« 2011 春アニメ 第1話感想(無印) | Main | 2011 春アニメ 第1話感想(S) »

2011 春アニメ 第1話感想(R)

まずは保存決定ゾーンの感想です

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

今期の一押し。引きこもりの高校生のところに死んじゃった幼なじみの幽霊が現れて・・・と書くと、なんかすっごいダサいセカイ系っぽいんですが、真っ当に青春なんですよね。個人的にツボ押されまくり。こういう話に弱いんですよ。

スタッフは「とらドラ!」を成功させたメンバー。満を持してのオリジナルということで期待もしてましたが、それ以上。基本的には明るい話ではないんだろうからヒットはしないでしょうが、見た人の心に刺さって記憶され続ける名作の予感。たぶん、ポケモン世代の20代ぐらいの人が一番刺さるんじゃないかなあ。

それにしても、今期はオリジナルが多い。この「あの花」と「C」の2作品ともノイタミナはオリジナルだし、他にも多数。原作になりそうなものを食い尽くしたのかもしれませんが、個人的にはよい傾向だと思います。いつものことですが、オリジナルというだけで☆一つ追加ですよ

日常

今期のアニメの中で飛び抜けて面白いってわけでないんですが、原作が好きなんですよね。京アニがどう料理してくるのかも注目。なんせ「けいおん!」と違ってこの女の子達は取り立ててかわいくないしね<をい

で、見てみた感想ですが、かなりイイ線いってると思います。アニメは集団作業なのでまずはスタッフの間で「このギャグはどう面白いのか」が共有できていることが難しいのですが、出だしでこれなら後半はかなり期待できます。アニメの「あずまんが大王」も出だしはやっぱ微妙でしたからね。

笹原先輩と立花みさとの掛け合いようにわかりやすいところは今でも十分に楽しいし。関西人達に期待だぜ!

あと、チョーさんと白石稔さんがいるのが頼もしいよね。

ファイアーボールチャーミング

神のみぞ知るセカイII

どちらも続編なので略します。「ファイアーボール」は知名度が低いですがやたら面白いのでおすすめです。2分アニメですけど。

さて、続きまして継続視聴ゾーン

TIGER & BUNNY

サンライズのオリジナル作品。明るく楽しい雇われヒーロー悲哀もの。レンタヒーロー?(笑)

キャラデザインはあの桂正和(言われないとわからないかも・・・)。気軽に見られる良作です。

出てくるヒーロー達がそれなりに魅力的なキャラクターで、しかもそれぞれのキャラが本物のスポンサーロゴをつけているというのは画期的な発想です。公式サイトのキャラ設定には入ってないんだけど(もったいない)、テレビ画面ではヒーロー達がSOFTBANKやCALBEE、PEPSI NEX、ustream、牛角(笑)のロゴをつけて飛び回り、実際にSOFTBANKやサントリーのCMが番組スポンサーに入ります。いいね!ustreamがスポンサーについてるだけあって、ユーストでも観られますよ。どんなアニメでも出来る方法ではないですが、アニメとスポンサーの関係の新しい形ですね。

OPは以前、ジャケット買いで1stアルバムを買って「これは来るでしょう!RADWIMPS並でしょ!」と思って待ってたらさっぱり売れてこないUNISON SQUARE GARDENさんです。飛躍のきっかけになればいいね

というわけで、私はこれ結構好き。

花咲くいろは

スチャラカな両親が夜逃げし、初めて会った祖母が経営する旅館に 引き取られ、従業員として強制労働させられる女の子の話。 元気前向きキャラだけど、わりに普通に不憫(笑)

ものすごくありがちで普通に実写でできるアニメ(世間では「朝ドラ」アニメなんて言われてますね)なので きちんと当たり前をちゃんとやるのか、トンだ話にするのか オリジナルなのでまだよくわからない。 どーも、地味をちゃんと地味にやる予感が漂ってます。 それはそれで大変なんですけど。ホントに朝ドラになっちゃうと面白いかどうかは疑問ですが、作劇に関しては山本弘会長がすっごく褒めてます。そこまでか?とも思わなくもないですが、続けて見たいですね

へうげもの

マンガは以前より注目作でした。絵柄的に好みではないので読んでないんですが、アニメにするとこのキャラの極端な表情づけが違和感なくて見やすいです。

最後に作中に出てきた器の実物が出てくるコーナーがあったりするのが、なんだかとってもNHKで面白いですね。大河の後のちょっとした教養コーナーみたいです。

電波女と青春男

今期の新房+シャフトはこちら・・・って、「まりあほりっく」の2期もやってるんじゃなかったっけ?まあ、あっちは感じがつかめてるだろうからもうスタッフにおまかせなのかも。

田舎者の主人公が都会に住む(つって、駅も町並みもおもいっきり名古屋。まあ、確かに都会だけど)叔母のところに下宿にくると、存在自体をきいたこともなかった叔母の娘・・・つまり従姉は布団に簀巻き状態で宇宙人からの侵略を警告している電波少女。この子と同居することになった主人公は・・・という、この先どこへ着地させても嫌な話になりそうなコメディ。

原作は「みーまー」の入間人間のラノベ。ちなみに原作は未読です。んー、まあ、第1話は無難な出来。「みーまー」は1巻だけ読んで趣味じゃなかったんで入間人間は手を出していないんですが、このノリなら見てもいいかなー。絵はわりと好み。

それにしても、OPが神聖かまってちゃんでEPがやくしまるえつこって、そりゃ電波にしてもわかりやすすぎやしねーかい?

C

検索しやすい名前つけてよねー

それはさておいて、今期のノイタミナその2。

「空中ブランコ」の中村健治監督のオリジナル。不景気で先行きの見えない世界の貧乏な若者が、「あなたの将来を担保にしていただければ、お金貸しますよ」とハデハデな喪黒 福造みたいなのに言われてあげく怪しい世界に連れて行かれる話。

中村健治が「笑ゥせぇるすまん」をやると考えてもらっておおよそ間違ってなくて、だとすれば興味深いです。画面構成が斬新過ぎて見辛いんですが、画面が試みとして面白いことは間違いないです。その分、ストーリーにあんまり目新しさはないんですが、いきなり両方目新しいとついて行けないかもしれないから、これでいいのかも。

デッドマン・ワンダーランド

「エウレカセブン」のコミカライズをやっていた人のオリジナルが今度はアニメ化。絵柄に力があるので書店で気にはなっていたけど、原作は未読です。

1話を見る限り、世界観が跳んでいて、デッドマン・ワンダーランドの設定が跳んでいて、出てくる登場人物達がみんな跳んでいるのに主人公が常識人ですごくかわいそう。あまりに1話に不思議てんこ盛りなので、先は気になるような、なんかもうおなかいっぱいなような。でも、気になるからしばらく見ます

|

« 2011 春アニメ 第1話感想(無印) | Main | 2011 春アニメ 第1話感想(S) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2011 春アニメ 第1話感想(R):

« 2011 春アニメ 第1話感想(無印) | Main | 2011 春アニメ 第1話感想(S) »