« アストルティア報告 あるいは 旅が道連れ(旅Lv.17) | Main | アストルティア報告 あるいは 防具鍛冶入門(旅Lv.22) »

アストルティア報告 あるいは 小さな種族めぐり(旅Lv.18)

次に目指すは、FFXIのタルタルを思わせるちっちゃくてユーモラスな種族、プクリポが住む、プクランド大陸。プクランドの鉄道駅はオルフェアの町にあります。

ファンシーで楽しいオルフェアを散策し、プクリポプレイヤーの故郷であるプクレットの村にも行ってみました。オルフェアでは元気のいい魔法使いに誘われレベル上げをしました。

キーボードがないユーザーだったらしく、意思疎通は定型文だけ。ついていってみて、はじめて何がしたかったかわかるなんてこともありましたが(ああ、宿にいくのね・・・)、不思議とプクリポだと腹もたちません。

ただ、この日(というのは、8/4の日曜日のことです)から、徐々に混雑によるトラブルが深刻化してきました。また、単純な問題として、サーチ機能がないのでどうしてもパーティを組もうとする人が街の一箇所にかたまります。チャットがあっという間に流れますし、メンバーを探すのも大変。何より混んでいるのは好きではありません。プクリポはオーガに続く人気種族だと思いますので、不人気なところに行くのがよろしかろう。ええ、ドワーフのことです。すいませんね、ドワーフプレイヤーの皆さん。

というわけで、プクランドのクエやストーリーはほったらかしで、すぐにドワーフの国、ドワチャッカ大陸へきました。ドワーフはその見た目があんまりぱっとしないので不人気のようです。が、未実装の採掘ギルドがあったり、お話は面白かったりと、まだまだ可能性は秘めています・・・が、今は空いてます。

ドワーフの鉄道街である岳都ガタラへ降り立ち、ドワーフプレイヤーの故郷であるアグラニの町を訪ねます。いや、なんというかね、モンスターの配置もいやらしくてドワーフの人は大変だろうなと思いました。

ちなみに、ドワーフの女性キャラって妙にセクシーです。思わず写真撮っちゃいました。展望台にいるNPCです。

324140

|

« アストルティア報告 あるいは 旅が道連れ(旅Lv.17) | Main | アストルティア報告 あるいは 防具鍛冶入門(旅Lv.22) »

アストルティア報告」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アストルティア報告 あるいは 小さな種族めぐり(旅Lv.18):

« アストルティア報告 あるいは 旅が道連れ(旅Lv.17) | Main | アストルティア報告 あるいは 防具鍛冶入門(旅Lv.22) »