« April 2018 | Main | June 2018 »

人間をお休みしてヤギになってみた結果/トーマス・トウェイツ

その昔、トースターを作るのに鉄鉱石を入手するところから始めるプロジェクトで人々を感心させ、そして呆れさせた彼の新しいプロジェクトが届きました。知らない人は、彼のTEDを見れば10分でおおよそ理解できます。

いや、すいません。前作の「ゼロからトースターを作ってみた結果」の方は読んでないんですけど。面白い試みだと思いましたが、1つずつのトピックとしては、まあ、だいたいは知ってるかなと思ったので。

このトーマス・トウェイツさんは、一言で言えば現代芸術家です。彼が研究者やノンフィクション作家だったなら、例えば「トースターはすごく安く買えるが、それは21世紀の文明ありきで、それなしに作るとしたらどうなるのか」ということを調べたら、それについて本を書けば仕事は完了です。数年前に話題になった「この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた」はそういう本です。しかし、彼は芸術家なのでモノを作らないと意味がありません。

言うなれば、明和電機さんと同じカテゴリーの人ですね。ある思想やテーゼをマシーンとして形にして、人を感心させたり、笑わせたり、呆れさせたりするのが、明和電機。絵画・彫刻に限りませんが、何らかの造形物やパフォーマンスの形まで作り上げるのが、彼らの仕事です。あのトロけたトースターは博物館入りしたそうですよ。

しかしながら、現代芸術家の生活はそんなに楽ではありません。学生時代にトースタープロジェクトがヒットしたこともあって、デザイナーとしてひとまず食うには困らないだけの仕事はもらえているものの、定職もなく、姪っ子の犬を散歩させながら通勤ラッシュの人々をカフェから眺める33歳の男。このままでいいのだろうか。将来が不安だ。この苦しみから逃れたい。

「そうだ、人間をお休みしよう。動物になろう」

いやいやいや、何言ってんのトーマス。しかし、新しいプロジェクトを思いついちゃったから企画書書いてみます。「四足歩行を可能にする外骨格を作成し、草食を可能にする人工胃腸をつくり、脳内の記憶中枢と言語中枢をカットして、<ゾウ>になってアルプスを越える」って、そんなプロジェクトに誰が・・・なんと医学研究支援団体から資金提供が。やるんですか。書いてあることのどれ1つ取っても第1線級の研究テーマだと思いますが・・・。

しかし、そこは芸術家ですからね。やるしかない。芸術家だから、そこに科学的な正しさや新規性、検証可能性などは必要ない。でも、実際に自分でやらないと芸術にはならないわけです。

というわけで、到達しているポイントが表紙の写真です。だいぶ仲良くなってます(笑)。

まあ、申請書に書いちゃったからしょーがないってのもありますけど、相当いろいろやってます。章立てを見ると、彼の真剣さがよくわかります。

  1. 思考
  2. 内蔵
  3. ヤギの暮らし

1章でシャーマンに会いにコペンハーゲンに行き(ゾウなんて馴染みない動物じゃなくてヤギになりなよというこの本のコンセプトに関わる助言をもらう)、2章で神経学者に会いに行き(側頭葉に強磁場をかけてもらう)、3章で動物学者兼義足装具士に会いに行き(延長前肢とハイソールを作ってもらう)、4章で草食動物の胃腸の研究者に会いに行き(ヤギの体内微生物を自分に移植するのは絶対やめたほうがいいという助言をもらう)、最後にスイスのヤギ農家のところに行きます。

行った先で全員に「無理だろ」「死ぬなよ」「取り返しの付かないことになりますよ」と言われながらも、死にたくはないのでなんとか妥協点を探り、粘り強くプロジェクトを進めるトーマス。すごいなあ。彼の学際的な知識欲と実行力はホントに素晴らしい。こんな有能な彼がなんでこんな役に立たないことをやっているのかとちょっと残念に思う気持ちがないでもないけれども(笑)、でも、芸術家として世界中の人々を感心させて、そして笑わせているんだからとっても有意義なことです。

もちろん、四つん這いになってヤギと一緒に草喰んでみても、それ自体から得られることはあんまりないわけです。でも、そこまでたどり着くまでの真剣なリサーチは非常にためになります。哲学的でもあり、科学的でもあり、医学的でもあり、ものすごくプラクティカルな学び(ファンドから資金提供されたプロジェクトを変更する、例えば象からヤギに目的を変えるなどというときには、ちゃんと説明しないとヤバいとか。そりゃそうだろ)もあり。思いのほか、ためになっちゃう本です。全編、彼の軽妙なユーモアたっぷりの文章が続き、ゲラゲラ笑いながら楽しめます。オススメです。

トースターの方も読んでみることにしよっと。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2018春アニメ 1話感想 そのに

[宇宙戦艦 ティラミス]

マンガが原作。原作既読です。

巨大ロボットの中に引きこもりがちな主人公が巻き起こすナンセンスギャグ。原作も最初は馬鹿馬鹿しくて面白かったんだけど、発展させるのが難しいネタっぽいです。なんか、苦労している感じがします。

アニメの方は思い切ってショートアニメになっていて、原作の良さを上手く引き出していてGood。つか、大塚明夫さんがナレーションをしていると、何でも面白いわ。

[多田くんは恋をしない]

大塚明夫つながりで、次はこれ。「月刊少女野崎くん」のスタッフ再集結によるオリジナル作品です。

監督・シリーズ構成・総作画監督が「野崎くん」のまんま。制作も同じ動画工房。オープニングを歌うのはどちらもオーイシマサヨシ、OPの作画をどちらもりょーちもがやっていて、主人公のCVはどちらも中村悠一・・・という、すごく既視感のある作品。でも、絵柄、声、演出に見覚えがあっても、そこでやっているお話はもちろん全然違うわけで・・・なんだろう。あれかな。好きな劇団のお芝居をまた観に来ました的な感じかな。

ちょっと京アニ日常系を思わせるようなゆったりとした空間、写真部っていう絶滅しかけの文化部設定、金髪清楚系ヒロイン・・・と10年ぐらい前のアニメの美味しいところをぐしゃっと集めてきたような作品ではあるんですが、料理の仕方が上手いので美味しくいただけます。面白いですね。タイトルで「恋をしない」と謳ってますが、しないと話にならないのでどうなりますことやら。

CVでいうと、ニャンコビックという飼い猫の(心の)声を大塚明夫さんがやっていて、こういうのさせたらもう、右に出る人はいません。自然と笑っちゃう。そして、主人公の友人のナルシスト男子を宮野真守さんがやっていて、これまたこういうちょっとイタい感じのキャラをやらせたら完璧。宮野さんの一番美味しいところが出ていると思います。

[銀河英雄伝説 Die Neue These]

次は宮野真守つながりでこの作品。言わずと知れたベストセラー小説を再びアニメ化です。

Milueが田中芳樹のファンなので、小説もアニメもちょろっと囓ってはいるんですが、「アルスラーン戦記」もやったし、リブートさせるにはちょうどよい感じなのかもしれませんね。この作品にとってそれほど重要な要素ではないとは言え、さすがに前のアニメの艦船や戦闘機のデザインは古くさすぎなので、CGバリバリでその辺りを上手く見せてもらえるとメカな人達もぐっとのってこれるんじゃないでしょうか。プラモ欲しい。

で、まさに主役のラインハルト閣下の声が・・・宮野真守さん。いや、格好いいんすよ。格好いいんすけど、どうしても宮野さんというと"銀河美少年"のイメージが今でも強い。なので、「ただこい」の方がぴったり来るイメージがね・・・。聞いててちょっと笑っちゃいます。

とりあえず、Milueと見ていると、このキャラの絵が前作と違うだと、あのエピソードがないだの楽しそうにぶーたれながら見ていまして、愛されてる作品だなあと思います。1シーズンテレビでやったら続きは劇場イベント公開になるというのもイマドキっぽい感じっすね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2018春アニメ1話感想 そのいち

GWが明けてしまいましたがな

[重神機パンドーラ]

マクロスの河森正治さんのオリジナル。河森さんはオリジナルをどんどん作っていて偉いすなー。

といはいうものの、どうにも河森さんの作品と相性の悪い私。というかマクロスF以外、どれも最後まで観られたことがない・・・。今回も無理かなあ・・・。なんだろう、作品のテンションに乗っかっていけないんですよね。これは私個人の問題っぽいんだけど、うーむ。

この作品も1話の前半まではなんとなくよかったんだけど、最後のアレなんなのよ・・・。置いてけぼりにもほどがある。

[LOST SONG]

むしろ、こっちのほうがマクロスなんじゃないのかと。オリジナルです。

中世風の世界観。不思議な力を持つ歌を歌う2人の女の子。ある日、村が襲われ主人公とその幼なじみは悲しみを背負い、旅に出る・・・うーん、すっごくゲームみたい。安定した構造で、悪くはないと思います。うん。絵もキレイだし。ただ、ちょっと演出が野暮ったい・・・古くさく見えますね。でも、それも悪いことじゃないし。

[ウマ娘]

今期のPA WORKS。スマホゲームが原作(?)です。

現実の有名な競走馬を女の子にするというストレートな発想はいいですね。すごくゲーム向きです。私のように競馬にさほど興味がなくても、サイレンススズカ、オグリキャップ、スペシャルウィーク、ウォッカなんて馬名にはなじみがあります。競走馬だから自然とゲーム性もあるし、アイドル設定も入れて「勝てばセンター」なんてのも上手くはまってます。課金ターゲットは完全に中年男性。競馬とアイドル、これは強いコンテンツですよ。

そして、こういうゲームのタイアップアニメってだいたいがろくでもないんですが、そこはそれ、さすがのPA WORKS。1話は十二分に面白かった。これは良い感じにヒットするのでは?あとは、ドジョウはまだ柳の下にいるのかってことが問題なぐらいですかね。

[魔法少女 俺]

マンガ原作・・・なの?よく知りません。

男が魔法少女に変身したら女の子になる・・・ってのは何年か前にあったような気がしますが、こっちは女の子が魔法少女になったらよりにもよって男になってしまうという、男性視聴者からみたら誰得なお話。まあ、ターゲットは女性ですね。

ギャグのテンポも悪くないし、主人公のダバ絵がすごく可愛くなかったり、キャラの魅力をそぎ落とすほどの音痴だったりと、萌え萌えしていないところがかえって見やすい気すらします。ただ、主人公が恋する男が見事なまでに魅力ない無口・無気力男子なのはちょっと・・・。後からここになんか被せてくるんですかね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« April 2018 | Main | June 2018 »