« DVDの整理 | Main | Googleを支える技術/西田 圭介 »

ベネディクト・アンダーソン グローバリゼーションを語る/梅森 直之

これも文化系トークラジオLifeの「文化系大忘年会」で仲俣暁生さんの2007年のベストとして紹介されていた本です。

nacにコレを読んでると言ったら、「ベネディクトアンダーソンなら『想像の共同体』ですかね。
読んでないけど。」と言われました。えっ?有名な人なの?(笑)

というわけで、読みました。講演なので平易な日本語です・・・が、ダメだ。この話を理解するには教養が愕然と違いすぎる(笑)

ナショナリズムの起源を19世紀初めの出版に求め、グローバルなナショナリストのつながりからグローバリズムを紐解くという視点は面白いです。面白いですが、その視点からどういう知見が生まれてくるのかとか、現代的な意義とか、そういうのがよくわかんない・・・。うーん、「想像の共同体」を読まないとダメか?


|

« DVDの整理 | Main | Googleを支える技術/西田 圭介 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ベネディクト・アンダーソン グローバリゼーションを語る/梅森 直之:

« DVDの整理 | Main | Googleを支える技術/西田 圭介 »