« 第二期がくるの? | Main | PSPだけでいい »

TAP/グレッグ・イーガン

イーガンの新刊が出ました。日本オリジナルの短編集で、河出書房の奇想コレクションのひとつです。イーガンが読みたくて初めてこの奇想コレクションを知りましたが、奇想コレクションはSFのシリーズというわけではないということで、ホラーっぽい作品が多くいつものめくるめくSFの極みのようなイーガンとは少し趣が違います。

しかし、「ユージーン」や表題作の「TAP」はさすが。「TAP」は探偵モノっぽいストーリーの進め方といい、脳との直接インターフェースをとる言語に変わるプロトコルという発想といい、子供との会話で示されるネットワーク社会への洞察といい、まぎれもなくイーガン。それなりの長さがあったしね。

でも、私はやっぱりイーガンは長編が好きだなあ。新しい長編が読みたいです。

|

« 第二期がくるの? | Main | PSPだけでいい »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference TAP/グレッグ・イーガン:

« 第二期がくるの? | Main | PSPだけでいい »