« カラスの親指/道尾秀介 | Main | 天涯の砦/小川一水 »

“文学少女”見習いの、初戀。/野村美月

遠子が卒業した後、文芸部に新入生の女の子が入ってきて・・・という話。

何より驚いたのは、遠子が卒業した後も文芸部が存続したということ。つか、この部は何をする部なんでしょう(笑)。心葉は新人に三題噺を書かせて、その後、どうしたいのか?なんか本人もあんまり考えてないような気がします。

そんなトンチキにうっかり一目惚れして入部してきた天下一品のうっかり娘の菜乃ですが、健全でなかなか可愛らしい子です。どうもね、私には心葉が次々にいい女をダメにしていく物語に見えてます(笑)

番外編なんだからそんなに罪のない日常をやればいいと思うのに、また人殺しの話になっちゃうわけです。そんなに周りが血なまぐさい事件だらけって、君はコナンか金田一かって話なんですが、遠子がいなくなってもそうだということはやはり、

心葉が悪い!

決定!(笑)

結局、いつもの感じでいつもの遠子の役を心葉がやって終わります。まだまだ続けられますね、このシリーズ。でも、ななせの扱いが酷すぎるので、私はこの話はキライです!作者に要求する、ななせを救済せよ!<マジにとらないでね

|

« カラスの親指/道尾秀介 | Main | 天涯の砦/小川一水 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference “文学少女”見習いの、初戀。/野村美月:

« カラスの親指/道尾秀介 | Main | 天涯の砦/小川一水 »