« ダスクグローブ購入 | Main | ∀ガンダム DVD-BOX »

人類は衰退しました/田中ロミオ

ガガガ文庫第一弾の中では、一番の売れ筋(らしい)です。

んと、ガガガ文庫ってのは、ラノベブームに取り残された小学館が満を持して(再)参入するライトノベルのレーベル・・・ってことでいいんですかね?なにげに出版関係者の注目は高いようですが、どうしても「いまさら」感がブン回っているし、気合いが入っていてプロモーションイベントなんかやっちゃってるだけに、お金を出す人とラノベファンとの温度差がくっきりしちゃったりしたみたいだったりで、まあ、なんともはや、ビミョウ。

でも、食ってみなけりゃ感想も言えないわけで、祭りに乗っかるつもりでどれか一つ読んでみましょうか・・・とラインナップを見て、タイトルだけで選んだのがコレ。いや、真っ当なセンスだとこれしかないよね。このタイトルは良いセンスだと思います。ドック(仮名)にガガガ文庫のサイトを見せて、「何の予備知識もなくタイトルだけで選んだんだけど、どれだと思う?」と聞いてみたら、まんまと当てられましたしね。

あとがきに依れば、作者の田中ロミオさんは「本業はウィンドウズ用アプリケーションソフトに使用されるテキストデータの作成」だそうで、要するにエロゲのシナリオライターさんということですね。調べてみるとそれなりにファンが多い方の様です。ほほー。だめだ、私はやっぱり手薄だ(笑)

わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。すでに地球は”妖精さん”のものだったりします。平均身長10センチで3頭身、高い知能を持ち、お 菓子が大好きな妖精さんたち。わたしは、そんな妖精さんと人との間を取り持つ重要な職、国際公務員の“調停官”となり、故郷のクスノキの里に帰ってきまし た。祖父の年齢でも現役でできる仕事なのだから、さぞや楽なことだろうとこの職を選んだわたし。さっそく妖精さんたちのもとへ挨拶に出向いたのです が……。
田中ロミオが長年の経験と風聞を駆使して挑む、全方位対象の新境地。 ご意見ご感想、お待ちしています!

この「妖精さん」が、忘れっぽくて刹那的でぼんやりほえほえな生き物で、主人公と妖精さん達のぽわぽわした会話が楽しいです。この主人公もなかなかに毒舌ぶりが可愛らしいのですが、それ以上に妖精さんが面白いですね。

・・・で、それだけなんだな、これが(笑)

とはいうものの、調停官なんてものが作られたきっかけになるような事件は忘れ去られた遠い過去の時点であったはずですし、この妖精さんたちは生きるために食事を必要としないことから、現在は人類との間でリソースを奪い合うことがなく、ただ面白いことをするためとお菓子を食べるためだけに生存しているので共存していますが、そこには何らかのカラクリがありそうですし、妖精さんが活発に活動することによる影響やなんやかやも最後には少し臭わされてます。進めようによっては、一気にハードなSFへ突入することが出来そうな興味深い設定なので、これは今回、全部使い切らなかったんだということなんでしょう。

このぽわぽわ路線も捨てがたいのでそのあたりのバランスも取りつつ、次巻ではより事件が深まるような展開を期待したいです。・・・て、続くんですかね?続くよね、きっと。

|

« ダスクグローブ購入 | Main | ∀ガンダム DVD-BOX »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人類は衰退しました/田中ロミオ:

« ダスクグローブ購入 | Main | ∀ガンダム DVD-BOX »