« 赤い星/高野史緒 | Main | 最近買ったマンガ、雑誌 »

ニッポンの思想/佐々木敦

佐々木敦さんのことは、「文化系トークラジオ Life」のサブパーソナリティとして一番親しみがあります。番組でも「批評家」として紹介されてますし、映画、音楽、文芸と幅広く批評活動をし、私も「「批評」とは何か?」も読みました。

そんな佐々木さんが、なぜ「思想」なのか。そのことはこの本のプロローグで書いてありますが、つまるところ、そのカギを握るのは東浩紀という存在に通じてます。2009年現在、ゼロ年代に活躍した日本の「思想家」として東浩紀以外に誰がいるのかというと、誰もいないというのが現状です。そういう状態に至る「思想シーン」がどう形成されたのか、それを批評家の観点から見たのがこの本であり、その為にニューアカからの流れを追っていくという形になっています。

私自身は、佐々木さんより10年遅れて生まれていて、宮台真司さんですら同時代感覚ではありませんから、ニューアカと聞いても何も連想出来ません。なので、こういう俯瞰的な視点で流れを説明してもらえると凄くありがたかったです。

で、その流れなんですが、まず70年安保が終わった後に断絶があるということから始まり、そこからいわゆる「ポストモダン」が始まります。そして、その流れは「動物化するポストモダン」まで続いているというのが認識になるわけです。登場人物は、ニューアカの浅田彰と中沢新一。それに引き上げられた蓮見重彦と柄谷行人。そして、90年代の福田和也、大塚英志、宮台真司。そして、ゼロ年代の東浩紀の登場となってます。そして、この流れは思想的な流れではなく(佐々木さんはこの本の中でその思想的なつながりと反復も発見するんですが)、「思想シーン」としての日本現代思想史です。

そして、この流れに通底しているのは、安保が終わり「イデオロギー」という大きな物語を失った日本を「ポストモダン」という輸入概念て紐解いていくことです。こうしてみるとこの30年は、ひたすらポストモダンの流れが加速していったような世界でした。「政治的なイデオロギー」が失われ、戦後の象徴として「天皇」が亡くなり、震災とオウムと不況が「日本的システムへの安心感」を奪い、ネットが「マスメディア」という物語を失効させ、世界同時不況が「自由主義経済」あるいは「資本主義」まで(「シフォン主義」って言葉の持つ軽さと頼りなさの感覚が象徴してますよねぇ)我々から奪おうとしています。その中で、思想の果たす役割は時代時代でありましたが、逆に、どんどん求められているのではないかとも思います。

そんな現状の中、今、現在、東浩紀だけがふんばっているような状況なのです。というか、東浩紀がジャンル化しているとすら言えます。上の流れをふまえた上で、この現状を佐々木さんがどう見ているかはこの本の最後で語られていますが、ともかく、東浩紀さんを「シーンを作り、それを維持している」ことに対して評価していることは確かです。「文化系トークラジオ Life」の5月のテーマは「現代の現代思想」で、東浩紀さんがゲストだったんですが、その放送終了後の番外編で東さんは「俺は『俺の商店街』を守るために頑張っている。思想を求めているお客さんが確実にいるんだから、俺はそこを向いて商売をするってことだよ。思想地図もそう。ゼロアカもそう。だから、俺はPLANETSをやっているから宇野(常寛)くんは評価する。ラジオをやっているからcharlieのことも評価する。口だけの奴は評価できない。そういうことだよ」というような内容のことを熱く語っていましたが、そういうことなんだろうと思います。

そして、驚いたのはあとがきにこう書いてあったことです

次なるステップとして行なわれなければならないのは、「ニッポンの思想」の諸々の課題にかんして「じゃあ、お前はどう考えてるんだよ!?」というツッコミへの返答だろう。なんと自分でも驚いたことに(?)、僕にはそれをやる準備がある。とりあえず『未知への遭遇』という変なタイトルの本が、さほど遠からぬ時期に登場するだろう。そこには『ニッポンの思想』を踏まえた、僕個人の「思想」が書かれている筈である。

なんと。それは「批評家 佐々木敦」の領分をはみ出した仕事になると思いますが、期待して待っています。

|

« 赤い星/高野史緒 | Main | 最近買ったマンガ、雑誌 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ニッポンの思想/佐々木敦:

« 赤い星/高野史緒 | Main | 最近買ったマンガ、雑誌 »