« "文学少女"と恋する挿話集2/野村美月 | Main | 最近買ったCD そのいち »

衆議院選挙に行かなかった

結局、投票には行きませんでした。

以前、こういうエントリも書いてますが、考え方は変わっていません。ただし、このエントリでは「国政選挙には行く」と書いてますが(笑)。

「投票に行こう」と誰しもが言います。私も行った方がいいと思います。ただし、誰も「○○に入れよう」とは言ってくれません。当たり前です。そういうことは、自分で判断する必要があります。

しかし、今回も私は選べませんでした。

自民党。自分たちで選んだ総裁を守ることの出来ない壊れた組織です。とても信用できない。それに長い間やっているとしがらみもいろいろ出てしまいます。一度変わってみた方がいいのは確かです。ただし、小泉以降の3人の総理総裁、安倍、福田、麻生はそれぞれに能力も高く、気概もユーモアもあり、なかなかの人物でした。引きずり降ろしたのは結局のところ、我々国民でした。彼らが何か失策をした記憶がありません。また、石破茂、与謝野馨、河野太郎など人材にも事欠きません。アホも多いですが、ちゃんとした人もたくさんいます。

民主党。この人達がちゃんとしてれば自民党に灸を据えるに十分ですが、自民党がすっかり与党ヅラに凝り固まって癒着しているのと同じぐらい、こちらもすっかり野党が染みついてしまいました。以前は自民党の出す政策に同調できるものはしていましたが、数回の選挙で対立軸を明らかにしないと票が取れないと理解して以来、ただ反対を唱えるだけのダメな政党になってしまいました。以前から民営化を主張しておきながら、郵政選挙では「うちも賛成」と言えず、今回は「郵政民営化見直し」と言い出す始末。とにかく自民党と違うことを言わなきゃという必死さが痛々しいです。

自民党総裁がコロコロ変わると言いますが、福田-小沢大連立構想の後の「オレ辞める」騒動と鳩山さんへの交代を数えれば、たいして自民党と差はないし、こちらは人材が枯渇している分、コロコロ変わっても「菅-鳩山-小沢-岡田」でずっとループするだけです。言ってること、やってること、すべて自民党の2軍にしか見えません。それに、鳩山さんになってから発言が酷い。昔はああじゃなかったのに、頭がおかしくなったとしか思えません。

その他の党はどうか。公明党。自民と選挙協力をせずに政権協力だけやっていれば、民主政権になっても常にキャスティングボードを握れたかも知れないのに。アホです。社民党。みずほちゃんには何も期待できません。だって、何言ってるかこれっぽっちも理解できない。共産党。もうちょっとで変われるかもしれませんが、これほどまでに弱体化しても一度出来た組織はその体質を入れ替えることは難しいのだという見本です。その他はとりあえず考慮に値するようには見えません。

選べないなら、せめて白票をという意見もあります。ただ、白票がカウントされたということは聞いたことがありません。白票はたぶん、その他たくさんのバカが書いた「小泉純一郎」と書いた無効票と同じ扱いを受けているだけでしょう。投票しなければ単に興味がない人と混ぜられた投票率という結果で現れます。バカとニヒリスト、どちらに混ぜられるのがいいのかは迷うところです。

宇宙ジャーナリストの松浦さんは、組織票の効果を薄める意味だけでも投票をするべきだと仰いました。これは私の心を揺さぶりましたが、小選挙区の結果(特に得票率と議席数の格差)を見る限り、小選挙区での組織票の意味は無いようでした。そういう意味では、比例区だけでも入れに行くべきだったかもしれません。

逆に、今回の選挙の高い投票率は、これだけ注目が集まった選挙に対して「自分も参加したい」という祭りの意識が大きかったんじゃないでしょうか。選挙速報を見ているにしても、自分がそれに参加したという意識だけで少し楽しく見られると思います。政治に関心がない人がそのようにしてはじめて投票に行くのは良いことかも知れませんが、そういうのは俗に野次馬根性というのです。私はそれほど意識は低く無いつもりです。中には「投票をしていない奴は文句を言う資格がない」などと暴論をいいだす輩までいます。脳が腐っているのなら、そっと臭いは自分の内に止めておけばいいのにと思います。投票は義務ではなく、権利です。何でも持ってるものを使いたがるのは貧乏人根性というのです。

うーん、どんなに判断が難しくても、政策に対する国民投票なら私はどちらかに1票入れるでしょう。それが義務だと思います。しかし、今回の選挙は私の貴重な一票を使うようなプロセスには、残念ながらなっていなかったと言わざるを得ません。ただ、自社さで社会党が政権を担って変わっていったように、今の体制ではどの政党も政権に関わる機会が平等に出たと言えると思います。

「オレラ、投票に依って変わるってとこまでは細川政権の時にもうやったよな。次なんだよな、問題は」。この国にも政策の対立軸はたくさんあるはずです。「官僚が悪いからこの国はダメだ」なんて、そんなことじゃないんです。それは単にプロセスの問題で、プロセス改善を選挙で選ぶワケじゃない。聞きたいのはこの国をどうしたいのかということ。「友愛」?バカか?小学生か?

そうじゃないでしょう。日本人はいったい何歳まで生きて、生涯どの程度の税を納め、どの程度の福祉を得て生きる者だとモデル化出来てるんですか?今はそのモデルからどれだけ離れているんですか?何ができていなくて、何はOKなんですか?何を取って、何を止めるんですか?我が国の目標は何なんですか?これから50年、この国で生きていく私たちは国の為に何を成すべきなんですか?国は我々に何を求め、何を諦め、そして何を与えてくれるんですか?

日本という国を愛しています。本当です。私はこの国が求めていることを成そうと思います。少子化が問題なら、子供も育てるつもりです。いっぱい働いて、いっぱい税金も納めます。それによってこの素晴らしい国が、いつまでも維持され、諸外国から羨望の目で見られる国で、いつまでもあって欲しいと思います。

でも、この国はどこに向かっているんですか?30年後、必死に貯めたお金で貧しい国に家を買い、そこでぬくぬくと暮らすようなことはしたくないんです。自分はこの国の為によいことをした。そういう達成感を得られる今の30代が何人居るでしょう。そう思えないのに、国の為に何かするなんて出来ますか?私たちが国を誇りに思うのは、国が何かしてくれるからじゃありません。国が、私じゃない誰か違う日本国民に、あるいは、他の国の民に、何かしてあげてるのを見たときです。

次の国政選挙にはきっと私は投票にいくと思います。それは、今回のくだらない選挙も、おそらく何かを変えていくと思うからです。そして、私に出来ることは意味のない1票を投じることではなく、現在の生の感情をぶつけたこの文章をブログに書くことだと、今は信じています。

|

« "文学少女"と恋する挿話集2/野村美月 | Main | 最近買ったCD そのいち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 衆議院選挙に行かなかった:

« "文学少女"と恋する挿話集2/野村美月 | Main | 最近買ったCD そのいち »