« June 2016 | Main | August 2016 »

KINGSGRAVE FINAL FANTASY XV

何度か書いてますが、私はSEGA人だったのでFINAL FANTASYというゲームとは無縁でした。

FFXIだけは奇縁あって長らくつきあいましたが、純粋な「剣と魔法の世界」であるFFXIはなんとなく歴代のFINAL FANTASYとは違う雰囲気のような気がします。FFのイメージは、ファンタジーといいながらなにやらメカメカしい黒鉄色っぽいイメージですなあ。

そんなこれまでのFFのイメージにぴったりなFFXV。あんまり興味を持っていない私の視界にニュースサイトなどでちらちらと目に入る画面イメージは、のーてんきなにーちゃん達がなぜかアウディのオープンカーに乗って走るもの。なんなのあれ。ところが、ゲーム発売前に公開される前日譚を描いた映画の評判が結構いい。FFの映画といえば大昔に社を揺るがす大失敗をしたことで悪名高いですが、今回はメディアのレビューも観た人の評価も悪くない。気になりますか。いや、あんまり。

試しに絶対ゲームがでたら買うであろうウチの嫁の人、Milueに観に行くかと聞いたら「行かいでか」という返答がきました。それほど期待してませんが、まあ、行ってみましょうか。

というわけで、観てきました。公開から1週間が経った7/16の錦糸町オリナスのTOHOシネマズ。上演回数がそれほど多くない(1日3回だった)こともあってか、チケットは上演30分前に売り切れ。客層は7割ぐらいが20代から30代ぐらいの男性で、この手のハイエンドグラフィックなゲームをやりそうな人たちという感じでした。

さて、感想ですが、これを普通の実写映画、あるいはアニメーション作品として評価したとして、私は80点はあげられます。満足度はかなり高いです。なーんの予備知識もなくポンと見せられても「おー、凄いね。これ、CGなの?格好いいなあ」という感想になるでしょう。

世界観をきちんと絵で見せていることも良いし、人間関係の構図がはっきりしているので物語を追いやすい。主人公とヒロインの吹き替えがちょっと危なっかしいですが、他の声優さんは実力派で物語を盛り立ててくれます。ラストシーンでは、都市がひとつ吹っ飛ぶぐらいのスケールのデカい戦いと主人公と悪役の対決をきちんと対比して見せてくれ、この演出はアリだと思います。

また、「魔法VS科学技術」というモチーフなので魔法を使うんですが、主人公達が多用する魔法が、短剣を投げてその短剣の位置へワープするというもの。単純なアイデアの割にあまり観たことがない斬新な絵で、かつ、それを非常に巧く使ってスピード感とスリルある戦いをやってました。これはすごく格好いい!

ストーリーは、それほど深みのあるものではありませんが、キャラクターの動機をきちんと整理して物語をドライブするだけの役割をちゃんとするだけのものはありますし、「移民」という2016年を語る上で外せない言葉がキーになっているのも、奇しくも現代的でいいんじゃないかと思います。

あれ、べた褒めですか?いや、この後でもっと褒めます。

先に難をあげれば、まあ、いろいろあります。「魔法VS科学技術」の対決という割に、どちらも魔法(的なもの)と科学(的なもの)を使うので、差がよくわかりません。主人公は「魔法」側で「科学」側が侵略してきます。オープニングからいきなり前線での戦闘が描かれるんですが、ノリは完全にFFXIのオープニングムービーと同じ。剣と魔法で戦う味方に対して、巨大なモンスターで押し寄せる獣人軍。それにメテオを唱えて対抗する味方。ホントにそんな感じなんです。

が、えっとこのでかい蜘蛛みたいなモンスターを「科学」側がつくったの?どう見てもオカルトなんですが・・・えーっと・・・。また、戦闘員たちはどちらも黒っぽい戦闘服でリアルっちゃリアルなんですが、どっちがどっちの人なんだか、全然わからない。で、「魔法」側は押し切られて撤退。車で(笑)。このあたりの導入はちょっと不親切で観ている人を混乱させます。そういった、普通の映画なら演出されるべきことがされません。事情はわかる(ゲームと設定変えられないからね)んですが。ちとわかりづらい。

また、モーショントレースで演技するフルCGの登場人物達は非常にリアルで、ほぼ違和感なく観られるんですが、モブの動きがパペットみたいでヤバい。群衆がうまく作れないのが欠点で、まあ、それはしょうがないんですが、ちょっと興ざめします。

あと、物語のキーとなるアイテム。これの存在意義が謎です。すげーアイテムなのはわかるんですが、これが何のために作られて、各々の登場人物が何のためにこれを追っかけているのかがよくわからない。最後までみても、ツッコミどころ満載なのは残念です。

と、いろいろありますが。

これ、ゲームのオープニングムービーだとしたら100点です。すげぇ。ゲームのオープニングムービーはここまできたのか。こんなの見たことない。

仮にですね、FFXVのパッケージが二つ並んでいると思って下さい。片方は100分の拡大版オープニングムービー付きで、そのオープニングムービーは凄すぎるので迫力の大画面とナイスな音響のもとで観て欲しいのでチケットが封入されていて映画館で観て下さいと書いてあると。そのチケット封入版はとなりの通常版より1800円高いとします。

それで観られるのがこの映画だとしたら、1800円の価値は十分過ぎます。ゲーム機の進化の歴史、数々の名作オープニングに連なるものとして行き着いたところ。ゲームのオープニングはここまで来たのかと考えると感動を禁じ得ません。フルCGののゲームのオープニングムービーを満員の映画館で観る。マジですか。そんなことになったんですか、未来は。サターンとプレステの次世代機戦争に熱くなっていた20年前の私に教えてあげたい。いま、私、未来にいるよ。

剣と魔法の世界を完全に現代人の暮らしと一体化させた世界観も見事。特に、新宿新都庁ビルを滅び行く国の城と見立てて木っ端微塵に破壊したのは爽快。この映像を観た外人さんは、あれがホントに東京に建ってるビルだってことを知ったら嬉しくなって観に来るんじゃないでしょうか。魔法の世界なのにスマホもっていたり、都庁ビルがあったり、アウディが走っていたりユニクロの看板があったりして、それでがっちり成立している世界観は気持ちいいです。

いや、これは気になるなあ。このキャラ達の生きている世界のお話が気になります。この映画を観た人は間違いなくみんなFFXVをプレイしたくなると思います。いや、この映画を観た人は全員がFFXVを買うと言い切ってもいいでしょう。ただ、そもそもFFXVを買わない奴がこの映画を観に来るのかという話もあって、意味は特にありません(笑)。そういう意味でもこれはやはりオープニングムービーですな。

P.S. 「シン・ゴジラ」の予告編、すごくよかった

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

F12016#10 イギリスGP

今年は全然F1の感想を書いてませんけど、楽しく観てはいます。

まあ、もうF1はオワコンだというのは変わらないですが、それと私が好きで観ているのは別の話ですから。今年も例年と変わりなくF1は面白いです。

とはいえ、今年はインディ500マリルもル・マン24時間も、歴史に残るとんでもないレースになってしまい、そっちの感想を書けよって感じですけど。インディはラスト3周になっても誰が勝つのかワケがわからないという超ドキドキのレースで「おもしろかった!」しかないです。ほんと、インディは運ゲー。

ル・マンは、あの衝撃のラストから立ち直るのに1週間ぐらいかかりました。25年以上モータースポーツを観てますけど、あんな可哀想なレースはみたことないです。まだシリーズ戦ならあんなことがあっても次にがんばろうって言えますけど、ル・マンは本気で1年に1回しかないですから。WECの次戦で勝っても、たぶんなんの慰めにもならないでしょうね。心が痛すぎて、何にも言えません。

さて、前置きはそのぐらいにしてF1ですが、皆様にお知らせです。

今年のチャンピオンが決定しました。ルイス・ハミルトン、三連覇おめでとう。

思えば私、去年は開幕戦で当選確実を出しましたから、今年のロズベルグはずいぶんと頑張った方です。ハミルトン11勝、ロズベルグ5勝でその他のチームが3勝と予想してますね。実際は10-6-3だったので、おおよそ予想通りだったといえるでしょう。

ところが、昨年の最終戦以降、今年の開幕4戦目まででロズベルグは7連勝。F1を長く観ていますが、7連勝してチャンピオンになれないドライバーがいるとか考えられません。考えられないんですが・・・どうも「今年はロズベルグだね」とは言えない感じ。そして、第9戦の最終ラップで無様にトップを奪われるロズベルグを観て、ああ、今年も結局はハミルトンなんだねと悟りました。

あんな負け方するドライバーはチャンピオンになっちゃいけません。チャンピオンたるもの、ポイントリードをしているときにあのようにアウトからチャレンジされたら、がつんとクラッシュして2台まとめてリタイアするぐらいのスピリットがないとだめ。ポイントリードされているドライバーはクラッシュしてノーポイントに終わるのが一番痛いんですから、あそこでアウトから並んでくるなんていうのは舐められている証拠です。あれはダメだ。

というわけで、ホントのところはオーストリアGP終了時点での当確です。イギリスGPはもうロズベルグはまったくいいとこなしでした。ありゃりゃ。

ロズベルグは残り11戦で2つか3つぐらい勝つかもしれませんが、もうハミルトンでキマリです。今年は面白くなるかと思ったのに、ホントにがっかりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« June 2016 | Main | August 2016 »