« October 2017 | Main | December 2017 »

僕と君との大切な話(3)/ろびこ

以前にも一回、おすすめしましたけど、ろびこさんの「僕と君の大切な話」の最新巻が面白かったんで、また話すことにします。

1巻では、舞台は駅限定で、ホントに2人で話しているだけだったこのマンガ。2巻では舞台を学校に移し、2人の周囲の人間関係もチラホラと垣間見えるようになりました。

そして、「恋愛戦国時代編」と銘打たれた3巻(完全に誇大広告^^;)では、その周囲の人々の恋愛模様も徐々に描かれていきます。

てな話は、まあどうでもよくて、面白いから読んでねと。

ここからは読んだ人向けに、3巻で私が気になったところの与太話をします。

季節も進みさすがに寒くなってきたので2人が話をするのも室内になりました。第2理科準備室。文芸部とルームシェアしてます。なるほど、こんな事情で東くんは文芸部と交流があったんですね。

2巻のカバー下で「文化系硬派」と評されていた文芸部部長の浜田まりん、略してはまりんですが、3巻では彼女の読書傾向が明らかに。

ブラッドベリの「火星年代記」、新井素子の「チグリスとユーフラテス」、ハインラインの「月は無慈悲な夜の女王」。うん、完全にこっち側の人です(笑)。ああ、かわいいなあ、はまりん。

ちなみに、東くんが読んでいるのは

「金持ち父さん貧乏父さん」ですね。

東くんは1巻から振り返ると確認できたのは、太宰治の「人間失格」、「自分の小さな『箱』から脱出する方法」、トルストイの「戦争と平和」、カーネギーの「人を動かす」、梅原大吾の「勝ち続ける意志力」、2巻では村上春樹の「職業としての小説家」、キイスの「24人のビリー・ミリガン」。3巻ではこれの他に、なぜか「エルマーのぼうけん」を読んでたりします。

うーん、なんだろう。高校生男子としてとても残念な感じだ(笑)。すごく「らしい」けども。

そんなはまりんは、相沢さんのことが好きすぎて東くんに嫉妬しまくり、八つ当たりしまくりだったんですが、3巻では完全に恋の奴隷(笑)。チョロい。チョロすぎるよ、はまりん。でも、そんなところがかわいい。でも、絶対彼女にしたくない(爆)。

そんな荒ぶるはまりんはさておいて、順調に関係を深める相沢さんと東くん。いや、全然順調じゃないか。でも、距離は縮まっているのは確か。とはいえ、東くんのこのモノローグは秀逸。

そうなんだよ、ホントにそうなんだよなー。人生の真実を知る男、東司朗。その力でフラグをへし折ろうとしています。しかし、相沢さんも頑丈でなかなか折れないところが面白い。

次は、ちらっとしか出てこないし、劇中でもはっきり語られないんですが、相沢さんの弟さんを巡って家の前で女子2人がシュラバっている場面。弟の名前はリュージ、らしい。確か、カフェインくんの彼女が二股してたもう一人の名前もリュージでしたね・・・もしかして、この2人のどちらかがカフェインくんの元カノの「えりな」ちゃんなんでしょうか?

まあ、本筋にはなんの関係もないんですけど。

3巻は、「恋愛戦国時代」というからには、三角関係だの片思い連鎖だの恋の鞘当てだの、そういうものが不可欠なわけですが、リュージくんを巡る女の戦いを除けば、センゴクしそうなところがあまりない。実はこっそり環くんは相沢さんのことをいいなと思っている様子(単に自分に興味がない女性が珍しいのかもしれないけど)。でも、環くんは参戦してきそうな様子はなし。他に恋愛模様がありそうなところが見当たらない・・・と思っていましたが。

なんとカバー下にぶっこんであったという(笑)

えええええ。いや、どの子?というか、1巻から出てるのに名前ちゃんと出たのここが初めてだし(笑)。3巻の様子を見ていると九藤さんぽいんだけど、いやー、わかんないなー。どの子でもなんかせつねー。絶対、相沢さんと勝負しないだろうし。まあ、しても勝てないだろうし。うーん

というわけで、大変に面白い第3巻でした。これからも期待してます。


はまりんが持っているのは古い版の表紙。今、買えるのは新版なので、これはたぶん図書館の本なんでしょうね

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

DSC第3話 支配する者(Context Is for Kings)

叛乱の罪で、バーナムは終身刑。護送中のシャトルがトラブルに巻き込まれ、収容されたのが・・・やっと出てきましたUSS ディスカバリー。

7話まで公開されていて、6話まで視聴済みという段階で思い出しながらこれを書いているのですが、3話は何がなんだかよくわからないという印象の回でした。もちろん、バーナム自身も状況がわからないというシチュエーションなのでそれで正しいんですが、今、振り返ってみてもかなり謎・・・。USS グレンでは何が起きていたのか。クマムシはどこから来たのか。グレンにいたクリンゴン人はどこから来て、何をしていたのか。

オープニング2話はシーズンプレミアだけあってかなり大規模な話で、さながら劇場版のような雰囲気でしたが、3話は一転して暗い雰囲気。2話の段階から劇中でどのぐらいの時間が経ったのかよくわからないんですが、完全に戦時下となっているようです。そして、これまでの正史で今回舞台となるUSSディスカバリーが表立っていないのは、この船がかなり人道にもとることも含めて行う科学調査船だったからということみたい。とにかくクリンゴンに勝つための新兵器を開発しなければならないというプレッシャーに晒されています。

うーん、DSCってこういう話なのかな。確かにここまではかなり面白いし、スタートレックの新シリーズが観られるのは嬉しいと思うものの、これまでと同じものをやっても仕方が無いというのもわかる。うーん、でもこっちかー・・・という感じでした。6話まで観た今では少し感想が変わっていますけど。ロルカ船長がとにかくガミガミだし、副長になって現れたサルーもギスギスだし、保安主任のおばちゃんも怖いし、期間主任のスタメッツもピリピリだし。バーナムも腫れ物に触るように扱われるのに怯えて余裕ないし。

さて、結局何が起きたのかよくわからなかったこの第3話で大きなポイントは、そもそもUSSディスカバリーが(および姉妹艦のグレン)は何のために作られた船なのかということが明らかになったことです。胞子ドライブ実験船だったんですね。ディスカバリーのデザインが発表された直後は、真円の円盤部に角張った第2船体はとても古くさく感じて好きになれなかったんですが、2重の輪になった円盤部が逆方向にジャイロのように回転して(意味があるのかどうはおいといて)胞子ドライブによるジャンプをする絵はなかなかに格好良くて気に入りました。

まーね、1話の「ドヤ顔で足跡でのメッセージを軌道上から見つけてもらうアイデアだされても」に引き続いて、宇宙生命体が持つ未知の高次元ネットワークってアイデアも新しくはないし(スタートレックで言えば、生命体8472とか、「マクロスF」のヴァジュラとかね)、全体に醸している雰囲気に比べてSF設定が安直かなというという気はするんですけどね。まあ、その辺りは若い人はたぶん気にならないんだろうし、良いかなという気はします。

ともかく、ここまでのところ、キャラクターの誰も好きになれない感じのディスカバリー。それを覆すキャラ達が徐々に出てくるんですが、それは次回のお楽しみ。というわけで、どんどん感想を書かないと^^;;;

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« October 2017 | Main | December 2017 »