« February 2019 | Main | April 2019 »

ファースト・マン

ちょっと前になりますけど、「ファースト・マン」を観てきました。いちおー、SF者としては観ておかないといかん気がしたんで。

実は、チャゼル監督の作品を観るのは初めてです。「セッション」も「ラ・ラ・ランド」も、なんだかあんまり好きになれそうにないタイプの人間が描かれているような気がしたんですね。で、「ファースト・マン」も聞くに「非常にチャゼルらしい」ってことらしいです。観終わった感想としては、「はー、これがチャゼルかー」ってちょっと思ったんですけど、1作だけ観てそういうこといっちゃダメですな。

えっと、映像作品として、というかドラマとしてはものすごくレベル高いと思います。まとわりつく孤独と死のイメージを、淡々としたタッチで積み上げていって、ラストシーンのガラス越しの夫婦の再会なんて「はー、2時間かけてここにたどり着くのか−。すげーなー」と思いながら観てました。こないだ観た「七つの会議」が、まあ、登場人物たちがべらべらべらべらお気持ちを吐露しまくる典型的な日本映画だったのに対して、こんな寡黙な男を主人公にこんだけ饒舌なシーンを作るんだと感心せざるを得ません。

えませんけど、書かれてるモチーフに興味があるかどうかは別問題なんですよね(笑)。

「常に自分が死ぬかもしれないことには感覚が麻痺しているけど、周囲の親しい人が死ぬことには耐えられない男」と「夫がいつ死ぬかもわからないこと、そして夫自身がそのことから目をそらし続けていることにいらだつ女」の夫婦関係って、興味あります?。私は正直あんまりないです。ただ、人類による初めての月面着陸という出来事をそういう側面で切り取ることの面白さというのはわかりますし、ホントに死亡率の高かった初期の宇宙飛行士とその家族にまともに焦点をあてた物語を作ることも意義深いと思います。

SF的な見所も多く、X-15やジェミニのトラブル、有名なアポロの死亡事故、月着陸船の訓練機など有名な逸話を徹底的なリサーチのもとに作った映像として見られるのは素晴らしいです。もっとも、この映画はアームストロングという人間を描くためにコックピットの絵は沢山あるんですが、アームストロングが乗っている機体を外から撮った絵というのがほぼありません。X-15が飛んでるシーンはないし、ジェミニ8号がどういう状態になっているのか外から撮った絵はないし(現実には撮影不可能な絵なんだからそれがあると興ざめするということはあるにしても、不親切であることには違いない)、月着陸船も降りて外から見るまでどんなものかわかりません(みんな知ってるけどさ)。この辺りは徹底していて、正しいんだけど、ちょっと残念な部分ではありますね。

というわけで、諸手を挙げて「おもしろーい」とは言いがたい映画なんですけど、映像でドラマを作る手腕はすっごいぞチャゼルというのはよく伝わるし、興味のある題材を撮ってくれたら途端にファンになるかもしれないなという気がしました。あ、いやー、アポロでダメなら他じゃ無理かなという気もするなあ(笑)。

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

平成アニソン大賞が楽しかった

発表終わるまで全然存在を知らなかったんですけど、発表特番のニコ生を見たらえらい面白かった。

サイトを見に行けばノミネート全100曲のリストが出ているんで、アニソン好きな人は是非見てきて欲しいんですけど、こういう企画って、普通に考えれば何をどうやっても揉めそうなものです。そりゃみんなそれぞれ思い入れのある曲はいろいろあるだろうしね。青春ラジメニアの「オールアニメーションTOP20・平成版」特集のリクエストの時にも思いましたけど、やっぱりなかなかそれぞれ評価の軸も違うし。でも、このリストはすごく納得感がある。

ノミネートが100曲と余裕があったし、まあ、選んでいる人達が良くわかっている人達ですし。・・・というか、この人達の発言を見て私らは自分の中の価値観を育んで来たわけですから、そりゃ、異論が無いのはそらそうだわと。よっぴーや前Qさんに育てられたようなものだもの。いや、言い過ぎか。歳そんな変わんねえわ(笑)。

番組中の議論でも「童謡とアニソンは違うもの」「椎名へきるについてはちゃんと考えた」「サクラ大戦はゲーム、Airはアニメ」「JAMは入れたいが、アレもアレもゲームソングだから」「大賞は2曲。だって1曲で残酷な天使のテーゼが取るんなら、企画の意味が無い」等、すべてが頷くしかないわけで、いやあ、面白かったなあ。最後に100曲に1曲足りなかったから、「オレンジ」足したところで大爆笑。「とらドラ」好きすぎんだろ。うん、あたしも好きだよ。みのりんラブ。

2時間の番組見終わった後、さっそくiTunesにプレイリスト作りました。100曲のうち、半分は自分のライブラリにあったけども、ないものはApple Musicを検索し、そこにもなければバンバンiTunesストアから買いました。あっはっは。特に、アイマス、ラブライブ、アイカツなどのアイドルアニメは見ないのでその辺はほぼすべて買うことに。結果、93曲入りのライブラリができました。おお、意外とそろうモノだ。

でも、意外なモノが入手できないってことも再確認しましたね。「ムーンライト伝説」買えないんですよ。もちろん「100%勇気」は買えません。光GENJIは無理やね。あと、笠原弘子の「約束の土地へ」。どんな曲か覚えてないし、P1のサントラにも入ってないのよ。ボーカルコレクションとかいう微妙なアルバムにしか入ってない。KOTOKOの「おねティー」のOPも買えない。見てないからどんな曲か思い出せないけど、有名な曲だよね、これ。小倉優子の「スクラン」のEDも買えない。うーん、どんな曲だっけ?ほっちゃんのOPはライブラリに入ってるんだけどなー。これ、小西康陽さんアレンジだったのね。なぜ買っておかない>当時の私。

というわけで、楽しく聞いてます。いや、もちろんなんでnano.Ripeがいないんだ、やくしまるえつこはどこいったとか、細かいことはありますけども。それは各自が勝手に追加すれば良いこと。このリストから元となるアニメを見るもよし、関連する他の曲を聴くもよし。うむ、よしなに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2019 | Main | April 2019 »