« 測定結果を自動記録してくれる体重計が欲しい | Main | 佐藤琢磨が第101回インディ500マイルレースを制覇! »

Nitendo Switchを買って、ARMSのオンライン体験会に参加してみた・・・が、全敗した

いやー、さっぱり買えるようになりませんね、Nintendo Switch。

そんなに生産が難しいハードだという気もしないんですが、そもそもが大急ぎで開発したハードですし、可動部品やギミックの多い製品なので「増産だ!」と言っていきなり作れるもんでもないんでしょう。そもそもが、昔はゲーム機を世界同時発売なんてしてなかったものですが、今は順次の発売なんでできません(今のグローバル時代にやったら何が起きるかというと・・・想像してみてね)。

そんな世の中なので、いきなり世界全体の需要を満たすだけの供給が求められるわけですが・・・いや、今やそんな生産体制が可能なのはAppleだけです。というか、Appleでさえ、ここのところはうまくできてませんね。早くティム・クックをCEOからCOOに降格しないと(笑)。クック船長がCOOだったころは売り出したイヤホンが何ヶ月も欠品なんて不始末、ありませんでしたよ(うげ、今みてもAirPodsの納期6週間だ。どーなってんだよ)。

結局のところ、世界中の殆どのメーカーが中国のどこかの工場へ生産を委託している状況で、いざ、増産しようとしてもその工場を24時間稼働させるわけにも、生産機器を増やしてぶち込むわけにも、別の工場へ依頼して生産をスタートさせるわけにも行かないわけです。自前の工場を持っていた頃は無理もきいたんでしょうが、いまやそんなことできません。世界中のメーカーが質のいい生産委託先をばんばん押さえてる状況で、いくら作っただけ売れるとはいえ、無茶はできません。

ま、実のところ何をどうしようが新しいハードの1~2年の販売台数なんてたいして変わらないわけです。勝負は「ハードが出たら絶対買う層」に供給が一巡して、その次の段階として「家にゲーム機がない or 1機種しか所有しない」という層にどれだけ買ってもらえるかです。なので、任天堂としても販売機会をロスっている認識はあると思いますけど、そんなにリスクを取って大増産するつもりはないでしょう。「品薄商法」とかバカ言ってる連中がたくさんいますけど、あのね、生産って大変なの。ドジ踏むと会社潰れるのよ、マジで。

つまり、何が言いたいのかというと、

このままいくと、「スプラトゥーン2」が発売される7月にだってSwitchが潤沢に供給される見込みはないってことだ、ゴラァ

「ま、7月までに買えればいいや」と思ってましたけど、同梱版が一瞬で吹き飛んだり、Amazonでの転売屋の提示価格がじりじりと値上がっている気配を見るに、これはアカンと判断しました。可能性は低いけど、これでもし「ARMS」がブレイクしたら状況は絶望的になります。つか、私も「ARMS」やりたいしね・・・。

というわけで、褒められたことじゃないことは重々承知の上で、Amazonでポチっとしました。一応数日間価格の推移を見て、5/23に4万円で押しました。6/4の夕方時点では46,500円になってます。やばい、やばい。「ARMS」の体験版も意外と評判いいからなー。

そうなんです。なので「ARMS」のオンライン体験会も参加できました。思えばスプラトゥーンの試射会は楽しかったですねー。あれと同じ仕組みで、日付指定で一度に1時間かぎりの体験会が「ARMS」でもありました。土日が2週分の1日3回なのでけっこう遊べますし、ネットワークトラブルなどもなかったようです。

で、遊んでみた感想なんですが・・・これはまず、「いいね持ち」するかしないかとう問題があります。「いいね持ち」というのは、ジョイコンを手に握り込んで、実際に手を前に突き出してパンチを打つ操作方法です。この操作方法と、いわゆる普通のコントローラーで操作する方法と大きく2種類の操作方法があるわけですな。

で、バーチャロンファンとしてはツインスティックに操作が似ている「いいね持ち」が楽しいわけです。両方遊んでみましたけど、操作して楽しいのはダンゼン「いいね持ち」の方。特に、ラッシュを出すときの快感はたまりません。

テレビCMが公開されてますが、やっぱこれ見るとやってみたくなるでしょう?音楽もいいですよね。「おーおーおおお、おーおーおおお、おーお~♪」。燃えます。でも、普通のコントローラーでやると、このCMのゲームとは全然違うものになっちゃうんですよ(笑)

ただし、「いいね持ち」は結構問題も多いです

まず、両手のジョイコンを同じ方向へ傾けて移動する操作方法に確実性がないこと。ツインスティックならレバーを倒したときのクリック感がありますけど、それがないので移動が難しい。特にジョイコンを両方後ろに倒してバックさせるのが難しい。ひたすら前に行っちゃう(笑)。慣れの問題かなという気がしますが、「あれ?あれ?」とやってる間にタコ殴りされます。

そして、最大の問題。すっげー疲れるぞ、これ。1時間なんかできるかーい!

で、まあ、ちょいちょいと遊んでみたんですが・・・全く勝てません。勝率0割です。ド下手です。バトルロワイヤルで漁夫の利だったり、2VS2でバディがやたら強かったりで勝つことが皆無ではないですけど・・・いや、1VS1に限れば全敗だったかも。

すごく良いゲームですよ。操作も気持ちいいし、音楽も燃えるし、どのキャラも愛らしい。マッチングもスムーズだし、ゲーム性もいい意味で大味で楽しい。

しかしだな。

いくらなんでも1回も勝てないゲームが面白いわけないだろう!

いいんです。私が全敗していることで、なかなか勝てないヘッタクソさんが勝利の味を味わってくれるなら、私が参加していることは世の中のためになっているんですよ。私の存在意義だってゼロではないんですよね?そうだって言ってよ、うわーん。あだしだって、がぢだいんだよおおおおおおお。

まあ、買います。オフライン、ありますよね?ストーリーモードとか。それで十分です。とほほ。

そして、せっかくなので他のゲームも買おうと思ったんですが・・・。ゼルダを除くとホントに買うものないですね、こりゃ。とりあえず、「ARMS」の発売まではSwitchはしまっておきます。「ARMS」が面白いことは確定したので、あとは「スプラトゥーン」を買って、ドラクエ10をWii Uから移行させればまあもう十分。マリオには期待してません(笑)。あとは、バーチャルコンソールを充実させてくれればもう満足かなー。

|
|

« 測定結果を自動記録してくれる体重計が欲しい | Main | 佐藤琢磨が第101回インディ500マイルレースを制覇! »

ゲーム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/65369358

Listed below are links to weblogs that reference Nitendo Switchを買って、ARMSのオンライン体験会に参加してみた・・・が、全敗した:

« 測定結果を自動記録してくれる体重計が欲しい | Main | 佐藤琢磨が第101回インディ500マイルレースを制覇! »