« 飛行機の中で映画を観る | Main | アルテミス/アンディ・ウィアー »

F1GP 2018#1 オーストラリアGP

さて、答え合わせの時間です。

開幕時点でのチーム間序列がはっきりしました。

  1. メルセデス
  2. フェラーリ
  3. レッドブル
  4. ハース
  5. ルノー
  6. マクラーレン
  7. フォースインディア
  8. ウィリアムズ
  9. トロロッソ
  10. ザウバー

このような結果になりました。

メルセデスとフェラーリの間には差があり、レッドブルまでの3強とそれ以下の差はまたかなりある感じです。ここまでは予想通り。で、3強のうちメルセデスと残り2チームの差はどうかというのが1つの注目点でしたが、「絶望的ではないが、明確に差がある」というのが答えでしょうか。フェラーリ、レッドブルのドライバーも超一流ですからいくつかは勝利を奪うでしょうが、基本的にはメルセデスの勝ちですね。あとは、ボッタスとハミルトンで星を分け合ってダントツになるのを避けて欲しいところですが・・・開幕戦を見る限りは、ハミルトン5回目のチャンピオン決定、おめでとう!・・・ですな。

ただし、メルセデスの優位性は確実に減っている感じです。というのも、PUの性能がそれほどずば抜けているわけではなさそうだから。フォースインディアとウィリアムズが下の方にいるのがそれを意味しています。というか、この差がつくということは、やっぱメルセデスの車って速いのねと。すごいなあ。

さて、このGP最大の驚きと言えば、ハースの大躍進。去年のフェラーリのパクリでしょ?っていうのは簡単ですが、じゃあ、パクればいいわけですよ。エンジンとギアボックスがフェラーリですから、マシンのコンセプトを似せてしまった方が得なのは当然。ハースは良い仕事をしました。しかしまあ、2台ともタイヤ交換に失敗してリタイアというのは・・・悲痛ですね。胸が痛い。長くF1を見てるけど、2台とも失敗したってレースは初めてかも知れないです。

次にルノー。エンストンのチームはダテじゃないですね。今年は2台できっちりポイントを取っていけるでしょう。ドライバーも3強を除けば最強の布陣だと思います。ハースの開発の手が止まってくれば、十分に逆転はあるとみた。ベストオブレストの筆頭は、依然としてルノーかな。

マクラーレンは6番目のチームというところ。前に何かないとポイントが取れないというポジションで、まあ、正直言ってこのポジションじゃ満足できないからホンダにスイッチしたわけだから、大きな回り道のあげくに戻ってきましたというところ。とはいえ、マシンコンセプトの変更がありつつもちゃんと速いマシンを作ってきたし、テストで出たクーリングの問題をきっちり解決しているのはさすがです。年間を通じた開発力には定評があるし、ルノーとベストオブレストをがんがん争って欲しいと思います。個人的にはオレンジに変わってマシンデザインは気に入っているので、グッズに期待してます(笑)。

で、まあ、バンドーンの順位がマクラーレンの本来の位置だと思うんですが、なんだかんだで5位をもぎ取って帰ってくるアロンソは凄い。こんないいドライバーがチャンピオン争いを出来ないのは可哀想だと思いますけど、でも、アロンソが中団を走っているからこそ面白いってのも本音で、注目していきたいです。

メルセデスカスタマーの2チームは目立ちませんでした。2チームのポテンシャルの差は、そのままドライバーの差って気もします。ドライバー入れ替えたら多分順位が逆になるよね、ここは。まあ、でも、しょうがない。ウィリアムズの2人の成長と、フォースインディアにマシン改良の費用が残っていることを祈ります。

ドライバーの差といえば、トロロッソも厳しいです。チームのドライバー2人ともがメルボルンが初めてってのはかなりのハンデのはず。やはりシーズン後半の2人が走ったことのあるコースに行くまでは厳しい戦いが続くはずです。ホンダは・・・まあ、気楽に走らせたり壊したりできるようになったんだから、ばんばん壊してばんばんアップデートすると良いと思います・・・とかいってる端からMGU-Hが1つ壊れてますが(笑)。

さて、ザウバー。ここはお金さえあれば必ず上がってくるはず。今年はしょうがないけど、いつまでもグズグズの状態をマルキオンネ会長が許すはずもないですから、いつまでもテールエンダーのままではないはずです。それはともかくとして、もっと赤く塗ろう!。フェラーリを黄色くしてでも、こっちをばーんと赤にしましょうよ<無理です。

というわけで、この序列がどうなっていくのか。どこが美味しいアイテムを見つけてこの順列を壊していくのか。長い一年、楽しみですね。

最後に、ベッテルの優勝およびアロンソの躍進の原因になったVSCですが、今回のようなアドバンテージを取れるのは本質的にルールの欠陥だと思います。隊列が安定するまではピットクローズにしないとダメだと思うよ。

それ以外の演出の変更などはばんばんやってもらってOK。やってだめなら戻せばいいんだし。リバティメディアの方向性は非常に評価してます。

あ、もうひとつ。今回、DAZNのF1ゾーンというフォーマットで観戦したんですが、メイン・オンオード・タイミング・スタッツの4分割画面での視聴はとてもよかった。今年はずっとこれで観ます。さらばフジテレビ。GPニュースは見るけどね!

|
|

« 飛行機の中で映画を観る | Main | アルテミス/アンディ・ウィアー »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/66540334

Listed below are links to weblogs that reference F1GP 2018#1 オーストラリアGP:

« 飛行機の中で映画を観る | Main | アルテミス/アンディ・ウィアー »