« April 2016 | Main | July 2016 »

青春ラジメニアの「オールアニメーションTOP20・平成版」特集のリクエストを考える

本日の「青春ラジメニア」は特集「オールアニメーションTOP20・平成版」 。平成になってからの全アニメが対象のアニソンオールタイムベスト特集です。

我々は1曲を選んでリクエストをしなければいけないんですが、いや、無理っしょ。とりあえず、なんとか自分で20曲を選んでみました。これがTambourine版の「オールアニメーションTOP20」です。

あ、順位はつけてません。古い曲順にならんでます。そうやって選んだので。

朝倉ゆかり「Tsubasa」(1997「バトルアスリーテス 大運動会」OP)

この曲は、すごくいい曲でもすごく歌がうまいわけでもないのに心にひっかかる感じがいいんですよね。サビの「のぞみえがいていればー」の部分の歌い方が不安定なんです。その不安定さがいい。上手けりゃいいってワケじゃないから、歌は難しいですね

アニメはもうほんとに素晴らしくて。今観ると女の子がきゃっきゃうふふの日常系かしらと思うかもしれませんが、完全なスポ根。この頃に「もう男ではど真ん中のスポ根は出来ないよね、恥ずかしすぎて」という認識が確立したんだと、今になって振り返れば思います。で、今につながるアイドルものは、あれば結局のところ女の子の世界のスポ根もので、この作品が起源になっているというのが私の認識です。

もっとも、この作品もそれを狙って企画された物ではなく(だって、もともとはサターンで発売されたちょっとエッチなユニフォームを着た女の子を指導する育成ゲームだし)、脚本の倉田英之さん、黒田洋介さんあたりが暴走した結果なんじゃないかと邪推しています。5話目ぐらいまでは、可愛い女の子がきゃっきゃうふふの皮を被ってますんで、8話までみてくんしゃい。

で、感動の決勝戦をやった後、また照れて宇宙人とのギャグバトルで終わっちゃうあたりが、また「らしい」感じなのも個人的にすごく好きです。

遠藤正明「勇者王誕生!」(1997「勇者王ガオガイガー」OP)

今回もこの曲が1位なのかなあ。私たちに強烈に田中公平という名前をインプットした熱い名曲。

公平先生は先に歌詞をもらってから作曲する(詩先)のがお好きなのですが、この曲の場合、米たに監督から送られた歌詞を「いくらなんでもガが多すぎる」と半分ぐらいに削ったらしいです。いや、十分ガばっかりですけど。

で、上のYouTubeリンクはOVAバージョンで、さらに野太い男性コーラスで「ガ」が足されているという(笑)。

山根麻衣「THE REAL FOLK BLUES」(1998「カウボーイビバップ」ED)

もちろん、菅野よう子は外せない!「ビバップ」は名曲揃いですが、EDをチョイス。

アニメの方は、なんと24話を放映する枠が取れず1クール分だけチョイスして放送し、最後に「よせあつめブルース」という総集編っぽい何かを放送するという狂った感じが印象的。「よせあつめブルース」はあんまりな内容のためか、今でも媒体に入った物が入手できません。すごく好きなのに。でも、今となってはYouTubeに誰かが載っけたものを観られたりしますけど。

後にWOWOWで24話観て、「こんな話だったのかー」と感動しました(笑)。

MAHO堂「おジャ魔女カーニバル!!」(1999「おジャ魔女どれみ」OP)

これもアニソンベストとしては定番。でも、すごーく変な曲です。とても楽しそうな歌い出しから始まって、サビ前で気配を漂わせ、サビで短調へ転調します。幼児向けアニメですよ?気がつかないわけはないですから、このアニメがただ楽しいだけの番組ではないことをいきなりOPで提示してしまうというのが凄い。そんなの他に聞いたことがないです。

ちなみに、アニメ本編は見たことないのでよく知りません(笑)。これでアンパンマンぐらい脳天気な内容だったら逆にびっくりだわ

有坂美香「dis-」(1999「無限のリヴァイアス」OP)

伝説の鬱アニメ「無限のリヴァイアス」のOP。当時は「何がどうなっちゃうの?」とどきどきしながら観ていましたが、ストーリーを知っている今としてはもう観たくない(笑)。ハスキーな歌声と追い詰められたような歌詞がすごく作品にあっていました。

angela「明日へのbrilliant road」(2003「宇宙のステルヴィア」OP)

今やアニソンシンガーとして確固たる地位を気付いているangelaはここから始まった。もう歌い出しから只者じゃないです。なんというか、atsukoさんの声にぴったりの曲ですなあ。

アニメとしては今はもうあんまり話題になることもないですけど、学園物のふりをしたファーストコンタクト物だったという衝撃の最後はとても印象に残っています。そういえば、放映当時もあんまり話題にならない作品だったんですが、しーぽんと光太がキスをする回が放映されるやいなやネット中に絶叫が溢れ、「あ、みんな静かに観てたのね」とおかしく思ったものでした。

NIRGILIS「sakura」(2005 「交響詩篇 エウレカセブン」OP4)

エウレカセブンも、劇中で物語の発端になるカタストロフィを「セカンド・サマー・オブ・ラブ」と呼ぶと設定してしまうぐらい音楽的には凝った作品で、各クール4つのOP/EDとも格好いいです。一般的には代表する曲はFLOWの「DAYS」でしょうが、私はあえて終盤のOPのこれをチョイスします。アメージング・グレイスにあわせた疾走感溢れるこの曲は、ぜひOP映像と共に観て欲しい。あれ、これもファーストコンタクト物だ。

ちなみに挿入歌として、SUPERCARの「STORYWRITTER」、電気グルーヴの「虹」が使われてます。どちらもアニメを観る前から大好きな曲だったので、うれしかったなあ。

涼宮ハルヒ(平野綾)「God knows...」(2006 「涼宮ハルヒの憂鬱」挿入歌)

リクエストとしてはこれをチョイスしました。

「涼宮ハルヒ」の曲はいい曲が多いし、「ハレ晴れユカイ」は「おどってみた」文化の始まりとして重要だと思うんですけど、アニメの涼宮ハルヒの人気を決定づけたのはこのエピソードでした。後のアニメに「演奏シーンはここまでやれる」というのを見せたのも大きい。後に続く音楽アニメに大きな影響を与えましたし、「京アニはここまでやる」というを見せつけました。

この回は跳ね返りで何もかも思い通りにならずにかんしゃくをまき散らすハルヒが、初めてSOS団以外の人間から認められる、小さなエピソード。まったく原作通りといえばそうなんですが、じゃあ、そこでハルヒがどんな演奏をしたのかを実際にアニメーションで出してみることによってまったく違うレベルの密度を持っているのが素晴らしい。

Base Ball Bear「ドラマチック」(2007 「大きく振りかぶって」OP1)

Base Ball Bearはこれと、「図書館戦争」の「changes」の間で迷ったんですが、こちらをチョイス。メロディで「あ、これは」とすぐわかるのがいいですよね。

「おおきく振りかぶって」という作品の重要性についてはあんまり書いたことがないんですけど、昭和の時代に誰もが持っていた「野球観戦のリテラシー」を現代に受け継ぐ役割を持っていて、それを女性作家が書いているということについてはちゃんと考察が必要なのではないかと思ってます。ま、とにかくこれはアニメよりマンガが面白い。

May'n、中島愛「ライオン」(2008 「マクロスF」OP2)

菅野よう子さん、もういっぽん入ってしまいました。

物語も後半になって、ダブルヒロインの位置付けも明確になったところでOPがこの曲にかわり、二人のデュエット・・・というよりはバトルというような楽曲になります。そして、二人が声を合わせてサビで「生き残りたい」と歌うというなんだかとんでもない曲です。まあ、それぐらいストーリーのテンション的にヒロインは死にそうな予感に満ちていました(笑)。

今回、坂本真綾さんが20曲に入らなかったので「マクロスF」からはOPの「トライアングラー」にしようかとも思ったんですが、この2曲を見比べると、「ライオン」かなあと。

supercell「君の知らない物語」(2009 「化物語」ED)

「化物語」も多くの楽曲がありますが、supercellの1曲を。この曲のボーカルはあのやなぎなぎさんなんですね。知らなかった。

エンディングとして使われているバージョンの歌い出しは、本作のヒロインがTV版の最終回、エンディング間際でいう台詞そのままで、うまくまとまっているなあと感心したんですが、フルコーラスを聴くとこの歌い出しの歌詞は曲のかなり半ばまでいかないと登場せず、そこにまったく違う情景が歌われていてさらに感心した覚えたがあります。凄くいい曲だし、大好きな歌詞です。

放課後ティータイム「天使にふれたよ!」(2010 「けいおん!!」挿入歌)

「けいおん!」も山ほどいい曲があるんですが、最終回間際、泣かされてしまったのでこの曲にします。なんつーかね、私の中では「卒業」と聞くとこの曲が浮かぶんですわ。

「Cagayake!GIRLS」、「GO! GO! MANIAC」、「Utauyo!!MIRACLE」のOP3曲もすごい凝った曲で最高に好き。歌うのすごく大変だけど、以前インタビューで平沢唯役の豊崎愛生さんは「私が歌おうとすると歌えないけど、唯なら歌える」と言ってました。ほえー。

Lia「My Soul, Your Beats!」(2010 「Angel Beats!」OP)

Liaからはこれ。「絆色」も好きですが。「鳥の詩」はARIAやってないからしらんのね。

ちなみにこのアニメのEDも良い曲ですが、歌っているのは多田葵さん。そう、「カウボーイビバップ」のエド役の多田さんです。

nano.RIPE「ハナノイロ」(2011 「花咲くいろは」OP)

nano.RIPEも好きな曲がいっぱいありますが、最初に聞いたこれをチョイス。すごく印象に残るファニーなボーカルで、シリアスな曲をやってもクールさを保っているのが素敵なんですが、個人的には「人類は衰退しました」OPのような曲の方が好きかな。

2作続けてPA WORKSの作品が続きましたが、「花咲くいろは」はPA WORKSの名前を広くとどろかせたという意味で重要な作品ですね。

LiSA「oath sign」(2011 「Fate/Zero」OP)

LiSAさんも名前を知ったこのデビュー曲をチョイス。このぐらいの年代になるとYouTubeから公式が拾えるようになりますな。ちなみにこの人は、上であげた「Angle Beats!」の劇中バンドで歌を担当してたらしいです。へー。

朝倉ゆかりさんについても同じことを書きましたが、魅力あるボーカルってこういう感じという例。それぞれにまったく個性は違うんですが、一般に言う「上手い歌」とは違うというところが同じ。かすれ具合や声の裏返り方に魅力があるんですよね。好みもあると思いますが。

今回、20曲の中には入らなかったんですけど、声優の茅原実里さんもそんなタイプで、みのりんはわーっと歌ったときに音が広がりきらないでてっぺんで響きが頭打ちになってしまう平坦さが逆に魅力的という変なボーカルなんですが、これがとっても気になってしまうと言う感じですな。

7!!「バイバイ」(2011 「君と僕。」OP)

これはまったくこの曲だけ。アニメもすぐに観るのをやめてしまったし、7!!(セブンウップスと読みます)のこともほとんど知りません。でも、この曲にはなぜががっちりと心掴まれました。すごく好きな曲だし、サビの「マイナス1℃の雨が降る」って歌詞もすごくいいですよね。

やくしまるえつこメトロオーケストラ「ノルニル」(2011 「輪るピングドラム」OP)

40秒ぐらいまでもうぜんぜん別の曲なんで注意。変なイントロですね。

やくしまるえつこさんもあげたい曲がいっぱいあるんですが、「ピングドラム」があまりに凄いアニメだったのでこれを。といっても「ピングドラム」は今になってもなかなか消化しきれていないアニメで、お勧めもできないんですけど(笑)。「こどもブロイラー」という言葉の響きが凄い。

Nothing's Carved In Stone「Spirit Inspiration」(2012 「絶園のテンペスト」OP)

かーっこいーい!

今ではいろんな音楽を聴きますが、やっぱりギターバンドって体の奥底で原始の記憶として好きって感じがあります。何を言っていルンだ私は。

この曲はもうアニソンとかそういうのを吹っ飛ばして好き。ものすごく格好いい。あえてフルコーラスのバージョンとOPを2つ上にリンクしたのは、1分半のOPバージョンでもあの最高に格好いいベースのブレイクをちゃんと入れてることを示したかったからです。アレでやられたー。

その後、なんどかフェスでNothing'sのライブを観ましたが、もうこの曲の時は最高に踊り狂いますよ!

鈴木結愛(西明日香)、佐藤陽菜(明坂聡美)、高橋葵(荻野可鈴)、田中心春(大橋彩香)「Stand Up!!!!」(2013 「てさぐれ!部活もの」OP)

今回は「いい曲」ばっかりを集めて、明らかな企画物とかキャラソン、いわゆる「電波」はできるだけ入れないようにしようと思ってたんですが、これは誘惑に負けました。すいません。

本編もメタアニメでしたが、OPもメタOPです。出た当時、この歌詞にあわせて他の作品のOPに差し替えて「どのぐらいよくあるオープニングか検証する動画」が流行ったりしました。

「てさぐれ!」はどちらかと言えばバラエティ番組なんですが、さいっこうに面白かったです。なんせあっという間に観られるので、未見の方は是非観てください。

Goose house「光るなら」(2014 「四月は君の嘘」OP)

Goose houseはこれまた相当変わったバンドです。あえて彼らの公式チャンネルのライブ配信をまとめた動画を上に上げましたが、全員でマイク回しするスタイル。こんなの他で見たことない。なんだか全体からうさんくさい青春の香りがむせかえります(笑)。

この曲のサビ、「君だよ、君なんだよ」という呼びかけが、物語の前半は有馬から、後半になるとかをりからのものに聞こえるという物語の運びが素晴らしい。題材としてはよくあるといえば良くあるんですが、いいお話でした。曲も良くあってるしね。

ふう、疲れた・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

森橋ビンゴさんの「この恋と、その未来。」が打ち切りになってしまった

ラノベの感想を書くのもなんだか久しぶりです。

というのも、最近の作品は全然読んでいないからです。ラノベのレーベルから出る本をまったく読んでいないわけではないですが、以前から読んでいるシリーズを買っているだけで。

ところが、「文学少女」シリーズが代表作であるヒット作家の野村美月さんの「吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる」が打ち切りになってしまったんですね。ありゃまー。後に、書かれなかった話のフォローとして番外編がでたんですが単行本で1000円以上する価格になりました。うーん、まあ、わからんこともないですが、残念な結果です。

そして、「東雲侑子」シリーズの森橋ビンゴさんの「この恋と、その未来。」も打ち切りになってしまいました。あちゃー。「東雲侑子」も好きだけど、このシリーズも好きだったんだけどなあ。

お二人とも、事前に編集者から「構想通りの巻数は出せなさそうだから、短縮して欲しい」という依頼を断って、未完のまま完結ということにしています。ビンゴさんもあとがきで書いていますが、今の時代、本という形で出版されなくてもユーザーの元に届ける方法はいくらでもありますから、そういう選択になるのはよくわかります。

それはそれとして、好きで読んでいるシリーズが立て続けに打ち切りになるというのは、何かが起きている予感がしますよね。まあ、言うまでもなく今のラノベレーベルのラインナップには違和感満載です。ラノベブームのころはブームが故に実験的なものや、挑戦的なものがたくさん出ていて、それがラノベの豊かさだったんですが、ブームが終わるとどうしても売れ線のものに集中していってしまいます。

で、今、集中しているものがかなり偏ってしまっているんですよね。異世界転生もの、ヴァーチャルゲームもの、謎の文化部or生徒会もの・・・。もういいよって感じです。ただし、集中しているだけあって、売れているものはさすがにレベルが高い。またか・・・と思いながら実際に読んでみるとやはり「そうきたか」という新しい視点があるし、それなりに面白い。ただ、ファンが先鋭化してしまうとジャンルとして衰退するのはやむを得ないです。

そんなわけで、今の書店のラノベ売り場に平積みされている本は、眺めているとものすごくIQが下がっていきそうな感じで、「面白ければラノベでも読むよ。むしろ、ラノベって自由で面白い」とラノベブームのころのに獲得した読者を完全に裏切っています。各社、もちろんそれはよくわかっていて、ここ最近は、「ラノベじゃないラノベレーベル」の新設が盛んです。なんじゃそりゃって感じですが、要するにラノベの棚に並べて欲しくないってことですね。

もっとも早く出来たのがメディアワークス文庫。2015年の新刊のラインナップを観ていただけば、「これのどこがラノベじゃないの?」と思われる方が多いでしょうが、今のラノベの表紙って・・・例えば2016年5月のGA文庫はこんな感じですからね。ちょっと一緒に並べづらいです。

続いて新潮文庫nex、講談社タイガが設立されました。野村美月さんや、「とらドラ!」の竹宮ゆゆこさんは新潮文庫nexで本を出してます。今月は竹宮ゆゆこさんの新刊がでてます。今、この記事を書くためにAmazonで新刊の「砕け散るところを見せてあげる」のページを表示すると

20160604_195115

はいはいはい。そうですよ、私がこの3冊をまとめて買っていく層です(笑)。文芸書とか純文学ってすでにジャンル小説になっていて(詳しくは佐々木敦さんの「ニッポンの文学」を参照)、普通の本好きはジャンルを横断して面白そうな本を何でも読んでいるんですが、そういう人がブームの時に読んでいたようなラノベがこれらの新しいレーベルで出て行くという流れになるのならそれはそれでいいと思います。が、これらはまとめて棚が作られないので、レーベルを分けている意味がイマイチ・・・。ともかく、すこしアンテナの感度をあげて注目していきたいと思ってます。

ふぅ、この流れだと支倉凍砂さんの「マグダラで眠れ」シリーズが途中で終わらないか心配になりますなあ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

竜王迷宮からの脱出に参加してきた

すっかり感想を書くのが遅くなりましたが、SCRAPとドラゴンクエストのコラボイベント「竜王迷宮からの脱出」に参加しました。

SCRAPのリアル脱出ゲームといえば、今や説明するまでもない超人気公演であり、それなりに感度の高い人なら行ったことはなくても聞いたことぐらいはあるので今更説明は不要です・・・よね。なんか、「この週末、ドラクエのリアル脱出ゲームに行くんすよー」ってチームのメンバーに言ったら、反応鈍かったんですけど。

知らない人には適度にググってもらうとして、そんなリアル脱出ゲームとドラクエがコラボして「竜王迷宮からの脱出」が企画されると聞いた(のは、DQXTVでしたっけ?)時には、「こりゃあ楽しそうだ」と思うと同時に「チケットは争奪戦かなあ」と考えました。だってどちらも大人気コンテンツですからね。

Milueの妹が脱出ゲームマニアで「行くの?行くよね?チケット取っとくよ」という感じだったので、「えっ、そんな感じで取れるの?」と思ったら普通に取れたご様子。というわけで、参加してきました。5/13-15の3日間のイベントの真ん中5/14の13時入場のチケット。場所は「巨大神殿からの脱出」と同じ幕張メッセ。今度はホール4〜7。ひ、広くないですか?

マリンスタジアムと比べてみれば、フィールドエリアの大きさがわかると思います。ラダトーム城からメルキドまで、徒歩で2、3分はかかります(笑)。

この広さのフィールドに、ラッシュ時の駅のホームぐらいの密度で4人パーティが溢れてました。なるほど、制限時間なしとはいえ、これだけ広ければ相当な人数が同時に遊べていたはず。というわけで、14日の昼に到着したときには18時入場分の当日券はまだありました。

イベントの雰囲気は、Engadgetさんがプレス向け公開の模様を動画であげているので、そちらを見ていただくのがよろしいかと。

ドラゴンクエスト、リアル脱出ゲーム「竜王迷宮からの脱出」挑戦。 4時間1万歩超の死闘を空井美友が体験

ただし、この動画では会場はただただだだっ広いですが、実際には人であふれかえってます。移動するのに待たされることはないけど、ぶつからないように気をつけながら歩く必要があるぐらいの人の入り。でも、同じ謎に取り組んでる人達が周りにいっぱいいる連帯感というのも、このイベントの魅力です。

さて、例によってイベントの中身について詳しく書いてはイカンので後はお察しくださいという感じですが、ひじょーに楽しかったです。まあ、いつものリアル脱出ゲームに比べれば難易度は相当易しめで、詰まったら「占いおババ」コーナーにいけばヒントももらえます。むしろ、スタッフさんは混雑緩和のため「考え込んでるパーティーは諦めてヒントもらいにいきなさーい」と促してました(笑)。

我々もヒントを2回ほどもらいました。ひとつはヒントをもらって「マジかー。それはわからんわ」という感じでした。やっぱそうこなくちゃ脱出ゲームじゃないよね。

やっぱ脱出ゲームは時間無制限のものがいいですな。また機会があったら参加したいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« April 2016 | Main | July 2016 »