お高いairweaveのマットレスを買った上で、お安いアイリスオーヤマのマットをオススメする

GWですが、特になーんもすることもなかったんで、戯れに布団を買い換えることにしました。airweaveのお高いマットを買ってみました。

お高いですねー。7万円ぐらいします。

こいつをフローリングの床に直接引いて寝ています。初日はちょっと慣れなくて起きたら体がちょっと強ばってましたが、もう慣れました。快適です。ご覧の通り結構分厚い(10cm弱ぐらいある)ので敷き布団カバーはムリなんで、四隅にゴムバンドがあるようなベッドパッドを引いて寝てます。三つ折りですが、折り目部分の存在は寝ている限りわかりません。むしろ畳みやすくて良いですね。

こいつは、エアファイバーというプラスチックで出来た茹でる前の春雨みたいものが絡み合ってるマットの上で寝るものです。通気性が良くてクッション感も適度で素晴らしい。で、これまではおんなじ様な素材で出来たアイリスオーヤマのエアリーって奴を使ってました。

こっちの方が大分お安い。半額ぐらいです。有名なのはairweaveの方だと思うんですが、似たタイプ。腰痛軽減になるかなーと思って購入を検討したんですが、いきなり7万円の布団はどうかと思ったんでこっちの安い方を試してみたんです。Amazonの購入履歴を見ると2016年7月に買ってるんで、およそ6年前ですな。これで朝起きて感じる腰の違和感が大分減りました。

それから毎日使っていて、流石に真ん中と端では厚みの差が出来てます。ただ、それが使い心地を左右しているかというと、さにあらず。特に不満はないまんまです。こっちも断然普通の綿の敷き布団よりは快適でした。Milueの分も買い足したぐらい。

とはいえ、ですよ。もう6年も使って元は十分に取ったわけだし、同じタイプで倍の値段するairweaveを試してみたい欲望は当然あるじゃないですか。

そんなわけで、実際に倍の値段するairweaveを試してみた感想ですが、決してairweaveがアイリスオーヤマに劣ることはないですし、より分厚くて、でも沈み込みは少なくてより長持ちしそうという意味でより良さそうな感じはあります。が、すごい差ってワケじゃないんで、このタイプのお布団を使ったことがない方は、とりあえずアイリスオーヤマの奴を買って試してみるといいんじゃないかと思います。腰、楽になるかもしれないっすよ。

会社でアレルゲンを検査してくれた

20220501-175959

今年から、会社の健康診断のメニューにアレルゲンのチェックが入りました。個人負担9,800円と結構お高めなんですが、毎年やるものでもないので、一度やってみることにしました。自覚症状としてはハウスダストとネコはあるんですが、他にもあるのかなー?

というわけで、結果なんですが、自覚している通りのハウスダスト(といっても、旅館で布団を引いた直後の部屋に入るとくしゃみが出る程度なんですけどね)と、うっすらとしたスギ花粉アレルギーがでました。おお、私、花粉症あるんだ。これ以上、酷くならないといいなあ。ネコはありませんでした。まあ、アレもネコと数年暮らした上での発症だったので、しばらくアレルゲンに接してないと収まってしまうのかもしれません。

食べ物系に何にも制限がないというのは、なにげに幸せなことですよねー。感謝、感謝

仕事用ディスプレイを買い換えた

仕事用のディスプレイを買い換えました。

これまではNTT-X Storeで安売りしてたので衝動買いしたドウシシャのOD4K-49B1という49インチのディスプレイを使ってました。とりたてていいところも特になかったんですが、別に大きな不満もなかったし、やりたいことは基本的には2面横に並べてのデュアルディスプレイを1枚のディスプレイでやっているということだけなんで、満足して使ってました。

微妙な使い勝手の悪さはありました。PBPにすると上下に黒い帯が入っての2面しか使えないし、ハーフグレアはかなり映り込みが気になるし、時々バックライトがチカチカするし(電源を入れ直すと直る)、リモコンの反応が微妙だし。でも、54,980円で買ったんで、文句は言えねぇ。

ところが、このディスプレイのバックライトが半分死にました。買ってちょうど4年。「すぐ壊れた」とは言いがたいが、それでもちょっと壊れるのは早いかなあ・・・。流石に直してまで使おうという気にはならないです。

というわけで、久しぶりにMacbook Pro 13インチのディスプレイで仕事しつつ、新しいモニターを探します。49インチは高さ方向がちょっと大きすぎてメニューバーを見るのが遠いので、もう少し小さくても良い感じ。ただ、1/4サイズをFHDモニターとして使えるかという観点で考えると40インチはちょっと小さすぎるかも・・・ということで40インチ以上の条件で探します。

選んだのはLG。これだけノングレアだったんです。流石に40インチオーバーのディスプレイは動画やゲームの用途が期待されているのでノングレアはあんまり採用されないんですが、これはその点が差別化されていていいですね。売れるのかどうか知りませんけど。IPSだしHDRもあるし・・・で前のディスプレイよりだいぶ高級だし、値段もぐっとアップ。大きさは横で10cmダウン。でも、使ってみるとそれほど小さくなった印象も無いし、スタンドが少し高さがある関係でメニューバーは相変わらず遠いし、利用感に差はあまりありません。ノングレアはとてもよいし、リモコンの反応は良いし、PBPの自由度は高いし(ただ、4面に割り当てるのは面倒なので滅多にやらないと思いました)、良いですね。

1つ不満をいうならば、標準のスタンドを付けてリアパネルを取り付けると、裏にVESAマウント用の穴がないんです。こういう、テレビの上に付ける棚を前は取り付けてたんで、それが付けられなくなったのは残念。でもまあ、些細な点ですね。

さて、今1番の問題は、古いディスプレイをどうやって捨てるか。PCモニターはPCリサイクルの範疇なので、自治体の回収がありません。しかし、PC3Rの回収は「ゆうパックで送れ」とかなのでムリ。テレビじゃないので、家電リサイクル法の枠でもありません。困った・・・とりあえず、近所の廃品回収業者とかを探してみようと思っています。

スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム

公開と同時に良い評判と、ネタバレ情報が入ってきてしまってたので、慌てて1/14に観てました。感想書いてなかったんで、書いとかないとね。

でも、これもネタバレなしには何も書けないんですよね。まあ、もう公開から1ヶ月ぐらい経ってるし、気にするような人はもう観てて、観てない人は今更文句を言ってもしょうがないでしょう。というわけで、以下、ネタバレアリで書きます。

 

 

 

いいよね?

 

 

さて、この映画がなんなのかというのを理解するには、結構メタ知識が必要になります。ある意味、めっちゃマニアックな映画。うーん、まあ、知っているつもりのことを書くけど、私も別に詳しいわけじゃないんで詳細は各自調べてください。

まずは、スパイダーマンのマルチバースに関する知識ね。2019年に「スパイダーバース」ってアニメ映画がありましたが、それを観たときに学びました。アメコミって結構カオスなんで、いろんな人がいろんなスパイダーマンを書いていたりしますよと。で、成り行きでそうなってるんだけども、それをまとめるためにそれらの世界はすべてパラレルワールドですよとしました。他の作品でも、スピンオフ作品とかを作る時にはよくやりますね。そこまではいいんだけど、じゃあそのいろんなスパイダーマンが一堂に会するとすごくない?っていう危ないことを考える人がいるわけです。で、「スパイダーバース」はそんな作品で、今回の「ノー・ウェイ・ホーム」もそれ。

ただし、じゃあなんで「ノー・ウェイ・ホーム」がマルチバースにならないといけないかなんですが、ここに映画のスパイダーマンのややこしい歴史が関わってくると。まず、マーベルさんは、貧乏だった時代にソニーにスパイダーマンの権利を売ってしまってます。で、ソニーではサム・ライミの「スパイダーマン」と、リブートした「アメイジングスパイダーマン」の2つのシリーズが作られてます。ところが、「アメイジング」が興行的にイマイチだったところにMCUが絶好調のマーベルから、「アベンジャーズにスパイダーマン、貸して?」と言われOKします。ただし、その新しいスパイダーマンで単独作品出すときは、ソニーで配給はするからねという約束です。というわけで、「シビルウォー」にトム・ホランド演じる映画3代目スパイダーマンが登場したと。

そんな感じで、MCUにも出るし、「ホームカミング」という映画も作られて愛された3代目ですが、そもそもがアベンジャーズのメンバーとして準備されたんで、あえてシリーズでスパイダーマンにその死をもってヒーローの覚悟を与えるベンおじさんを設定せず、アイアンマン=トニー・スタークがその役をするという大胆な設定になりました。というわけで、MCUの大きな区切りになった「エンドゲーム」でトニー・スタークは死に、「ファー・フロム・ホーム」では「スーパーヒーローであるアイアンマンの後継者として苦悩する若きヒーローであるスパイダーマン」という姿が作られました。これは、「黒人でありながら、星条旗を背負うキャプテンアメリカの後を継ぐことを求められ苦悩するファルコン」と対になる設定で、なかなか唸らされます。

ところが、ここでソニーからマーベルにストップがかけられて、続きが作れない状況になります。ここからは私の想像になりますけど、「スパイダーマンをアベンジャーズに貸してくれと言われたからOKしたけど、アベンジャーズのリーダーにするとなるとちょっと話は別だぜ」ということになったんじゃないかなと。それはちょっと思ってたんと違うんやけどと。それは「貸して」で済む話かって事になったんじゃないか。スパイダーマンってのは「親愛なる隣人」であって、ご近所ヒーローで、アイアンマンの後を継いじゃいかんだろうと。で、揉めました。

というわけで、当初の構想は修正だ。「ファー・フロム・ホーム」で「私がアイアンマンだ」状態になったのをなんとか巻き戻さなきゃいけない。そのために偉い人達と脚本家達が頭を絞って考えたのが、「そうだ、ドクターストレンジに魔法でなんとかしてもらおう」だと(笑)。この経緯からソニーとMCUの協働案件になっているんで、「ドクターストレンジが状況を戻そうとするんだけど失敗して、ソニーとMCUごちゃまぜ状態の世界崩壊お祭り映画になり、なんとかして元に戻す」という構想が生まれた・・・というのが、私が妄想する、この映画がこういう映画になっている理由です。

その難しい案件を考えると、まあ、この映画の出来は素晴らしい。間違いなく面白いし、その状況を逆手にとってよくこんなに魅力的なシナリオを作ったなと感心せざるを得ません。そして、この新しいMCU版スパイダーマンのシリーズの魅力もしっかりと出ています。ずっとスパイダーマンのシリーズを見てきた人にとって、あるいはMCUと付き合ってきた人にとって、こんな心にしみる映画はありません。

とはいうものの、MCU版スパイダーマンシリーズしか観ていない人、あるいは、この映画だけを観た人にとってはちょっと問題のある作品であることは否めません。

そもそも、ヒロインを演じているゼンデイアが「ピーターとMJの2人がハッピーにならないこのエンディングは気に入らない」って言ってるとおり、後味は良くないですわ。3部作で考えるなら、2作目でピーターとMJの関係に問題が生じて、最終作で解決しないといけないのに逆になっちゃってる。さらに、今回の状況はスパイダーマンがストレンジに任せとけばいいのに自業自得で引き起こしたようにも見える。まあ、それは「スパイダーマンはヒーローとして未熟」ってのがMCUの中でずっと提示されてるし、高校生なんでしょうがないとも思えるんだけど、今回はその結果がかなり悲惨なので観ていて辛いというのがある。そして、スパイダーマンを元に戻すということは、もう一回ベンおじさんが死ななきゃいけない。その結果、人気キャラクターのメイおばさんが死ぬことになっちゃった。これが、どうしても「必要だからこのキャラここで死にます」ってのがみえちゃうんで観客に理不尽な印象を与えちゃう。

というわけで、私はこれは間違いなく「ある種の達成」だと思うし、そんな状況をメタに取り込んだ作品として1つ上のレイヤへの奥行きを感じさせる素晴らしい作品だと思うんですが、それはまあ、バックグラウンドをある程度知っているからであって、庵野秀明と90年代のエヴァを知っていて「シン・エヴァ」を観るかどうか問題なわけです。この作品だけ、あるいはMCUのスパイダーマンだけを観ると、これは作品として成立しているのか・・・と思わなくも、ない。ただ、前作の「ファー・フロム・ホーム」からして「アベンジャーズ/エンドゲーム」を観ていなくて成立しているのかというとそうは思わないし、「アベンジャーズ/エンドゲーム」を観るためには13本ぐらいその前に観ておかなければいけないんで、それは言ってもしょうがないんじゃないのかなと(笑)。そのぐらいが要求されてるんなら、ついでにソニーのスパイダーマンと「スパイダーバース」も観ておいたらいいんじゃないかと。

でも、そんな作品を手放しで「いい映画」って言っていいのかってのは、思いますよね。うん、難しい。でも、見事な技を見せられたんで、私は満足。そんな感じで!

Windows 10にインストールしていた Adobe Acrobat 9が消えた

ぜんぜん意味がわからないんですけど、Windows10にインストールしてあったAcrobat 9が突如として消えました。デスクトップにおいていたショートカットはアイコンがデフォルトのモノに変わり、ダブルクリックしても「ファイルは見つからないんで、ショートカットを削除する?」って聞かれるばかり。何をされたのかさっぱりわかりません。

えっとですね、もう10年以上Scansnapというスキャナを愛用しているのですが、かつてScansnapにはAdobe Acrobatが同梱されていました。本を自炊して出来るPDFを編集するためです。今ではもう同梱されていなくて、Scansnap Homeという自炊にはまったく向かない専用アプリに置き換えられてしまいました。でも、ずーっと昔から使っていたAcrobat 9をそのまま使い続けていたんですね。このパソコンはもう8年ぐらい使っていて、たしか買ったときはWindows8だったハズ。で、編集可能なAcrobatを使ってPDFを観ているとついうっかりページを消してしまったりしかねないんで、Acrobat Readerも入れていました。

時代はうつり、AcrobatはAdobeのCreative Suiteとかと同じようにサブスクリプションのソフトウェアであるAcrobat DCになりました。もう売りきりのAcrobatは買えません。ReaderのバージョンもAdobe Reader DCになったのかな。Adobe Reader DCは別にサブスクリプションに入らなくても使えるのですが、何かと言えばログインしろ、金を払えというボタンやダイアログが出るゴミソフトに進化しました。で、私の自炊用PCのAcrobat ReaderもAdobe Reader DCに(半ば強制的に)更新されています。で、Acrobat9とAdobe Reader DCを併用してずっと自炊をしてきたわけです。

ところが、先日、突如としてAcrobat9が消えました。Program files(x86)のAcrobat9のフォルダの中身がごっそり消されました。何が起こったのかわかりませんが、こんなことをする動機があるのは、Adobe Reader DCのアップデータぐらいしか考えられません。消せばサブスクリプションのAcrobatを使ってもらえると考えたとは思いたくありませんが、何らかAcrobat9に重大なセキュリティの問題が見つかって、サポートがもうないソフトウェアとはいえ危険なのでAdobe Reader DCのアップデータがAcrobat9がインストールされていたら消そうとするというのはあり得るシナリオではあります。

だとしたらメッチャムカつくわ!

というわけで、どうにかせにゃならん。まず、私が自炊本でやりたいことは、たとえばiPadでコミックを読むときに見開きで紙と同じように開けることです。そのために

  • 右綴じにする
  • 表紙の裏ページを削除する

という手続きをスキャン後にやってます。

これをしない場合は、表示するときに表示側のソフトで

  • 表紙を単独で表示させるオプション
  • 綴じ方向を変更するオプション

を触る必要がありますが、毎回やるのは大変だし、すべてのビュアーでこのオプションが使えるわけでもない。というわけで、ちまちまAcrobatで修正を入れていたわけです。あとは、折り込みのページとか、カバーをめくった表紙部分とかをページとしてどこに配置するかとかも調整がいるんですよね。なので、Acrobat大事。ずっと大事にしていたのに・・・ちくしょう・・・

というわけで、困り果てました。

もちろん、Acrobatを買ってもいいんですが、大量のファイルを処理しているとはいえ、やってることはページの削除とプロパティの変更だけ。Acrobatが誇る機能の99.5%ぐらいは使わない。それで月に1500円ばかし持っていかれるのは何か間違っている気がするし、何より勝手に私のAcrobat9を消しやがった(と確証なしに思っているだけですが)Adobeに唯々諾々と金を払うのは腹が立つ。

というわけで、代替案。ページの削除で良ければ、お安いソフトがあります。

いや、このどちらも私の利用目的に対しては機能がありすぎるぐらいなんですけど。人柱的使命感に燃えて、両方買ってみました。

ソフトウェアの出来というか、こなれ具合としてはJUST PDFの方が好印象です。いきなりPDFの方は、インストーラのファイル名が"インストールする.exe"という段階で不安感がアリアリです。インストーラーもダイアログなしにいきなりマシンを再起動させたり、初回起動時に作業をしているといきなり「バージョンアップしてくれ」と言ってきて、OKボタンを押すとバージョンアップは始まるんだけどアプリはエラーで死ぬという乱暴仕様だったりと、いささか荒っぽい。

ただ、JUST PDFが綴じ方を変更できない上に、綴じ方自体に対応していない(右綴じのPDFを表示しても見開きで若いページが左に来る)という残念ぶり。これが必要なのは日本人だけ(なのかな?)なんだから、ここは国産ソフトにはしっかり対応して欲しいところ。それとも、これって正式なPDFの仕様じゃなかったりするんでしょうか。その点、いきなりPDFはちゃんと変更が可能ですし、見開き表示もその通りに変わります。ただ、残念なのは左側のペインにサムネイルを表示したときに、Acrobatだと右綴じにしたらサムネイルも右から並ぶのに対して、いきなりPDFは左から並ぶままなこと。うーん、惜しい。でも、まあ、受け入れられる。

ちなみに、綴じ方向を変えるだけならPDF Info Makerというフリーソフトがよく使われているみたいです。また、コマンドラインツールを自作されている方もいるので、参考にさせてもらって自動化したいところ。

さて、課金課金して私の自炊用WindowsマシンにはPDF処理ソフトがAdobe Reader DCもあわせて3つも入ったわけですが、Acrobat9が消えた瞬間からPDFファイルのアイコンがいわゆる「縮小表示」にならなくなりました。Scansnapでスキャンしたファイルは時刻がファイル名になるので、どのファイルがどの本なのか縮小表示でわからないのはとても困る。

調べてみると、Windows10からはShell ExtensionのPDFの縮小版表示がデフォルトでは動かなくなったので、Adobe AcrobatやAdobe Readerの環境設定で、Shell Extensionを有効化する設定にチェックをいれると、それ用のソフトウェアが追加でインストールされるということになった模様。まあ、Windows8からアップデートしたので、多分その辺は勝手になっていたんだと思いますが・・・動かなくなったということはたぶんShell ExtensionをやっていたモジュールがAcrobat9のモノだったんでしょう。

Windows Explorer で PDF のサムネールプレビューを有効にする

これをみて設定してみるものの改善せず。これはたぶん、Shell Extensionの設定が正しく切り替わらないんだろうなあ・・・

いろいろググってみたところ、この設定はレジストリの以下のキーだということ

HKEY_CLASSES_ROOT¥.pdf¥ShellEx

自分のマシンを見ると、ここに2つ設定がある。ググってここを頼りにAcrobat Reader DCだけ残るように1つ消して再起動したところ、無事、縮小版が表示されました。適当にやっているわりに成功してよかった。

というわけで、ちょっとしばらくこれでやってみたいと思います。


プロジェクト・ヘイル・メアリー/アンディ・ウィアー

「火星の人」「アルテミス」に続くアンディ・ウィアーの長編3作目。「火星の人」の大ファンなので作者名で即買いなんですが、出版されるのを聞いたのは野尻抱介さんの下のツイートを見たから。野尻先生がコレだけ言うんなら、もう疑いなしでしょう。ウッキウキで発売日を待ちました。ちなみに、てっきり文庫だと思ってたんで、四六判が届いたときには結構ビックリしました。うん、よく見たら文庫っぽくない値段だわ。一気に読みました。

いやー、面白い。で、確かにアイデアがちょっと「太陽の簒奪者」っぽい(笑)。なるほど、編集者が野尻先生からコメントを取りたいと思うのは、納得です。実際、このコメントが帯に書いてありました。

 

で、物語の初っぱなに主人公が記憶喪失になっているんで、基本的に何を書いてもネタバレになるんで何も書けないんですが(笑)、やっぱりこの本の着想の1つはパンデミックにあると思うんです。この本がどのぐらい前から執筆されていたのかわからないんですけど、たぶんCOVID-19のパンデミックの影響は受けている。今年、「ポストコロナのSF」のような短編集で素早く呼応した作品は出ましたし、今後、SF作家の皆さんがこの状況から着想を得た作品を次々に出すと思うんですけど、そのうちの最も早いものの1つと捉えるとちょっと震えます。この発想はやっぱりすごいなー。

というわけで、ネタバレなしで話せるのはここまで。以下はぜひ、本を読んでからお読み下さい。

 

 

 

 

いいかな?

「火星の人」にしろ「アルテミス」にしろ、この人の作風は基本的に現代の科学の想像力の域を出ないことにあると思うんです。火星基地にしろ、月コロニーにしろ実在しないし、今すぐには実現しないものをテーマにしているんだけど、そこにあるテクノロジーは基本的に現代の科学の範囲内だし、社会システムや文化も基本的には今と変わらない世界。にもかかわらず、「こんなことが!」というすごくSF的な事件や状況を描き出す。SFというと読み手にもかなりの「思考のジャンプ」を要求する作品は多いし、むしろ、それがSFを読む醍醐味だったりするわけですが、ウィアーの作品はそうではない。むしろ、読むと現代科学に詳しくなるようなスタイル。ここにSFファンとしては物足りないなと思う人もいるかもしれませんが、逆にあんまりこういうスタイルの本で傑作と呼ばれるものが少なかったように感じているんで、これはこれですごく魅力かなと思います。「三体」の特に3巻目の「死神永生」なんかはSFを読み慣れていないと「概念的に振り落とされる」人もいるでしょうが、ウィアーの作品はそういう意味では読みやすい。科学の知識がないと読めないということは、ないです。もちろん、タネ明かしが「科学的に考えるとこうなる」ってことがあるんで、知識があった方が楽しめるのかなとは思いますけど。

で、今回の作品は、ウィアーの作品にしてはかなりの大嘘が出てきます。ガンダムでいえば、ミノフスキー粒子みたいなものが出てくる。これが、アストロファージ。作中でこれは細菌だとされてますが(顕微鏡で見えないとやっかいだし)、この名前はバクテリオファージを思い起こさせます。やっぱ、ウイルスを思い起こさせますよね。コロナ禍だからって太陽系に感染するウイルスの話を思いつくってのはだいぶどうにかしている(笑)。これが災いの元であり、超科学の元になっている。このアストロファージは、あらゆるエネルギーを質量に変えて保存することの出来るオーパーツ。それがあったとして、それ以外は純粋に現代の科学の範囲内で話が進んでいきます。火星基地、月コロニーときて、今回は恒星間航行なのでだいぶ未来度が上がってます。でも、「火星の人」の「火星パート」「NASAパート」よろしく「宇宙船パート」「地球パート」が並行して進むうち、「地球パート」は完全に今の社会と変わりません。それでも、ずいぶん書くもののスケールが大きくなってきてますよね。ウィアーさんが「次はここまでやってやろう」と企んでる感じがひしひしと伝わってきます。

なーんて、今回もいつものウィアーだと思って読んでいたら、まさかの異星人ですよ。そーゆーのはやらないと思ってたんで、びっくり!それも臭わせるだけとかじゃなくて、がっつり出てきますよ、地球外知的生命体。普通に会話します。めっちゃ仲良くなります。冗談とか言い合います。それも、いつものウィアー流の中で。おどろいたー。

このクモ型異星人のロッキーがねー。愛らしいんだよねー。もう映画化が決まってるらしいんですが、大丈夫かな。これ、実写映画にしたらロッキーはだいぶ怖い見た目だと思うんですけど、ちゃんと愛らしくなるかなあ。心配です。

ラストも、まさかこっちとは・・・。最後の章番号が、エリディアン文字になってるのをみて思わず笑い声をあげてしまいました。たぶん、地球は偉いことになった上、それでも負けない人々が復興させていったんだと信じますけど、それは書かないというね。「三体」でがっつり侵略され醜い姿を見せる人間を書く劉慈欣と、人間のポジティブな面しか書きたくないウィアーの違い。ノンフィクションで書くとキツいことをSFやファンタジーで書くってのも大事なことだと思います。でも、私はウィアーの優しさにちょっとほだされちゃいます。

というわけで、今の段階ではこれを書くこともネタバレなんで声高には言われてませんが、以後、「ファーストコンタクトもの」の傑作として語り継がれること必至な本作。2021年のベストかなー。楽しかった!

 

 


Switchの「フィットボクシング2」をやって、体重と財布が軽くなった話

まず、最初に言っておきますが、そんなに体重は減ってません。そもそも現役最軽量関取より体重が重いレベルのデブの数値は、普通の人の参考になりませんし。1キロ、2キロは誤差です。朝晩でそのぐらい変わります。

ただ、これも間違いないですが、Nintendo Switchの「Fit Boxing 2」を真面目にプレイすると絶対痩せます。ダイエットというのはそういうものです。摂取カロリーを減らし、あるいは消費カロリーを増やし、その他のパラメータを変えなければ痩せます。そういうものです。

私を含めた人類に取って痩せるのが難しいのは、単に、続けるのが難しいだけです。人間、飽きますからね。正直、3ヶ月プレイして、飽きてきてます。

それはともかくとして、3ヶ月プレイする中で色々と発見や困ったことがあり、それを言い訳にいろいろと散財したのでそれについて書きます。まあ、これからプレイしようかなーと思っている人の役に立つ情報も含まれていると思いますので、これを読んで「Fit Boxing 2」をやってみようと思われる方が増えれば、なんとなく嬉しいです。

さて、最初になぜ「Fit Boxing 2」をはじめたかですが、この記事に触発されたからです。

6カ月で18キロ痩せた、実践「プリキュアダイエット」のススメ 決め手は「プリキュアカレー」と「フィットボクシング」

いい記事ですよね。私はたぶん人よりだいぶアニメ好きですが、残念なことにまったくプリキュアシリーズは観たことありません。でも、大いに共感しました。たぶん、ダイエットに必要な意思の力をどうやって得るのかは人それぞれで、得られやすい人、得られにくい人はいると思います。世の中には「貯金通帳の金額が増えているとそれだけで嬉しい」とか「1円でも節約できるとそれだけで勝った気がして嬉しい」という気質の、恒常的なモチベーションを得られやすいタイプの人もいますし、「あの服が着たい」という強烈なモチベーションで短期間のダイエットを成し遂げてしまう人もいます。しかし、日頃からゆるふわで「貯金したって使わなければ何もいいことないじゃん?」という思想の持ち主はお金を貯められないし、「世の中が俺にあう服作れや。着たるで」と思っている人はこのモチベーションではだめです。ならば、自分の得意な手段でモチベーションをどこかから作り出してしまえばいい。その観点が素晴らしいです。というわけで、アニメファンは豪華声優陣に応援されるだけで謎のモチベーションが得られるので、「Fit Boxing 2」はお勧めです。アニメファンならこのトレーナー陣で、声を聞いたことがないってキャラはいないはず。

特に釘宮理恵さんと上坂すみれさんがラインナップされているのはいいですね。いやあ、くぎゅとすみぺですよ。おおよそ、この2人がやってそうなキャラは体を鍛えていそうなイメージがない(笑)。ジムにいって、インストラクターが「とらドラ!」の大河だったり、「中二病でも恋がしたい!」の凸守だったりしたところを想像して下さい。やる気が起きるような、起きないような・・・(笑)。

はたまた、田中敦子さんと大塚明夫さんがラインナップされているのもいいですね。ジムにいったら、インストラクターが「攻殻機動隊」の少佐とバトーだった・・・生きて帰れる気がしません。どうです?楽しい気分になってきましたか?

ならないかも。いや、私はなりましたよ。

そんなわけで、はじめました。はじめたときはまだ夏だったんで、初期装備はタンクトップにトランクスという下着のままです。このようなお外に出たら即逮捕というような格好でも運動が出来るのが素晴らしいところ。ギリギリまで仕事して、18:30におもむろに衣類を脱ぎ捨てデイリーエクササイズをはじめるという日常です。なんせね、滝のように汗をかくんで、濡れるものは少ない方が良いと最初は思ったんですな。

やってみてすぐわかったことがいくつか。

まず、マットは必須です。本当のことを言えばシューズがあった方が良いんでしょうが、流石にマンションでシューズを履いてトレーニングするのは下の人に申し訳ない。床も傷む。なので裸足でやるんですが、左右にパンチを打つと体重移動で意外に足の裏で床をこすります。堅いと足の裏が痛くなるし、フローリングのワックスも足をスタンスしているところがはげてボロボロになってきます。ヨガマットを引きましょう。可能なら、厚めのマットを引いた方がいいです。ウチにはMilueがヨガをやるためのアサヒ軽金属の「ドクターリビング」があるので、使えるときにはそれを引いてます。2cmの厚みを誇るのでとっても体にはラク。ただ、こいつは片付けるのが大変です。それほどお勧めできない・・・

次に、滝のような汗をかくので汗止めが必要です。頭と肩にすごい汗をかいてパンチを繰り出すと、部屋のあちこちに汗が飛び散りまくりました。特に、テレビモニターに滴が垂れまくり。プレイを終えてテレビを消したらびっくり!きたない!暑くても最低限、半袖のTシャツで肩を覆いましょう。加えて、頭にはヘッドバンドをつけることで汗の飛び散りは抑えることが出来るようになりました。しかし、デブがヘッドバンドするとなんか笑える格好になります。お見せできません。

もうひとつ、活動量計はあった方が良いです。ゲームの数値はちょっと高すぎて信用できない。筋肉ムキムキの人がベストなフォームで鋭いパンチを繰り出すとそのぐらいになるのかもしれませんが、少なくとも私はそこまで行くと思えません。最低限でも心拍数は取った方が良いです。ダイエット目的でやるならば心拍数をめちゃめちゃあげる必要はないですが、下半身を使うトレーニングが入るとやり始めの頃は心拍が160ぐらいまでいっちゃいました。これはやり過ぎ。ほどよい運動量を保てるようにモニターしましょう。先ほどのブログでは1日500kcalで2kg/月の減量をターゲットにしてましたが、私は明確な食事制限をする気が無く(しろよ)、保険医からの指導はデブすぎて「とりあえず月に0.5kgでいいから減らせや」です。でも、0.5kgは日常の変動幅に入るとさっぱり長期傾向を取ってもはっきりしないレベルなので、1.0-1.5kg/月ペースの300kcalを目指します。これだとデイリーエクササイズを一回やればOKぐらいみたいです。ちゃんと活動量計を見ながら、大きくショートしたりオーバーしたりしないようにします。変動が大きいと、効果がわからないですからね。

私はApple Watchを愛用していて、バンドはミラネーゼループという金属のベルトをマグネットで留めるタイプを使ってます。これがね、普段使いには最高なんだけど、ボクササイズとは相性が悪い。パンチするとがっしゃがしゃして、緩んできちゃいます。というわけで、Amazonでやっすい互換バンドを買いました。999円だぜ。純正と何が違うのかさっぱりわからないです。

その上でやってたんですが、3年使ったSeries4は1時間のエクササイズを入れると起床から就寝まで電池が保たなくなっていることが判明。結局Series7を買いました。そんなわけで、夕方エクササイズをする前にSeries4に付け替えてそのまま寝て睡眠トラッキングもし、朝起きたらSeries7を付ける生活になりました。以前、Series2とSeries4を付け替えて24時間付けっぱなしにしてたときにはずっと時計を付けている左手がかぶれてきたりしたので、Series4は右手に付けるようにしています。睡眠トラッキングはライフログとしてなかなか楽しいんですよね。Series2の電池が膨張しちゃったんで止めてましたが、再開です。

ちなみに、Series 7ですが、Series4比較でいえば、チップが良くなって、常時点灯可能になって、画面が大きくなってますが、どっち付けてても生活にほぼ変化なし。Series7を使い始めてSeries4にするとがっかりするかと思いましたが、あんまり変わりませんでした。ちなみに、付けてないと料理中にタイマーを使いたいときとか、Macで1Password使うときとか、マスクしてiPhoneを使いたいときとか、部屋に置き忘れたiPhoneに着信があったときとか、DQXにログインしようとしてワンタイムパスワードを要求されたときとかに悶絶するので、Apple Watch自体はもう手放せないです。サイコー。

そんな感じで、基本的には毎日。あまりにも筋肉痛が辛くなったらお休みするという感じでおおよそ週1の休みを取るペースで9月の半ばから2ヶ月ぐらい取り組んでます。買ったのは8月ぐらいでしたが、買った直後は3日に一度ぐらいしかやってませんでした。正直、チュートリアルとか、ワンツーだけとかの時はあんまり面白くなくて・・・暑かったし・・・。徐々に定着していった感じです。

さて、「Fit Boxing 2」をはじめる前の疑問としては、パンチ打ってるだけで運動になるのかとか上半身の運動だけなのかとか、そういうボクササイズ自体への疑問がありました。で、やってみた感想としては、ある意味正しくて、「リングフィットアドベンチャー」のような筋トレ指向とはちょっと方向性が違います。

とはいえ、めちゃめちゃ筋肉痛になります。有酸素運動だけじゃなくて、鍛えられている感はかなりあります。

もう2ヶ月ぐらいずっとやってますが、その期間、絶え間なく筋肉痛です。今も太ももの前が痛いです。不思議なもので、筋肉痛になる部分はかなり変わってきました。最初に痛くなったのは、腕と背中です。フックのような動きって日常で思い切りやることはないので、背中とか脇腹が痛くなります。その後は足の裏とすねの脇あたり。動きになれてくると下半身の重心移動とか回転を上手く使えるようになってきます。するとこのあたりが痛んできます。その次に来たのが腰痛でした。これは筋肉痛じゃないかも。背中の筋肉をたくさん使ったのでバランスが崩れたのかも知れません。ぎっくり腰寸前の状態になりました。流石にこの時は3日ぐらいはお休み。寝っ転がって過ごしました。

そして、メニューが進んでくると下半身を使うことが増えます。ダッキングなどのしゃがむ動作や、ボディーブローのような腰を落として打つパンチです。これが出てくるとてきめんに足に来ますし、心拍も上がります。下半身のメニューが入って最初に痛んだのは尻。尻の筋肉が痛くて歩くのに苦労しました。それがマシになってくると、今度は太ももの前面。さらに、この頃にはステップをかなり大きく動かないと心拍が以前より上がらなくなっていたので調子に乗って音楽に合わせて跳ねてたら、膝が痛くなりました。これは筋肉痛じゃなくて、関節痛ですね。膝関節に横方向にズレる方向の負荷が入ったみたい。床に膝をつくと激痛、みたいな。これはよくない。

膝は本気でヤバい(高校時代、バスケ部で壊したことがあるのでこれは加減がわかる)感じなので、サポーターを付けてみることにしました。ザムストのEK-5って奴を買いました。付けてやると、しゃがむときにすごい安心感があります。EK-5は左の写真の奴で、膝の上にクロスさせるバンドがあるんですが、付けてみた感じではここまでは無くてもいいかも。というわけで、もうひとつEK-3(バンドがなくてちょっと安い)を買って、左右の膝に付けてます。もうね、年だから慎重にやらないとね。ホントは腰もサポーターしたほうがいいのかなあ。

あ、デイリーエクササイズの最初と最後はストレッチですが、そのときは邪魔なんで外してます。

ここまでがここ2ヶ月間の痛みの変化なんですが、この先はどうなっていくんでしょう。

というわけで、意外に体のあちらこちらを使ってますみたいです。舐めたもんじゃないので、それなりに注意もしながらやりましょう。そう、「リングフィットアドベンチャー」との対比で言えば、上半身と下半身はこっちでも大分鍛えられそうな感じがあります。ですが、腹は使わないことはないんでしょうが筋肉痛になるまではなかなか行かないので、併用するならリングフィットで黄色いトレーニングだけ追加したら良いかもしれないです。消費カロリーは断然「Fit Boxing 2」の方が大きいと思いますし、足を上げて足踏みしない分、マンションでの迷惑度は「Fit Boxing 2」の方が少ないと思います。あ、ステップメニューは外してます。これは近所迷惑になりそうだったから。

そんな感じで、ずっと筋肉痛で日常の動きは緩慢になり、業務時間は削られた上猛烈な眠気に襲われるなど、かなりの仕事のパフォーマンスを犠牲にしながら(残業前提でしか求められてるパフォーマンスがだせないのがいかんのだよ)ですが、割に楽しくやってます。だいぶ飽きてもきた(達成出来るアクティビティがなくなってきたし。ねえ、親密度ってどうやってあげるの?)んですが、もうちょっと続けてみようかなと思ってます。リモートワークになって運動不足気味にもなりましたが、逆に毎日1時間弱のボクササイズは通勤してたらなかなかやらなかっただろうなと思うので、リモートワークやってるうちには続けましょうか。

あ、あと、音楽もなかなか楽しいです。ボンジョビがあったり、シンディー・ローパーがあったりとおっさんも楽しいし、新しい曲はオリジナルを探してみて、へーって思ってます。Apple Musicでプレイリストを作ってみました。恥ずかしながら「スウェディッシュ・ハウス・マフィア」をはじめて認識しました。曲は何か聞いたことあったけど。かっこいー。

最後に、3ヶ月の体重の変化を載っけておきます。ま、減少傾向ではあるよね。よろし。

20211121-163508

いわきでワーケーショントライアル(そのさん)

3日目の朝は地震はありませんでした。そりゃそうだろう。

また、朝から水族館に行って、トドに挨拶して、行けなかった金魚館にもいこうかな・・・と思ってたんですが、この日は14時に打ち合わせがありました。そこまでにホテルに戻って、夕食はまた水族館の周りに・・・というと流石にタクシー代ももったいない。というわけで、この日は夕方から出かけることにして、朝からお仕事です。

お昼ご飯ですが、近くに食べられるところは皆無なので、昨日買い込んだお土産物に手を付けます。

まずは、ままどおる

http://www.sanmangoku.co.jp/Goods/mamadoru.html

 

中は白い餡が入っていて、柔らかい生地とバターの香りと餡の組み合わせが美味しいです。定番の組み合わせなんでどこに行っても同じような味のお菓子は買えるっちゃ買えますが、だからといってなんの価値を毀損されるものでもありません。いくらでも食べたい。でも、1個で我慢だ。120kcal以上あるのだ。

次は、かんのやのゆべし。

https://www.yubeshi.co.jp/fs/yubeshi/c/yubeshi_kaden

 

ゆべしというと、私は金沢にあるような柚子をくりぬいて作る奴を思い浮かべるんですが、福島のゆべしは柚子は入らないんだそうです。形も単に四角が多いようですが、かんのやのゆべしは特徴的な三角形になっていて、中に小豆餡が入ってます。芥子の実が振ってあってその食感も楽しい。モチモチしてて、いくらでも食べられますが、1個で我慢しましょうね。コレ好きです。

お次は、柏屋の薄皮まんじゅう。

https://www.usukawa.com/shopbrand/ct50/

 

日本三大まんじゅうを謳ってます。我が郷土愛の象徴、岡山の大手まんじゅうを差し置いて「日本三大まんじゅう」を名乗るとは・・・と思ったんですが、そもそも日本三大まんじゅうって何よって話です。この柏屋のサイトに説明がありました。あれ?大手まんじゅうが入ってる(笑)

日本三大まんじゅうとは

大手まんじゅうは旨いから当然だね!

それはともかく、薄皮まんじゅうのお味の方は・・・間違いなく旨い。けど、これは全国各地にある温泉饅頭と同じです。さすが、皮の具合や餡の甘さ加減などは絶妙で至極の温泉饅頭ですが、ものすごーく食べ慣れた味ではあります。なので、わざわざこの薄皮まんじゅうを求めに福島に来るというようなものではないですが、積んであったら際限なく食べてしまうような魅惑にも満ちてますねぇ。昼ご飯ですからこれは2個食べても、いいよね?

さいごは、みよしのじゃんがら

http://j-miyoshi.jp/syouhinsyoukai/wagasi.html

 

結構大きいです。小ぶりのどら焼きぐらいのサイズがある。しっとり、ねっとりした食感の生地で小豆餡を挟んであります。アンコが続くな・・・。生地も結構甘いので、1つ食べると「甘いものを食べたぞ」というしっかりとした満足感があります。美味しいです。上3つは岸朝子さんの本に出てる名のあるお菓子なんですが、お土産物の面白さという意味ではこれがいちばんお勧めかも。いわきのお土産らしいしね。

さて、甘いもので脳を活性化させて十分に働いたら、夕方からお出かけ。三崎公園のいわきマリンタワーに登りました。

アクアマリンふくしまから根性があれば歩いて行ける程度の距離にあるんですが、「三崎公園」というぐらいですから、岬です。

岬自体がそこそこの高さがあり辺りを一望できるのですが、さらにそこにタワーが建っているんで、見晴らしは最高・・・というか、ちょっと怖いぐらい。

 

眺めは素晴らしかったです。でも、風は強いんで気をつけて下さい。

いわきマリンタワーまできた理由のもうひとつは、この側のメヒコでカニピラフを食べるため。福島にきたら、メヒコに行かないと。いや、まあ、浅草にもあるんですけど、いいじゃないですか。人生2度目のメヒコです。

 

 

 

また写真撮る前に食べちゃった・・・。堪能しました。

というわけで、いわきでの最後の夜はお腹いっぱい。

こんな感じの旅行ならスケジュールの調整もそれほど大変ではないし、特急で東京から2時間はもうあっという間みたいなものですから気軽にいけそう。リモートワークのうちに行けるところには行っておけば良いかもなーと思いました。いじょ。

 

いわきでワーケーショントライアル(そのに)

早朝、けっこうな地震で目覚めます。手荒い歓迎。さすがの福島県です(笑)

朝食は和食メインのバイキング。これからラウンドというゴルファーのみなさんに混じっていただきます。特に特別なものはないですが、普通に美味しい。いわゆるホテルの朝食はすぐ飽きちゃいますけど、ご飯に味噌汁、佃煮にマグロのたたきにひじきの煮物に納豆に明太子。毎日コレでもいいなあ。しかし、食べ過ぎは良くない。セーブしましょう。

ホテルからタクシーでさっそくアクアマリンふくしまへ。

期待に違わぬ素晴らしい展示。大水槽のイワシの群れは素晴らしい。トドがずーっと吠えていて、表情豊かで愛くるしい。エトピリカもずーっとみていて飽きない。飼育が難しいサンマの展示もありますが、みんなサンマは見慣れているのであんまり評価はしてもらえないそうです(笑)。ふくしまの湖沼を取り上げた展示も見所がありました。北の海のカニやエビの展示はたくさんの「ここにしかいません」祭ですが、小さい水槽が上下に並んでいて、体にキツい・・・。縄文の里はなぜか狸がいました。カワウソの展示も特別のエリアがありました。疲れ果てて、金魚館はギブアップしました。足が棒です。

いやー、朝9時から13時頃までうろうろして、体力の限界です。8割ぐらいは見たつもりですが、また来たいなあ。

昼ご飯は側にある「いわき ら・ら・ミュウ」という施設で。張り込んだ海鮮丼をいただきました。ふつーに美味しかったです。なに食べても美味しいなあ、もう。

 

また写真を撮る前にチョット食べちゃってます。すいません。

愛読書である岸朝子さんの手土産本を参照し、福島県のおみやげもゲットです。もちろん、自分で食べるためです。

 

近くにある巨大なイオンモールで飲み物などを買い、タクシー乗り場の据え付けの電話でタクシーを呼び、ホテルに戻りました。16時からはいつもの勉強会があるので、その準備をします。

ちなみに、この巨大なイオンモールですが、タクシーの運転手さんに聞いたところ、津波で被災した後に建てられたんだそうです。そうでなければこれだけの大きな用地を確保するのは難しいと思います。なるほどなあ。

そんな感じで夕食までちょっと仕事をしました。というかですね、もう我々も年なんで、朝から晩まで歩きづめで観光とか出来ないわ。午前中観光で、午後仕事ぐらいでちょうど良いですね。普段は50インチのディスプレイで仕事しているで、久しぶりにノートPCで仕事すると不便に感じるかと思いましたが、iPadをSide Carにして時々マルチディスプレイで普通に仕事が出来ますね。問題ありません。一番の難点は椅子かなあ。この椅子で月-金で働いたら尻が痛くなりそう。でも、昔はパイプ椅子で仕事してたプロジェクトもあったわけで、贅沢になりましたねぇ。ちなみにMilueはソファに寝っ転がってチームミーティングしてるので机は要らない様子。これもある意味、家でやってるのと同じような感じなので問題なさそうです(笑)。

さて、夕食はホテルでいただくことにしました。前日までに予約が必要で、メニューとかは特に選べず7,700円です。たかっ。まあ、安くで泊まっているので別にいいですけど。

夕食の時間に指定されたところに行くと、完全にホテルの宴会場。「ご飯とお味噌汁はセルフサービスなんでご自由に」って、これは7,700円の飯を食わせる雰囲気ではないでしょう(笑)。まるで、修学旅行って気分です。おいおい・・・と思いましたが、まあ、ゴルフ場ですからねえ。なんだかなあ・・・と食べ始めたわけですが、出てくる料理が手が込んでいて、かつめちゃめちゃ旨い。山芋のムース、絶品でした。いわゆる旅館のご飯にありがちな固形燃料の上の焙烙の蓋をとったら、Milueの手のひらぐらいある大きなアワビが蒸し上がってます。いやいやいや。これ、1品で5,000円ぐらいしてもおかしくないでしょ。柔らかさ。歯ごたえ。うまみ。格別でした。盛り付けの美しさも含めて「飲み放題付けますか?」とか聞かれる場所で食べるレベルの料理じゃないよ(笑)。ここの料理長、何者・・・

というわけで、今月はまだ食べられます。これ、チラシね。この写真に一切間違いないものが出ますが、雰囲気は宴会場です。むしろ、もうそのギャップが面白い。いや、もちろん、平常はちゃんとしたところで提供しているんだと思うんです。ホテルのサイトをみると立派なレストランがあります。が、そこだと感染症対策で広く場所を取るのも難しいし、従業員も絞ってて回せないのかなと想像します。いや、しかし、旨かったなあ・・・。

20211118-220952

 

«いわきでワーケーショントライアル(そのいち)

May 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ