« コーラスパイ | Main | 今年もあーれめんしぇん »

クライマーズ・ハイ/横山秀夫

以前、「半落ち」を読んだときに、新聞記者の章が特に素晴らしいなと感じたんですが、その章だけで1冊の長編小説にしてしまったような本。面白くないハズがないです。今年になって読んだ本の中でもピカイチですね。

日航機墜落事故の発生により大騒ぎになる群馬の地方新聞社の人間模様が書かれるのですが、解説によれば、その当時、作者は本当に群馬で新聞記者をしていたんだそうです。つまり、この本は作者の「伝家の宝刀」なわけで、これだけの筆力の作家の「伝家の宝刀」ともなれば、ここまでの威力かと、驚かされてしまいます。

世の中には「伝家の宝刀」じゃないと水準に達しないので、ずーっと同じモノを書き続ける人もいますからねえ。

思えば、あのジャンボ機が落ちた日は、私が親父の転勤で住み慣れた倉敷から水戸へと引っ越した日でした。夜、まだダンボールだらけの居間で、店屋物を家族で囲みながら、なんとか荷物の中からひっぱりだしたテレビに、「ジャンボ機消息不明」のニュース速報が踊ったことをはっきりと覚えています。次の日から荷ほどきを手伝いながら、部屋の隅でずーっとテレビがジャンボ墜落のニュースをがなり立てていた、暑い夏でした。

そうやって見つめていたメディアの裏側の話なんですが、やっぱりメインは男の野心、連帯、嫉妬、裏切り・・・で、サラリーマンものって感じです。冷え切った家族や、変質した上司とのつながり、微妙な同期との関係などを抱えながらそれでも男は生きていくのだという、非常に男臭い話。しかし、なんというか、ウチの会社が外資だからなのか、名古屋というローカルにいるからなのか、そもそも私が根が薄情に出来ているからなのか、サラリーマンをもう5年以上やっているのに、そういうドロドロとした話の上澄みすら接したことがないですな。そういうのを、体が無意識に避けてしまうタイプなので、それはそれでいいんですけど、この話のまるごとをまるでスパイものを読むかのように受け取ってしまう私にも、なんか問題を感じたりする今日この頃でした。あふぅ

|

« コーラスパイ | Main | 今年もあーれめんしぇん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

うちの会社は、やっぱりそういったドロドロは少ないですねえ。
まあ、足の引っ張り合いや責任の押し付け合いならたくさんありますけどね。(^^;

この本面白そうですね。
いつも面白そうな本の紹介ありがとうございます!

Posted by: Marco | July 14, 2006 09:51 AM

横山秀夫は私も好きです。あの緊迫感もドロドロも、男の世界~って感じで(笑)
短編もいいですよ~。「動機」とか「陰の季節」とか「第三の時候」とか。
小粒でもぴりりと引き締まる山椒のようです♪

Posted by: yuka | July 16, 2006 10:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クライマーズ・ハイ/横山秀夫:

« コーラスパイ | Main | 今年もあーれめんしぇん »