« 日本政府謹製OS誕生の日 | Main | 今日のひとこと(5/12) »

Martin Fowler、Rubyをべた褒め

かのMartin FowlerがRubyをべた褒めしてます(「Rubyの評価」)。幾分、RubyとRailsの評価が混然としているけど、実際、RubyはRailsのための言語のように見えているのかも知れません。

まつもとさんのバイブルが出て、それを感心して読みながら覚えていた大学院生時代(5,6年前ぐらい?)とは、変わったもんだと思います。Ruby自体はその間、驚くほど変わってないけど。まあ、Railsの出現というのは事件だったかな。

何より、RubyやRailsがいいなあと思うのは、革新的な考え方や超絶的な技術が評価されてるんじゃなくて、スタイルやカルチャーが評価されてるってこと。自分の仕事の能率を変える秘訣も、そういうとこにあるんだろうなとか、思ったり、思わなかったり

|

« 日本政府謹製OS誕生の日 | Main | 今日のひとこと(5/12) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Martin Fowler、Rubyをべた褒め:

« 日本政府謹製OS誕生の日 | Main | 今日のひとこと(5/12) »