« November 2017 | Main | January 2018 »

横浜駅SF/柞刈湯葉

日本SF大賞の候補作が発表になりましたけど、どれも読んでませんでした。これはイカン。

というわけで、今年話題になったといえば、これかなってことで「横浜駅SF」を買ってきました。読みました。これは面白い。

「日本で初めての鉄道駅として生まれて以来、ずーっと工事をしている横浜駅は、このままずっと新陳代謝として拡張・成長し、日本を飲み込むのではないか」という思いつきから、「日本中が横浜駅に飲み込まれた世界」を妄想。「横浜駅ディストピア」世界観をしゃくしゃくと組み上げてしまうSF的教養の高さはお見事で、お話自体も「そんな世界での日常系」にはしないで、ちゃんとこの世界の終焉を描こうとするところもすっごく好印象。やー、ご立派です。何だろうね、SFファンがSFファンを喜ばすために「こういうのが書きたい」って思うタイプの作品です。

もっとも、それが故にかなり内輪ウケな雰囲気もあって、各章のタイトルが有名SF作品のもじりだったりするところに象徴されますけど、SFファンじゃないと面白さは2割減ってところもあるだろうし、「SUICA生体認証システムを体に埋め込んでない人はエキナカから自動改札によって追い出される。ただし、6歳未満は対象外」とか「デフレが進行した結果、通貨単位はミリエンに移行。SUICA生体認証システムを体に入れるには、50万ミリエンという大金が必要(つまり、未だにSUICAのデポジットは500円なのねw)」なんてところのネタの面白がり方がすごくSFファンっぽいので、普通の人には「なんじゃこりゃ」ってなる可能性もなくはないかな。

ともかく、戦争とそれによる技術の暴走によりロストテクノロジーしたディストピアって面白い設定ですね。読んでいるとどんどんこの世界に何があったのかおぼろげにわかってくる辺り、貴志祐介さんの「新世界より」を読んでいるような楽しさがありました。うん、「新世界より」からダークを抜いて、バカを足したような感じです(笑)。

SFファンの与太話が最高に盛り上がったような世界観で、きっちりお話を簡潔させた手腕が素晴らしいし、あとがきを読むだけでこの著者のセンスの良さは間違いないわけで、こりゃ、楽しみな人が現れたものですな。おすすめです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

スターウォーズ 最後のジェダイ

ep8観てきました。

もちろん楽しみました。映像は大迫力。見所はたくさんあるし、展開も、まあこれほど世界中で予測されまくっているので想像を超えるのは難しいと思いますけど、それでも大多数の観客をあっと驚かせるものだったんじゃないでしょうか。十分に合格点。スカイウォーカーの血筋の話、レイとフィン、そしてカイロ・レンという新世代の主人公3人ドラマとしては最高!・・・なんですが。

・・・と、この後はもうネタバレをせずには語れませんから、観ていない人はここまで。観ない理由はまったくないと思いますからとっとと観てきてから、この後を読んで下さい。

いいかな?

長ーい長い2時間半にわたる映画を見終わってまず最初に思ったのは、「これ、銀河のレベルでは、何も起きてないんじゃない?」ってことでした。

この映画ってレジスタンスが、ファースト・オーダーの艦隊からひたすら逃げるっていうだけの話なんですが、お互いがもともと銀河帝国、新共和国軍それぞれの残党で、ep7の段階では割とそこそこの資金力と手勢を持っていたように見えたファースト・オーダーも自身の命運を賭けて建造したスターキラーを破壊されてしまって見る影もなく衰えています。

レジスタンスの方が、残りのクルーザーが数隻しかないというレベルで衰退しているのでファースト・オーダーの方が強そうに見えるんですが、そちらにしても1番偉い奴、2番目と3番目に偉い奴がまとめて艦隊にいるわけで、つまり要するに画面に映っているので全戦力にほぼ等しいってことですわ。ということは、星間無差別大量兵器であったスターキラーが亡くなってしまえば、今、画面に映っている以外の銀河のほっとんどは平和ってことですよね?(笑)

「やつらを根絶やしにしてやる!」とファースト・オーダーはレジスタンスを追い回しているわけですが、じゃあ、レジスタンスを壊滅させて何がしたいのん?今回、ファースト・オーダーにもレジスタンスにも武器を売っている武器商人達が出てきましたが、あの人らは確実にファースト・オーダーを上回る戦力を作れますからね。

というわけで、けっこうせせこましい話になってます。

そこが不満で、nacと映画を観た後でいつものメンツで忘年会になり、観ていなかったドック(仮名)にこういう説明をしたんですが、その場で思いついて、この状態をガンダムに例えてみました。

「機動戦士 ガンダム」というお話は、ジオン公国と地球連邦軍がどっかーんと戦争をしているさなかに、たまたま乗り込んだ戦艦に乗って戦争に巻き込まれていく主人公達を描いた作品でした。つまり、ホワイトベースの話は全体の戦争の中の、ほんの一部を切り取ったもの、それも歴史の片隅のお話だったわけ。

ところが続編の「機動戦士 Ζガンダム」は、前作で勝った地球連邦軍内のクーデターのお話で、主人公達が乗るアーガマという戦艦は、クーデター軍の中心となる艦で、アーガマのお話がそのまま歴史の中心になっていました。ちょっとスケールが小さくなっちゃった。

で、さらにその続編の「機動戦士 ガンダムΖΖ」では、内戦で地球連邦軍は分解状態になり、そこに押し込み強盗的に世界征服をしに来たジオン残党軍と、アーガマ1隻だけが戦う話になっちゃいます。アーガマが歴史の中心どころか、歴史そのものになっちゃうんです。これ、もの凄くep7-8の状況に似ています。

今作のラストで、レジスタンス=ミレニアム・ファルコン号になっちゃうワケですけど、これまさにΖΖ状態です。

しかし、船1隻(というかファルコンじゃあそれにも達しないわけですけども)でどうやって勝つのよと。ΖΖはどうなったかというと、ネオ・ジオンを名乗ったジオン残党軍は分裂して共倒れになってめでたしめでたしになります。おー、ep9が見えたね。

ファースト・オーダーが暴走するハックス将軍と、どうしてもワガママが止められないカイロ・レン君の2派に分裂して、ハックスを止めるためにやむを得ずカイロ・レンに協力するフィンとレイ。ハックスを倒した後で一人の女を巡って決闘するカイロ・レンとフィン。でも、結局一番強いのはレイなので、二人ともお仕置きされて一件落着ですな。すごいな、富野さん。もう出来てんじゃん(笑)

という、バカ話は置いておいて、主人公達のお話はちゃんと作り込まれているにもかかわらず、世界の方は置いてけぼりなのは、やっぱ不満ですね。あの世界自体もスターウォーズの魅力ですから。そういう意味ではやっぱep1〜3は好きなんだよね。共和国とそれに与しない勢力、共和国に協力しているけど独立しているジェダイ・オーダーという社会情勢がちゃんとあって、オビワンとアナキンはその世界でヒーローとして次々に銀河の各地で大冒険を繰り広げ、裏では悪い奴がこの情勢をひっくり返す悪い企みをしている。

それに対して、ファースト・オーダーは何がしたいのか、レジスタンスもファースト・オーダーがあれだけめちゃめちゃなことやってるのに何でならず者軍隊で対抗しようとしているのか。経済制裁とか、禁輸処置とか、ちゃんとやってください(笑)

そして、今回の映画はそういう世界情勢において、必死こいて逃げているレジスタンスが、出し抜いたと思ったらバレてて、でもなんとか不意を突いて一撃食らわせた、と思ったらやっぱりバレてて・・・というのが2時間半続くんで、とにかく長い。そして、「やっぱりバレてて」の度に格好いい戦士達や、なつかしのキャラ達がばんばん死んでいくんで、「どうなっちゃうの?」的な盛り上げはあるんだけど、だんだん寂しくなっていくんですよね。で、最初は数隻の戦艦で逃げていたはずが、最後の最後はファルコンに全員乗れるだけしか生き残ってないけど、なんとか逃げ延びました・・・で終わるわけで、見終わった後、高ぶらない映画です。

まあ、しょうが無いけど。ここで解決しちゃったら次を楽しみに待てないんで。わかってましたけども、すかっと「おもしろかったー」とは言えないですよね。

オープニングのポーのスーパーエースぶり、スノークとの対決、新キャラのローズ、ペンギンたち、赤い煙を巻き上げての最終決戦、ルーク無双、ここで出てくるのマスターヨーダ・・・などなど、語りたいポイントはいっぱいあるんだけど、ひとまず、気になったことを書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

Amazon Echoを買った

正確には、Amazon Echo Plusを買いました。一番高い奴ね。

これって今はAmazonで「購入希望」の意思表示をして、招待メールをもらうまで購入出来ないんですが、メール希望を押した段階では3モデルのどれを買えば良いのかちゃんと調べていなくて、「まあ、一番高いのにしておくか。そんな1万も2万も変わるわけでもないし」と決めちゃったんです。でも、Plusの機能はまったくもって不要でした。

Plusは何ができるのかというと、「ホームハブ」機能が入っています。Philips Hueを買うと最初に買ってLANに繋がないといけない、アレです。アレとランプはWi-Fiとは違う別の無線通信で繋がっているので、ランプをLAN経由で制御するにはブリッジが必要で、アレは要するにブリッジなわけです。なんか、説明ヘタか、私(笑)。

Hueの他にもこの別の無線通信を使うIOTデバイスを使うとそっちにもブリッジはついてきて、家中ブリッジだらけになる。けど、「ホームハブ」機能はそいつらを統合して管理出来るよ、といった感じなんですが・・・。日本じゃHueの他にこんなことしてるデバイスほっとんどないわけで、全く意味なかった。まあ、数年後、役に立つことがないとは、いえない・・・ぐらいですな。役に立つ世の中早くカモン。

というわけで、Plusの部分はまったく考慮しないでAmazon Echoを評価します。まず、音声コマンドの聞き取り能力はものすごく素晴らしいです。おおよその日本人が想像するレベルよりかなり上。まあ、現代人のほとんどはHey Siriなり、OK Googleなりをやったことあるでしょうし、それと比べて同程度なんですが、ウェイクワードの聞き取りがほぼ完璧(逆にHey Siriは微妙で、Siriは手で呼び出しちゃうことの方が多いよね)なので、安心してコマンドを呼び出せるのはかなりの好印象です。

ただし、言ったことを聞き取れているのと、コマンドを実行できるのは別の話で、Amazon Echoは自然な会話をするというよりは、音声でコマンドを伝えることを想定した作りになっているみたいです。きっちりコマンドを伝えれば、きっちり聞き取って、きっちり実行してくれます。高い期待はできないけど、期待は裏切らない。いいですね。

例えば、リビングに付けているHueの電球を点けたいとしましょう。ウチではHueの設定で、4つの電球をグループにして「リビング」という名前にしています。この状態で、「アレクサ、リビングの照明をつけて」というと、「リビング照明、は認識できません」と何か勘違いしたご様子。Hueのスキルの説明にある命令の例を見ると、グループ名はそのまま対象として理解するような感じ。そこで、「アレクサ、リビングを点灯」「アレクサ、リビングを電球色に」「アレクサ、リビングを消灯」などのコマンドっぽいしゃべり方をすると、きっちり動いてくれます。

ちなみに「アレクサ、リビングを消して」というと「その操作は音楽再生中にしかできません」と言い返してきたりするので、「つける、消す」のような言葉より「点灯、消灯」のような言葉の方がアレクサが迷わなくていいみたい。

さて、話題のスマートスピーカーを買ってみようかなと思っている人にとって、GoogleとAmazonのどちらを選ぶかという問題があります。私がGoogle HomeじゃなくてAmazon Echoを買った理由は、やっぱりウェイクワードに「コンピュータ」を使えることです。

上の例では「アレクサ」と呼びかけてますが、セットアップ時に速攻で変更しました。スタートレックファンなら、「コンピュータ、アールグレイをホットで」とやりたいところ。コンピュータはともかく、レプリケーターがありませんから無理なんですけども、同じような気分で「コンピュータ、アラームを1時間後に」とやりたい。「アレクサ、1時間後にアラームをセットして」というのは気恥ずかしいけど、コンピュータに命じるのは見慣れているのでまったく自然にできるのが不思議です。で、Milueと会話するときにはAmazon Echoのことを「アレクサ」と呼び、そのアレクサに呼びかける時には「コンピュータ」と呼びかけてます。「今日って寒いのかな?」「そんなことアレクサに聞きなよ」「コンピュータ、今日の天気は?」といった具合。

ただ、アレクサにお願いすることは、実はあんまりなかったり。せいぜい、電気をつけて、アラームをセットして、天気予報を聞くぐらいです。命令するだけで事足りるような用事がそもそもあんまりないし。

ユースケースはSFに学べ。ではスタートレックでコンピュータに指示をしている場面を思い出してみますか。

「コンピュータ、データ少佐の現在位置は」

これ、いいですね。Milueがまだ会社にいるのか、もう帰宅しているのか、スーパーで買い物中なのかわかるのはありがたい。是非使いたいユースケースです。

「コンピュータ、航星日誌から未知の生命体に言及しているものをリストしてくれ」

メールの検索はやって欲しいところ。検索件数をみながら条件を付け加えていくことが出来るといいですが、アンドゥができないといけないのはポイント。つまり、0件になったら検索条件を1つ戻ることができないといけません。さらに、最終的に検索結果をディスプレイに表示する機能が欲しいですね。結果をスマートフォンに表示することが出来て欲しいし、もっと言えば、Fire TVを使ってテレビに出せるようになって欲しい。つか、やっぱりディスプレイは欲しいよな。

「コンピュータ、ホロデッキが機能しない原因は何だ?」

エラーの原因について、自分できちんと報告してくれるのは嬉しいですね。今だと「すいません、わかりません」とか「今度までに勉強しておきます」などのちょっと人間っぽい対話をしてくれますが、もうアレクサには完全にコンピュータ然としていてくれた方が好みです(笑)。そういえば「コンピュータ、リビングを点灯」とすると「はい」とだけ応えてくれるのですが、これはスタートレックと同じように肯定を意味するサウンドの方が良いですね。もうね、スタートレックモードつけよう(笑)。

というわけで、AIとしゃべろうとかくだらないことは考えずに、もっと音声コマンドをがしがしと入れていく生活が普通になるといいなと思いました。今後に期待です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« November 2017 | Main | January 2018 »