« F1GP#3 中国GP | Main | 最近買った雑誌、マンガ »

新世紀メディア論 新聞・雑誌が死ぬ前に/小林弘人

NBオンラインの「誰でもメディア宣言」という連載の書籍化です。連載はそれほど熱心に読んできたわけではないですが、今、連載の目次と本の目次を並べてみてみると同じテーマで再度書き直したぐらいの差があるように見えます。

私はどちらかというとメディアの進化による変化を社会論的に論じたものが好みなのですが、さすがにこれはNBオンラインという日経のコンテンツが元になっているだけあってかなりビジネス寄りです。サブタイトルが示すように、出版社や編集者がネット時代に生き残るために何をしていくのか、何がビジネスとして成立するのかについて語ってます。

結局、今に至ってもネット上のサービスのマネタイズについての新しい動きは見えてこないままで、それにも関わらず、いや、それだからこそネットのその状態が逆に既存メディアのビジネススキームを壊していて、テレビ、雑誌、新聞、ラジオ、そしてネットもひっくるめてメディアが今の時代に成立しうる新しいビジネスモデルを探して模索しているというのが今の状態です。

著者の主張は、編集や出版というものをもっと大きく捕らえ直して、情報をエディットしてコンテンツに仕上げることだと捉えるということです。未だに出版を「紙に印刷して、流通に載せること」だと思っている人が多すぎると。まあ、私のような門外漢から見ると「そんな人、まだ居るんですか?」てなものですが、実際はそんなものなのかもしれません。

というわけで、それほど新しい知見が得られたと言うほどのことはないのですが、とりあえず「紙はもうだめだが、こうしたらいいんじゃない?ってのもまだない」って現状はよく理解できました。さて、誰が新しいものを見つけるんでしょう。楽しみな時代になってきました。

|

« F1GP#3 中国GP | Main | 最近買った雑誌、マンガ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新世紀メディア論 新聞・雑誌が死ぬ前に/小林弘人:

« F1GP#3 中国GP | Main | 最近買った雑誌、マンガ »