

それはさておき、基本女性向け。いわゆる「乙女ゲー」をやるような層がターゲットっぽい感じです。絵はとてもきれいですが、場面場面では何が起きているのかちゃんとわかるのに1話通して何が起きているのかさっぱりわからないです。いや、ドラクエでレベル上げながら見てた私も悪いんですが(笑)。

絵はきれいだし、演出もちゃんとしているし、この謎が謎を呼ぶ展開(?)も落ち着いてくればちゃんとわかるようになるんだろうし、良作の予感です。見ませんけど。

[波打際のむろみさん]

マンガ原作でハイテンション・ギャグが心地よい作品。

目や顔の輪郭が、90年代のスタチャアニメっぽくて懐かしい絵柄で、ノリも懐かしい感じです。くっだらないんだけどゲラゲラ笑っちゃう感じでよろしい。博多弁も可愛いしね。

そしてOPはみかこしに続くスターチャイルド期待の星、上坂すみれが神前作曲畑亜貴作詞のデムパソングを歌い上げてます。上坂さんはガルパンでも「カチューシャ」を歌って話題になってましたが、この先どこに行くのか楽しみ心配です。

[進撃の巨人]

話題のマンガがアニメ化です・・・が、どうも私、この原作をいまいち好きになれないんですよね。何でなんだろう。設定もいいし、世界感も好きなんだけどねぇ。それを言っちゃあおしまいだという気がするんですが、「ドラマに面白さが足りない」ような。あいまいなんですが。

ひとつ言えるのは、敵(つまり、この作品の場合、巨人)がアホっぽいのがいやなのかも。私は、主人公はバカでもいいので、敵役にはちゃんと思惑なり、作戦なりがあって欲しいんですよね。だから、サスペンスものでも敵が変質者とか狂人で、動機や行動に理性の雰囲気がしないとのれないんですよ

もっとも、そこは演出でかなり変わりそうな気がします。1話のつくりは世界説明から最初の襲撃までうまく見せていたので、乞うご期待・・・だけど、もう見ないかな(笑)

[翠星のガルガンティア]

今期なぜか大いに被ってしまったオリジナルロボットアニメ三羽烏のうちの1つです。

なんとなく「マクロスF」のヴァジュラとか「トップをねらえ!」の宇宙怪獣を思わせる敵と人類が一大決戦を行っているところからスタートする1話Aパートはもう盛り上がりまくりで、「こりゃすげえのが始まった!」と思っていたら、その世界からワームホールをすっこり転げ落ちた人が地球にたどり着くという話でした。おおう、宇宙が舞台じゃないのかい。

それにしても設定もいい、デザインもいい、世界の謎もたっぷりで登場人物も魅力的と、今期のイチオシはこれでございます。ああ、オリジナルロボットアニメをイチオシできるなんていいですな!

[革命機ヴァルヴレイヴ]

三羽烏の最後の1つです

アニメマニア的には、ガルガンティアがI.G+虚淵玄、ヴァルヴレイヴがサンライズなので、その味わいの違いを楽しみましょう。でも、最近のサンライズのオリジナルはちと微妙なものが・・・。また、謎の美少年5人組ですか・・・あ、あれ?バンパイアものになっちゃうの?う、うーむ・・・

敵メカの両手にシールドを装備した機体がかっちょよかったので、メカは期待してます

|

« 2013 春アニメ1話感想 そのに | Main | F1GP2013 #4 バーレーンGP »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2013 春アニメ1話感想 そのさん:

« 2013 春アニメ1話感想 そのに | Main | F1GP2013 #4 バーレーンGP »