« スパイダーマン:スパイダーバース | Main | 【悲報】Macの起動しなくなる→Disk初期化 »

零號琴/飛浩隆

飛浩隆さんは寡作な作家さんで、作品が出たら品質は保証済み。

寡作で有名な作家さんってのは、すぐにいっぱしのファンを気取って話題に参加できるという、怠惰な本読みには大変にありがたい存在です。私も飛浩隆は「グラン・ヴァカンス」の2冊しか読んでませんけど、「おお、飛浩隆の新刊出るんだー。大森望さんも池澤春菜さんも褒めてるのかー。そりゃ読まなきゃなー」ぐらいの感じでいっぱしのファン面で読んでます。

いや、ハードSFなんで全然そんな感じじゃ読めないんですけどね。全然人には勧められません(笑)

飛さん的には全然そんなつもり無いと思うんですよ?中では思いっきり「プリキュア」の話してますし(というか、もうプリキュアがテーマといってもいいぐらいだよ)、誰もが熱中できる手に汗握る大スペクタクル、大冒険小説を書いてるつもりだと思うんです。

いや、でもね・・・そうはいってもですよ。

まず、厚い。600ページある。鈍器ですよ、鈍器。まあ、自炊してタブレットで読んでるから重いとか嵩張るとかそういうことは無いんだけども、逆にめくってもめくっても終わんない。600ページもあるのに、主人公トロムボノクの過去の活躍とか、相棒シェリバンとの出会いとか、そういう面白そうな設定やエピソードが匂わされるだけでさっぱり語られてない。気になって仕方ないって。

次に、読みづらい。主人公と相棒はカタカナだけど、舞台の星、美縟の人や造語が難しい漢字で、すぐに読めなくなるんです。そも、「美縟」って字が難しい。登場人物も「咩鷺」、「菜綵」あたりの読み方をすぐ忘れる。最重要キーワードは「梦卑」なんだけど、なひ?のひ?むひ?どれだっけ?。プリキュアはお話の中では「旋妓婀」です(笑)。終始、こんな感じ。まあ、音を忘れても読めるっちゃ読めるんだけど、頭に入ってこない感じが大分あります。

さらに、お話が初っぱなからぶっ飛んでて良くわからない。特殊楽器技芸士?第四類改変態?野外音楽堂が二千人の人間を巻き込んで大惨事?それって何?観たこともないシーンの連続なので、描写をきっちりと読まないと頭の中にイメージが成立しない。それでも作者や他の読者と描写のイメージを共有出来ているのか、甚だ心もとない。大丈夫かな。私、何か勘違いして読み進めてやないでしょうか?

そんな感じで噛み応えたっぷり。かなりの咀嚼力っつーか、顎の力がないと600ページを読み切るのは難しいです。よほどの本好きにしか勧めらんない。

ただ、まあ、噛んだときに迸る肉汁の旨いこと、旨いこと。

トロムボノクとシェリバンの巻き込まれた惑星をあげての大イベント「大假劇」、そしてそこで演奏される「零號琴」とは何なのか。そこに関わる人々の思惑、そして世界の秘密とは。物語は最初からこの最終幕に向けて進みますが、もうね、唖然とするような結末です。

で、この作品って、ある意味では「ラギッド・ガール」と同じモチーフなんですよ。

ある意味、この上の1行が強烈なネタバレなんですけど、読んでるうちにそんなこと忘れちゃうと思うんでどうでもいいんです(笑)。現実とフィクション世界が重なり、フィクションに自分が乗っ取られていく、AR的というか、VR的というかそんな感じの假劇のあり方からして、人間が訪れることがなくなった仮想空間でのAI達を書いた「ラギット・ガール」によく似てますが、そんななんだか良くわからない世界の崩壊に至るラストの展開ってのが、また、ものすごくてですね。かつ、手触りが似てるんですよね。いやー、凄い話。強烈です。

そして、文章が、また美しい。最後まで読み終えた上で、最初の「アヴァンタイトル」を読み直すと、「ほぅ」とため息をつくほどの美しい文章です。最初に読んだときにはまったく意味わからないんですけど。

「本を読んだー」っていうたっぷりした実感が得られる逸品。覚悟を決めて読んで下さい。


 

|

« スパイダーマン:スパイダーバース | Main | 【悲報】Macの起動しなくなる→Disk初期化 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 零號琴/飛浩隆:

« スパイダーマン:スパイダーバース | Main | 【悲報】Macの起動しなくなる→Disk初期化 »