« 怒濤の2部 | Main | I Bet You Look Good on the Dancefloor/arctic monkeys »

半落ち/横山秀夫

今回の第九は久しぶりに大阪へ電車で帰ったので、一冊積ん読を減らせました。

この作品は映画にもなって、気になって文庫化されたときに買ってはいたんですが、「アルツハイマーになった妻を殺して・・・」という設定にイマイチ面白味を感じなくて、ほったらかしてました。

ところが、一応、謎解きはあるものの主に書かれているのはその周辺の話で、なんというか、サラリーマンものとでもいいますか(笑)、そういうどろどろとした人間関係だったりします。で、その物語がとても魅力的で、ぐんぐんと引っ張られました。いやあ、面白い。

主人公は6人次々に重なり合いながら、変わっていくんですが、なんと言っても新聞記者の章が秀逸です。この辺りは貪るように読みました。

で、最後、謎解きがあるんですが、この部分はちょっと強引というか、バランスを崩しちゃってる感がありますなあ。もっとヒントを多めに出して、最後の章はなくてもよかったんじゃないかと思います。ま、大衆の皆様は気難しくていらっしゃるから、そういうのはダメなんだと思いますけど(笑)

あと、コレを読んで「途中で謎解き部分がわかっちゃったから、つまんない」っていう人は、ま、なんか大きく欠けているものがあるような気がするので、えーっと、美味しいものでも食べに行って、おおらかな気持ちを取り戻した方がいいと思います

|

« 怒濤の2部 | Main | I Bet You Look Good on the Dancefloor/arctic monkeys »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 半落ち/横山秀夫:

« 怒濤の2部 | Main | I Bet You Look Good on the Dancefloor/arctic monkeys »