« 護りの剣(1)~(3)/はせがわみやび | Main | FF XIのテーマパークがあったら »

High and dry(はつ恋)/よしもとばなな

イラストが好みではないんだが、印象が変わったなあと思って興味を惹かれ、購入。

読了しての感想。なんと作風が変わったこと。「キッチン」を大昔読んだことがあると思う(内容はまるで覚えていない)が、こんなんじゃなかったとは思う(笑)

14歳の主人公が、20代後半の男に恋をして、すこし大人になるという話。とてもとてもいい話だと思う。もしかしたら、14歳の読者にとっては宝物のような小説になるかもしれない。間違いなくいい小説。

とはいえ、20代後半(末期?)の私にとって感情移入する先は、主人公が恋するキュウくんになる。まず、基本的な事項についての私の意見

そのいち。今、私が14歳の女の子を恋愛の対象と出来るか?

私は可能。もちろんすべての14歳じゃないけど、私が恋愛の対象とみることが出来るほど「ちゃんとした」14歳の女の子がいることは確か。それに、男はその気になれば、精神年齢を14歳ぐらいに持っていくことはそんなに難しい事じゃない(笑)。ただ、抱けるかというと、ちょっと想像できないというのは、ある。ま、それも相手の資質に依るかもしれない。

そのに。今、私が魅力的な14歳の女の子がいたとして、恋愛の対象とするか?

それは、しない(笑)。このキュウくんは、ただでさえ自分は流されるとダメ人間になると自覚症状があるのにも関わらず、そこへ行ってどうするんだと。この主人公の女の子は、たぶんいい女になるだろうけど、コイツは・・・

というわけで、まあ、なんというか苦笑いをしながら読んだ。でも、読了感はほわほわとしていい気持ちでした。

|

« 護りの剣(1)~(3)/はせがわみやび | Main | FF XIのテーマパークがあったら »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference High and dry(はつ恋)/よしもとばなな:

« 護りの剣(1)~(3)/はせがわみやび | Main | FF XIのテーマパークがあったら »