« F1GP#15 シンガポールGP | Main | F1GP#16 日本GP »

輝くもの天より墜ち/ジェイムズ・ディプトリー・ジュニア

今年の日本星雲賞海外長編部門がコレ。あの「たったひとつの冴えたやりかた」のティプトリーです・・・つっても、「たったひとつ~」読んでなかったり。

星が滅ぶときの光景を見に、辺境の惑星へ降り立つ12人。夜空の大スペクタクルを待ちわびる一同が泊まるホステルで起きる惨劇・・・と書くとまるでミステリーですが、実際に形式的には孤島ミステリーそのものです。

ただし、その形式を借りながら、登場人物の過去、復習と惨劇、辺境の地に潜む秘密と陰謀がSFの力を得て凄まじい物語を構成します。いや、なんというか、これは確かにすごい。極上の怪奇ミステリーと濃厚なSFの取り合わせがこんなに面白いとは!

それにしても、1985年の作品らしいんですが、何でこれが今頃に邦訳されたんでしょう?

|

« F1GP#15 シンガポールGP | Main | F1GP#16 日本GP »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 輝くもの天より墜ち/ジェイムズ・ディプトリー・ジュニア:

« F1GP#15 シンガポールGP | Main | F1GP#16 日本GP »