« 2016冬アニメ1話感想 そのご | Main | F1が死んでいく »

ぎっくり腰になった

先週末、ラジメニアに初めてFAXを出して、採用されました。うれしい。そんなうれしい瞬間を私は布団にうずくまり、しくしく泣きながら迎えました。

・・・ぎっくり腰になっちまっただよ。

きっかけは靴下を履こうとかがみ込んだだけなので、大変に情けないことです。でも、ちょっと兆候は感じてたんですよね。ここのところ寒かったところ、こわばった体でランニングして背筋に疲労感はありました。もっと準備体操が必要なのかなあ。でも、寒いときはどうしても仕方ないですよねぇ。

土曜日の夕方、ラジメニアが始まる前に夕食の買い物に行こうと靴下を履こうとしてぐきっときたわけですが、なってすぐはそれほど痛くなくて、そのまま自転車にのって近所のスーパーまで行き、買い物をして帰ってきました。スーパーのビニール袋2つ分の荷物をさげて部屋まで帰ってきて、そのまま横になり、もう起きられない。寝てても痛い。寝返りがうてない。

いたいよー、いたいよーと言いながらうつらうつらして夜を明かし、明け方トイレに行こうとしてまったく起き上がれず、30分かけて四つん這いになり、いたいよー、いたいよーと言いながらトイレまでの2mを10分かけて這いました。辛い。

日曜日はそんな感じでほぼ寝たきり。なんとか椅子に座ることはできるんですけど、完全にもたれかかってしまうか、机に手をついているかしないと体が支えられない。ご飯も片手で食べるしかない。完全にトホホです。こりゃ、月曜日は仕事にいけないかな。あれ?月曜日の午前は健康診断だ・・・。

月曜の朝になったらなんとか起き上がれるようにはなってました。もう仕事だったら休んじゃおう。家でも出来る仕事なので、ちょっと寝て、起きて仕事してを繰り返せばいいやと思ってたんですが、健康診断はさすがにいかないとどないにもならんわけで・・・。会社まで手ぶらで(とてもリュックなんて背負えない・・・)行って、健康診断です。

やあ、ほんとこんなことなら胃カメラなんて申し込むんじゃなかったよ。心電図やら、腹部エコーやら、胃カメラやら。「仰向けで寝てください」「横向きに向きを変えてください」と言われるごとに、覚悟を決めてたっぷり1分間はかけてもぞもぞと対応。くそう・・・痛い。腰が伸びないので身長が縮んだ(笑)。

最後の診察で、「どこか気になることはありますか?」と聞かれたので「ぎっくり腰になって大変痛いです」と応えたところ、「そうですか、では胸の音を聞きますね」。いや、世間話じゃなくてかなり切実に相談したいんですけど・・・まあ、別にできることもないんでしょうけど。

そんなこんなで月曜日はその後出勤して夕方まで働いて家に帰ったらもう起きられなくなっていて、火曜日の朝は月曜日より状況が悪化。腰を折り曲げてよろよろと動き回る私。夕方早めに帰宅して9時には寝てしまいました。

同じプロジェクトの同僚に、学生時代にアメフトをやっていて腰を壊した腰痛のベテランがいまして。月曜日に「いや、初めてぎっくり腰になっちゃって」というと「え、土曜日になって、それでもう動けるんですか?それは軽傷ですね」と言われました。それで、火曜日にいたいよーいたいよーと隣で言ってたら、「急性なら接骨院でほぐしてもらうとかなり良くなりますよ」とアドバイスをくれました。接骨院って言ったことがないんですけど、わらにもすがりますよ。

というわけで、水曜日。朝から近所の接骨院へ。待合室に安美錦関の写真があったり、長友選手のインテルのサイン入りユニフォームが飾ってあったり。う、うーん、なんか場違いなところにきたか?まあ、いいか。

診察でこれは痛いか、あれは痛いかといろいろ聞かれた後に説明されたところでは、背中の背骨の脇にある筋肉(要するにヒレ肉ですな)が痛んでると。腰というよりは、胸骨がつながっている脊柱の部分(背中に向けて膨らんで反っている部分)とその下の骨盤までつながっている部分(背中に向けてへこんで反っている部分)の境目が負担がかかりやすく、そこが患部らしいです。

とりあえず、その部分の緊張を取ること、炎症を抑えることで痛みはなくなるので、まずその治療をしましょうと。でもそれだけだとまた再発します。肋骨の下、骨盤の上の骨が無い部分の腹回りの筋肉がないことにより、背骨とその脇の筋肉に負担がかかっていることが原因なので、腹を鍛えろと。ふむふむ。

というわけで、電極を付けられて電流を流す治療をされ、マッサージを施術され、さらに四つん這いになって背骨を上下左右に動かす体操をさせられ、腹筋を鍛える呼吸法を教わりました。痛みがあるうちは毎日来て施術されるのがよろしかろうというので、明日からしばらく通います。ランニングもやらないのとやるのではやるプラスの方が多いだろうから痛くなくなったらやれと。ただ、やっぱりもっと体の柔軟性を高める運動も併せてやらないとマズいっすなー。

ま、体重が重いことは明らかに負担の原因でもありますんで、ウェイトも落とさないとね・・・と思いながら、接骨院の帰りにたんまり昼ご飯を買い込んで帰ったのでした。

いやしかし、とにかく腰痛は辛いすなー

|
|

« 2016冬アニメ1話感想 そのご | Main | F1が死んでいく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/63228001

Listed below are links to weblogs that reference ぎっくり腰になった:

« 2016冬アニメ1話感想 そのご | Main | F1が死んでいく »