« 行ってみたい展示 | Main | F1GP#4 スペインGP »

マクロスF #4 ミス・マクロス

4話も面白かった!

いやあ、これほど自分の波長にあうアニメは久しぶりです。まあ、パイロット版的な位置づけの第1話の出来がいいのは有り得る話として、4話までこの調子なのはスタッフに「マクロスFとは何か」というコンセプトが徹底されているからだと思います。初代のマクロスを丁寧になぞっているだけでなく、オープニングに坂本真綾+菅野よう子を起用していることからもすべてのマクロスシリーズに対する敬意のようなものも感じますし、それだけではなく今風の演出もくすぐりとしてうまく利かせています。

ランカの「にゃんにゃん♪」もクラン・クランのようなロリキャラも、物語のアクセントとして面白いし、素直に可愛いと思っちゃいますよね。婦女子の皆様にはメガネ優等生ミハエルとショタ担当のルカのお二人は大好物の事でしょう。でも、あくまで「マクF」のウリがそこじゃないから嫌味にならないし、キャラ配置と設定が巧いからわざとらしく見えない。結局ね、センスなんですよ。で、肝心なのはちゃんとヒロイン二人が魅力的な女性であること。初代とはココが違う(笑)

そして、「マクF」のウリは、やっぱりバルキリーのアクション。今回の模擬戦も超絶映像でした。合体と変形は男の夢!・・・とはいいつつもマクロスを作るようなエリートオタクは変形のための変形はしません。ホントのところは大嘘でも、バルキリーはそれらしく必要な時にガウォークとバトロイドに代わりながら、基本的にはファイターで高速戦闘をする。スローで変形ギミックを見せて変形後に見栄をきるような興ざめな演出はもちろんやりません。やりませんけど、ランカの歌に併せて航跡でハートマークは描いちゃうし、敵機を撃墜すれば歌舞伎の家系らしくきっちりと見栄を切る(笑)。なんとバカでカッコいいんでしょう。

VFー25もカッコイイよね。SMSって肩にロゴが入っていたり、頭部とパイロットのヘルメットが同モチーフのデザインになっていたり、お馴染みの兵装がきちんと運用されていたり、スーパーパック付きできちんと変形したり、ちゃんとバトロイド形態でコックピットが前に向き出しにならないようになっていたり。なにより、細部のディテールはかなり今風の処理になっていてパーツ、パーツを取れば全然VF-1とは違うのにどうみてもバルキリーにしか見えないところがいいです。今回の駐機しているときの足の裏のディティール描写も格好良かったなあ。

そして、曲。「SMSの唄」もばかばかしいけどちゃんと聞いてみたい。OPもいい曲ですねえ。「トライアングラー」って、これ以上にマクロスを言い表したタイトルがあったでしょうか。バリバリの戦闘シーンとバトロイドへの変形シーンをバックにサビは「君は誰とキスをする?私、それともあの娘?」ですからね(笑)。ええ、それがテーマですな。そして、今回、ランカが戦闘のバックで歌うのが「私の彼はパイロット」なんだから、もぅ!

DVDも欲しいですけど、今はとにかくCDが欲しい。OP/EDも挿入歌もBGMも全部出して!すぐ出して!さすが天才・菅野よう子。久しぶりにまとめて買っちゃうよぉ!

「もってっけ~」と、4話のエンディングのカップリング
オープニング。しかし、覚えにくい曲だね、これ・・・

そしてサントラ

|

« 行ってみたい展示 | Main | F1GP#4 スペインGP »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マクロスF #4 ミス・マクロス:

« 行ってみたい展示 | Main | F1GP#4 スペインGP »