« Web2.0、クラウドに続くキーワードは、マネタイズ | Main | 最近買ったマンガ »

となり町戦争/三崎亜記

「鼓笛隊の襲来」の感想で「この作風でどこまでスケールの大きな作品が書けるのかは疑問に感じます。その疑問は「となり町戦争」を読めば明らかになるのかな?」と書きましたが、ばっちり。なるほど、「鼓笛隊の襲来」で物足りなく感じたものがきちんとありました。

ネタの大きさ的には「鼓笛隊の襲来」の一篇一篇と変わらないのですが、ひとつをきっちりと膨らませて、しっとりと書いています。おそらく作者が書きたいものは「戦争」なんかじゃ全然なくて、手にとってみることはできないけど今の世の中にしっかとあるなんらかの「理不尽さ」です。それを「戦争」と読み替えることでファンタジーの手法を使ってその「理不尽さ」にきっちりとした輪郭を付けるということだと思うので、「戦争」というテーマにはそれほど突っ込んでいく必要はないんだと思います。にもかかわらず、長編にすることであえて「戦争」という軽々しくは扱えないものをファンタジーとして使ってしまったオトシマエのようなものをキチンとつけているところに誠意を感じます。そして、最後はちゃんと元のテーマに即して、理不尽に失われていくものを書く。このあたりはちょっとだけ村上春樹を思わせました。

いや、この小説はすごいですね。これは直木賞を取っても不思議はな・・・くはないかな、やっぱ(笑)

|

« Web2.0、クラウドに続くキーワードは、マネタイズ | Main | 最近買ったマンガ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference となり町戦争/三崎亜記:

« Web2.0、クラウドに続くキーワードは、マネタイズ | Main | 最近買ったマンガ »