« 新世紀メディア論 新聞・雑誌が死ぬ前に/小林弘人 | Main | アジャイルな見積りと計画づくり/Mike Cohn »

最近買った雑誌、マンガ

なんというか、自分を切り取って提示するってことの怖さと、それをうまくエンターテイメントレベルにしている凄さがあります。って、とりあえず面白いマンガなので小難しいことはいいか。あとがきを読むと、かなり構造的に計算してエピソードを頭で作って組み立てているようですが、それでも面白いのはそこに頭で考えただけではないものが入って来ちゃってるからなんでしょうね。

今回も帯が面白いですね。2巻が「あなたはネ申を信じますか。」で3巻が「なんだー、ただの神か」。今回は「主人公が神すぎる件」。いいネタだ(笑)

「文学少女」シリーズのコミック版。おおよそ原作通り。上手く料理していると思います。何と言っても、ポイントは 絵付きのななせちゃん ですから、もっと先まで続いてくれないと困ります。ななせちゃんがガンガンに可愛くなってくるのはまだまだ先ですから

今や読んでも良さそうなコンピューター雑誌はSOFTWARE DESIGNとWEB+DB PRESSだけになってしまいました。というか、どっちも技術評論社ですな。後はいくつかの雑誌と合併して復活するという噂のUNIX magazineですが・・・これも技評か。

タミヤの1/48 零戦52型を造る工程を細かく追った特集が秀逸。長年、模型誌を読んでいるような人なら別にもの凄いことが書いてあるわけではないのですが、おそらく同じキットを手にとって組ながら読んだときに「こういう時には、こうすることを選ぶんだ」というような体験ができるハズです。私は中学生の頃に確かHJ誌の1/144 ガンダムNT-1で同様の特集の通りに組んでみて、2ランクぐらい模型製作の知識が深まった覚えがあります。

あと、ナニゲに巻頭の静岡ホビーショーのニュースで、フジミの次の1/20 F1キットがマクラーレンMP4/6だとの報が!タミヤでは1/12のキットになってしまったので1/20がでなかったのです。欲しい!コレは欲しい。願わくば、同じく1/12になったウィリアムズFW-14Bを!!いや、FW-14でもいい。FW-15Cもいいなあ。FW-15CがあったらMP4/8と並べて93年オーストラリアGPのガレージを再現できるわけですよ。くぅ~。もちろん、最後のセナの乗機であるFW-16もいい。悲しみのサンマリノGP仕様でもいいし、ヒルの日本GP仕様でもいいよね・・・

ああ、脱線して暴走してしまいました。やっぱりMP4/6だとマルボロのロゴがマクラーレンのロゴになったドイツGP仕様ですかねえ。重戦車と呼ばれた最後のV12のチャンピオンマシン。欲しい~。もちろん、2台買ってセナ、ベルガーですよ。夢は鈴鹿のベルガー優勝シーンのダイオラマですよ!

あと、やっとこ駄っ作機の最新刊が出るそうです。表紙はスカイクロラの散香のような先尾翼型のカーティスXP-55アセンダー。コイツの胴体の上のエアインテークとその後ろの長い尾翼が、トヨタ F109のエアインテークに似てる(笑)

|

« 新世紀メディア論 新聞・雑誌が死ぬ前に/小林弘人 | Main | アジャイルな見積りと計画づくり/Mike Cohn »

散財」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 最近買った雑誌、マンガ:

« 新世紀メディア論 新聞・雑誌が死ぬ前に/小林弘人 | Main | アジャイルな見積りと計画づくり/Mike Cohn »