« January 2019 | Main | March 2019 »

Apple Watchを買い換えた

Apple Watch Series 4を買いました。ちっこい方。

Apple Watchは出た時に初代を買って、Series 2でFeliCaが入ったのに惹かれて買い換えて、それ以来使ってました。無いと困るというほどではありませんが、無いと気になるほどには便利です。基本、アプリとかは何にもいれてません。使っているの機能は以下かな。

  • MacBookの自動ログイン
  • iPhoneの呼び出し機能
  • ApplePayによる支払い
  • iPhoneへの通知の表示
  • ポモドーロのタイマー
  • 再生中の音楽の音量変更(ときどき)
  • スケジュール確認(ときどき)

まず押さえておきたいのは、Apple Watchはすごく操作が面倒くさいってこと。本当にちょっとクリックしたり、ダイアルをくりくりするだけならまだしも、何ステップにも渡る操作をするのは本当に面倒くさい。なぜなら、iPhoneなら片手で操作できることに両手を使わなきゃいけないから

例えば、片手でカバンを持っているときに反対の手でポケットからiPhoneを取り出してちょいちょいと操作することは可能です。長い文章を打つとかならアレですが。ところが、Apple Watchの場合、両手を顔の前まで持ってこないと操作できないんですよ。これは面倒くさい。

というわけで、Apple Watchのよく使う機能って、ほとんど操作しないモノばっかりです。

逆にApple Watchの良い点は常に身につけているってこと。自動ログインも付けているだけで動作するし、iPhoneを呼び出す機能もiPhoneはどこにでも持ち歩いて置き忘れてしまい、家の中で探し回ることもしばしばだと思いますが、Apple Watchで呼び出し音を鳴らせばすぐに確認できます。Apple Watchはどこかにいくことがないので(充電以外で外すことがないから)、これが実現できるわけです。そうじゃないと、Apple Watchの呼び出し機能が必要になっちゃいます。

Apple Payの支払いもSuiCa払いなら何もする必要ありません。SuiCa対応の自動販売機の前で、手袋も外さずに暖かいコーヒーを買えるのはこの季節、じみーに嬉しいです。逆にコンビニでの支払いだと、タッチ部にずっと手首を押し当ててるのが面倒なので、Apple Watchを使わずにカードを読取り部において店員さんの操作を待つことも結構あります。ローソンの支払い端末はWatchのことを何も考えてないデザインなので、滅びればいいと思います。

あとはiPhoneの通知の転送。Watchに転送する通知はかなり絞って、即対応が必要なものだけにしています。これは要するに「電話が鳴っていても気がつかない」パターンの防止です。具体的には電話、Message、twitterのDMとTODOアプリ、アメミルによる「もうすぐ雨が降ります」通知を時計でチェックできるようにしています。電話はWatchでも受けられるんですが、iPhoneが手元にあればiPhoneで出ます。あんまり使うことがないから操作に自信が無く、話している途中にiPhoneのヘッドホンへ切り替えたいなどと思ったときにあたふたするからです。

そんなApple Watchなので、付け忘れて出勤したり、充電し忘れていて一日の途中で省電力モードに落ちたりすると、地味に辛いです。Macのログイン画面の前でぼーっとしたり、自販機に意味なく手首を押しつけたりして、「いかん、いかん」となります。難儀。ところが使い始めて2年とちょっとのSeries2が微妙に不調になり始めました。夜寝る前に充電器に付けて寝ても、ときどき充電されていないことがあるのです。Apple Watchの充電は磁石式の端末をペタッと貼り付けて行うので何かの拍子に外れてしまうことはなくはないです。私も最初は「ちゃんとついてなかったのかな?」と思ったんですが、月に2, 3度そんなことが起きるようになりました。私の充電の仕方が急にマズくなるというのも考えづらいので、これは何か問題が起きているに違いありません。

そんなこともあって、初代以来、初めてデザインが変わったSeries4に新調することにしました。これでSeries3を飛ばしただけで毎年買っていることになるのかなあ。それはちょっとなんだかなぁ。まあ、いいや。というわけで、Apple Storeアプリでオーダー、2日で来ました。

Img_0897

右が使い古したSeries2、左がSeries4です。どちらも小さい方で、本体のサイズはほーとんど変わりません。表示サイズは明らかに増えました。パスコードを入力するボタンがデカい。ただ、使ってる感じではあんまり変わらないかなあ。あっという間に慣れますね。

さて、Apple Watchを新しく買った場合の移行手順を書いておきましょう。iPhoneには複数のApple Watchを紐付けることが出来ます。なので、2本目のWatchとして登録してしまえばOKです。

Img_df6008cf60a11

登録するときには、すでに使っていたWatchのバックアップを戻すことができるので、それをしてしまえば設定もアプリ転送も終わった状態で使い始められます。らっくちーん。ただし、

  • パスコードの設定
  • Apple Pay(QUICPay)の設定
  • SuiCaの登録

は個別にやる必要がありました。QUICPayはSeries2は機種変更前のiPhoneで設定していて、iPhoneの機種変後にWalletを空にしてあったので誰もが設定し直しが必要なのかはわかりません。SuiCaはFeliCaチップ1つに紐づくので、新しいハードは新しいSuiCaにならざるをえません。古いWatchのSuiCaのチャージをどうすればいいかはわからないなー。頑張って使い切るのがよいかと。

というわけで、後はどちらでも好きな方の時計をつければOK。ただし、同時に使えるのは1つだけです。まあ、ヘルスケアデータとかを取っているので、2つ使うとわけわからないことになりますわな。しょうがない。

お?ということは、2つ使った24時間運用が可能?

睡眠トラッカーに興味があって、いろいろ買ったこともあるんですが続かなかったんですよね。夜寝るときにセットしたり、身につけたりするのをすぐ忘れちゃうんで。でも、日中付けたApple Watchを外して、夜用に付け替えるんならいけそうかも。というわけで、Pillowというアプリを入れてみました。これで睡眠のログも取ってみましょう。それが何かの役に立つかは、わからないけども。それよりも、布団の中でWatchで目覚ましをセットできることの方が便利かもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

七つの会議

年末に「ボヘミアン・ラプソディー」を観に行ったときに予告編が流れてたんですが、いやーすごいキャストですね。日本中のいい味出しているおっさん全部集めてパックにしたような、すごいキャスト。あまりの豪華キャストぶりに圧倒されまして、たくさんのおっさん達を鑑賞すべく見てきました。同時期にキムタクの「マスカレード・ホテル」をやっていて、あっちのほうが大きな劇場でやってるようで、こっちの方が混んでました。見たのは2/2。土曜の13時の会で満員でした。

とにかく、キャストは朝倉あきさん(すげーかわいい)以外、全員おっさん。ん?吉田羊さんがいるか。いや、吉田羊はおっさんでいいな。うん、後は全員おっさんです(笑)。むしろ、ミッチーがおっさん枠からはみ出しかけているかもしれない。

そんな可愛いミッチーと可愛い朝倉あきの二人組が、会社の裏の顔を探るべく嗅ぎ回る中盤はドライブ感があってすごく楽しいし、面白い。ここはすごく良いです。

さて、ここから下はネタバレしますよー。ネタバレしたからなんやねん、誰が水戸黄門のネタバレを気にするんだよ・・・という気もしますが、一応、ね。

さて、池井戸潤の本はきっとみんなそうなんだろうと思うんで1冊も読んでないんですけども(笑)、会社の陰謀とか、サラリーマンの悲哀とか、出世争いと男の嫉妬とか、正直、外資系IT企業でキャリアからすっぽ抜けてるお気楽サラリーマンな私からしたら、江戸時代の話みたいに見えるわけです。で、主役は萬斎さんだから、私から観ると、この映画はもう完全に時代劇(笑)。最初はお笑い昭和漫談で、最後は遠山の金さんかな。

それはそれで別にエンターテインメントとしては普通にアリなんだけど(時代劇、楽しいじゃないですか)、そういう型から離れてお話として面白いかと言われると・・・うーん・・・。リコール問題ってネタも、何度目かいなって話よね・・・。ラストも目の前で一度内部告発してる奴が目の前にいるのに、「やっぱ隠蔽する!」ってんな危機管理ありますかいな。アホかい。

ただ、お話が完全に紋切り型なので、役者さんの魅力はもう、堪能できまくりです。香川照之さんの怒りに歪んだ顔はもう芸術的だし、野村萬斎さんの「ひーっひっひ」って笑い方、他の人にはできません。橋爪功さんに器の小さい男の演技をやらせたら日本一だし、オリラジ藤森さんのチャラい感じもバッチリ。なんせ基本的に出てくる人はみんなダメな人なんで、役者さんはみんな楽しんでやってるだろうなと。そんな感じで、芸を見に行く映画でございます。

というわけで、たっぷりと愛らしいおっさん達の演技をこれでもかと堪能できるし、少なくとも萬斎さんが正体を現すまではドラマもそこそこ楽しい。キャスト一覧を見るだけで1800円の価値は十分ありすぎ。だって、舞台でこのメンツ上げたらどうなるのって話で。ものすごく楽しめます。

ただし、やっぱりお話は無茶苦茶なんだよねー。あげ足を取るのも楽しいので、取っておきますよ?

ネジを安物にしたら馬鹿売れする椅子ってなんぼほどネジ高いねんとか、ひっぱり試験でいちいちきゃーきゃーいうなやとか、電気屋が冷蔵庫足で営業すんなとか、なんで風呂売ったウチの葬式にいったよ萬斎とか、そんなドーナツ馬鹿売れするって近所にコンビニはないんかいとか、経理と営業仲悪いってあからさまに罵倒すんな大人やろとか、品管が部屋に2人ってどんだけやる気ないねんとか、社長室にグローブ持って行ってるから野球部だってわかりやすすぎるやろとか、だいたい椅子と冷蔵庫売ってる会社ってなんやねん・・・

と突っ込みどころは安いSFよりありすぎ。その辺りをおおらかに見られない人には辛い映画かもしれません。でも、観てる間はさほど気になりません。ほぼ、ファンタジーみたいなもんだしね。ツッコむのも楽しんで観てくるのが吉です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2019年冬アニメ(と、ドラマ)1話感想 そのさん

[同居人はひざ、時々、頭のうえ。]

Web配信の漫画が原作。原作は未読です。

要するに猫飼ってる人のあるあるなんで、「動物と子供は卑怯」って奴です。ハルすごいかわいいけど。なんだろうなあ、このツンデレ感がたまらんよなー。間違いなく歴史に名を残さない一作なので好きな人は見ればいいと思います。私は続きを見ちゃいそう。

[魔法少女特殊戦あすか]

月刊「ビックガンガン」連載の漫画が原作。原作は未読です。

戦争で荒んだ世界と魔法少女の世界感を融合させて、魔法少女が戦いの道具になっているような設定。うーん、よくあるとまでは言わないけども、「まどマギ」以後だとそれほど珍しくもないかな。で、主人公の魔法少女が血みどろの戦いをして世界が一応平和になって、主人公はやっと平和な学校生活になじみかけているのに、その平和な日常がテロリストに破壊されて戦いの世界に舞い戻る・・・と。

えーっと、1話を見て嫌な気持ちにしかならないんだけども、これで続き見てもらえるかな?希望がないよ、希望が。主人公を1話目で絶望させてどーすんの。

[荒野のコトブキ飛行隊]

「ガールズ&パンツァー」の水島監督が、今度はレシプロ戦闘機のアニメを作ると。とりあえず、オリジナルは星1つ追加。

しかし、私は「ガルパン」がなんでヒットしたのか、わかんないんだよなあ。世の中には戦車のマニアってのはいっぱいいて、そういう人が戦車のアニメを作りたいのはわかる。「ガルパン」がめちゃめちゃ戦車の描写にこだわっていて、戦闘シーンは文句なく格好いいのもわかる。とはいえ、普通に戦車アニメを作ってもウケるわけないから、登場人物を全部女の子にすれば、アホなオタクが喜んで、マニアな戦車アニメってことがごまかせるだろう。やっほい!

・・・いや、そんなわけないでしょ(笑)。なんで「女の子が戦車に乗っている」と嬉しいんだろう。全然わからない。いや、女の子が出るアニメが嫌いなわけじゃないし、「バトルアスリーテス大運動会」はマイ・フェイバリット・アニメのひとつなんで、女の子のスポ根も好き。でも、「ガルパン」ってドラマに見るべきところ、あった?戦車戦が素晴らしいから最後まで見ちゃったけど、ごめん、主役の4人の名前、覚えられなかったんだけど。戦車が好きでもないのにあのアニメを喜んで見ている人が理解できない。

なので、この作品が面白いのかどうか、さっぱりわかりません。私、戦車もそれほど詳しくないですが、戦闘機もそんなに詳しくありません。零戦と隼の区別がつくかといわれれば、つきません。でもまあ、毎月「モデルグラフィックス」を買っている模型野郎なので、基礎的な教養はあります。

で、ですね。今売ってるモデルグラフィックスには、このアニメのミリタリー監修をやってる二宮さん(この人は飛行機モデラーでもある)とお馴染み軍事評論家の岡部いさくさんによる1話、2話の誌上ドキュメンタリーが載ってます。これを読んでアニメを見るとすーごく良くわかるし、空戦シーンが5倍面白くなります。1話の隼の起動シーケンスのシーンなんてただ見ていれば「へー」ですが、解説を読んで見ると、すっごく面白い。で、ですよ。それがわかって見てる視聴者はどんだけいんのよって話なわけ。女の子が可愛ければ見るの?つか、この子たちは可愛いの?(笑)

というわけで、この作品の鑑賞の為には今月の「モデルグラフィックス」はマスト・バイなんですけど、悪いことに今月号は模型がオマケにつく特別号なので、5000円ぐらいするのね(笑)。いや、ついてくるのはこの作品の主役機である隼のキットなので、「モデルグラフィックス」的にはコトブキ猛プッシュなんですけど、裏目かもしれない。まあ、1話から、紫電VS零戦とか隼VS零戦とか、普通に第2次大戦ものをやったらあり得ない空戦シーンが山盛りで、すごい面白いし、「紫電は自動消火装置があるから、被弾して黒い煙が出ても、煙が白くなって、そして収まるけど、零戦は燃料タンクが防弾じゃないから被弾したらすぐ燃えちゃう」なんてのが何の説明もなく映像で再現されててなんかスゲーんだけども、これは伝わるものなんでしょうか。

[ゆうべはお楽しみでしたね]

ガンガンONLINEで連載の漫画が原作。ドラクエXがフィーチャーされてる漫画ってことでもちろん読んでます。えっと、これはアニメじゃないっす。

原作者もドラクエXプレイヤー。ドラマのヒロインの本田翼さんも配信やるぐらいのドラクエXプレイヤー。「光のお父さん」は現実にあったことを書いてるブログが原作という変わったドラマでしたが、こっちはちゃんとお話なので、いたって普通のドラマです。普通っちゃ普通なんだけども、ドラクエXをやっていない人が見て面白いのかは謎。我々夫婦はすごく面白く見てます。

でも、こないだ実家帰ったらウチのおかんが再放送の「光のお父さん」にハマってたんだよなー。「あんたやってんの、これ?最近のゲームってすごいねんなあ」。いやー、FFXIはやってたけど、FFXIVはやってまへん。というか、意味わかってんのかな?「よしだーっっっ」はわかってないよな(笑)

[スタートレック ディスカバリー セカンドシーズン]

ついでにもひとつアニメじゃないもの。Netflixで第2シーズンが始まりました。

第1シーズンは最初からクリンゴンと戦争状態になり、途中からはミラーユニバースの話になり、面白いは面白いんだけどテーマが暗く、クルーもギスギスしていていわゆるロッテンベリ的な世界とはかけ離れてたんだけど、セカンドシーズンはすごくスタートレックっぽい。

1話でいきなりUSSエンタープライズ(船長はカークじゃなくて、まだクリストファー・パイク)が登場。パイク船長は例の黄色のユニフォームを着ていて、ティリーに「新型艦のユニフォームは格好いい」と言われてたり。アカデミーのシーンではみんな青いユニフォームだったけど、これから移行するって設定なのかしらん?

で、エンタープライズは修理中なのでパイク船長が船長不在のディスカバリーの指揮を執ることになるんだけど、パイクは非常に連邦の艦長っぽい振る舞いだし、クルーの一体感も出ててすごく前向きな雰囲気。

2話は遙かベータ宇宙域になぜか人類の集落が。しかし、そこにいる人類は未知の異星人により連れてこられていてワープ技術を持っていないまま200年生き延びた種族だからPrime Directive(いわゆる「艦隊の誓い」)に従うと干渉することは出来ず・・・というすごくスタートレックにありがちな話で、かつ、監督がジョナサン・フレイクス(TNGのライカー副長役で、劇場版「ファーストコンタクト」の監督)という、「ああ、すごくスタートレックです」という感じ。この後が楽しみ。果たして迷えるスポックは登場するのか。

残念なのは、アフタートレックがなくなっちゃったこと。まあ、いいか。あれがあると1週分がすげー長いし。でも、あのおじさん好きだったんだよなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2019 | Main | March 2019 »