« ふしぎなキリスト教/橋爪大三郎×大澤真幸 | Main | F1GP2011 #10, 11 ドイツGP ハンガリーGP »

Kamuroのメガネ

20年来、メガネをかけてます

今かけているメガネは日本のオリジナルメガネフレームブランド、Kamuroのものです。

Milueに薦められてKamuroの銀座店に行って数年前に購入しました。このpaniってモデルの483P(chocolate)という色の奴

かあいらしい・・・。可愛いおっさん向けです。

これが、かけ心地がめちゃめちゃいいんです。よくメガネをかけている人がやるずれたメガネを指ですっと持ち上げる動作、あれがほぼ不要。びたっとホールドされます。20年間メガネをかけてきましたけど、こんなびしっとホールドされるメガネは初めてです(癖でやっちゃいますけどね、メガネを持ち上げる動作自体は)。

 

大抵は買った直後はよいものの、ゆがんだり緩んだりでだんだんと合いが良くなくなっていきます。しかし、このメガネはそれがない!

ただ、レンズ混みで7万円台の請求額を見たときにはちょっと鼓動が速くなりました(笑)。最近の量販店なら3つか4つ作れてしまう値段です。しかし、このデザインでこのびしっとしたホールド感は格別

というわけで、気に入って使っていたこのメガネですが、数年使ってさすがに汗で表面が白濁してきました。機能に問題はありませんが、見栄えがちょっとイマイチ。次のメガネを作ります。またKamuro銀座店へ

店員さんの最初のオススメはチタン一枚板から作ったフレームで「折りたためないけど、丸めて引っかけておける」というもの。スタイリッシュだし、かけた感じがめちゃめちゃ軽くて、しかも面白い。かなり好印象。もう一つ持ってきてくれたのがこのRUBBER05。「売り切れた」って出てますけど、7/30にこれ買ったのは私です(笑)

最初に薦められたのと迷ったんですが、かけた印象がこっちの方が良かったんです。今使ってるフレームが白濁しちゃったのを見せたら、「じゃあ、ラバー素材のこれなんかどうですか?」と。耳にかけるのではなく、弾力のある素材で挟む形です。

白濁したフレームも「磨き直せますよ」とのことでした。うれしいな。

ついでに、近所だったので銀座エスペロでパエリアを食べて帰ってきました。前菜のメロンのスープに生ハムがついたのがおいしかった。こんな生ハムメロンの食べ方があるとは!

|

« ふしぎなキリスト教/橋爪大三郎×大澤真幸 | Main | F1GP2011 #10, 11 ドイツGP ハンガリーGP »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

可愛いめがね!
サイトに行ってカタログ見てきました。
うわーうわーうわああああああっ!
ってくらい可愛いめがねが多くて、欲しくなって
店舗みたら東京のみでした・・・がっくり。
普段はコンタクトだけど、たまにめがねも掛けるので・・・
東京に行く時はKamuroに寄ってみますヽ(`Д´)ノ

Posted by: Merble | August 06, 2011 12:34 AM

Kamuroのメガネを買えるのはKamuroのお店だけではなく、Kamuroのお店で買えるのはKamuroのメガネだけではないみたい(ややこしい)ですが、素敵なお店であることは違いないです。

有楽町の駅からすたすた歩いていける距離なので、東京に遊びに来たときに寄るには便利ですよ

Posted by: Tambourine | August 07, 2011 02:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Kamuroのメガネ:

« ふしぎなキリスト教/橋爪大三郎×大澤真幸 | Main | F1GP2011 #10, 11 ドイツGP ハンガリーGP »