« June 2015 | Main | August 2015 »

2015夏アニメ 1話感想 そのに

[城下町のダンデライオン]

すっかり定番化した日常系4コママンガが原作。原作は未読です。

日常系なので、ほんわか家族モノは多い(特に姉妹は多いっすね)んですが、そこへどんなスパイスを振ってくるかと、どれだけ愛されるキャラを生み出せるかがポイントだと思うんですが、9人兄弟ってさすがに多くない?(笑)

なんせ9人もいるのでネタに困りそうな感じはないし、演出もテンポ良くて楽しく見られたんですが、自分としては引っかかるところがなかったので続けてみるかどうかは微妙です。

[うしおととら]

史上最も「原作者が」熱いマンガが20年の時を越えてアニメ化。もちろん原作は大好き。

ちょうどアニメに併せて完全版が発売されてます。昔持っていた単行本は実家に置いてきてしまったのでこれを毎月買っているんですが、いやー、やっぱり抜群に面白い。

分割3クール39話構成であることと、原作最終回までやることが既にアナウンス済み。原作者自ら「あれもこれもできないんだよぉ。でも、白面の者をぶったおすところまでやるから。エピソードの選択も俺が全部決めたんだから、つきあってくれ!」とこれまた熱く語っているので、期待してみましょう。

1話を見る限り原作の再現度はかなり高く、逆にこのままなら「原作の確認になっちゃうだけかな」って気がしなくもないんですが、そうだとしてもファンとしてはあのシーンやあのシーンが来たら涙腺爆発するぞってのがいくつもあるわけで、期待は高まりまくりです。

あと、OPが筋肉少女帯なのも大喜びです。

[GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり]

同名の小説が原作。原作は未読です。

オタクご用達のファンタジー世界と現代日本が繋がっちゃって大騒ぎ・・・という設定はそれほど珍しくないですが、そうなったらどうなるかをまじめに検討して、「ファンタジー世界に攻め込んだ自衛隊」を描いている・・・みたい。1話は逆に向こうからこっちに来て大騒ぎで、いっぱい人死にが出ている様が描かれたので、この作品のシリアスな感じが良く伝わって来ました。原作はわりと評判が良いみたいなので、継続して見てみましょう。

[Classroom☆Crisis]

オリジナル・・・なのかな。よく知りません。

1話を見ただけだとちょっと世界観をつかみきれなかったんですけど、人類が太陽系の各所に進出していて、企業国家が成立している世界で、その中の高専みたいな学校が舞台・・・なのかな。よくわかりません。

サラリーマンものなんだか、学園ものなんだか、よくわからない感じのところに転校生がやってきたけど、上司で「このクラスはお取りつぶし」「えーっ!」ってな感じのところで1話は終わりなんだけど・・・状況がわからないので登場人物達の「えーっ!」に感情移入できないっつーか・・・。なんとなく「キャプテンアース」に雰囲気が似てる・・・かな?よくわかりません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2015夏アニメ 1話感想 そのいち

[おくさまが生徒会長!]

マンガ原作。ふつーの(ちょっとエッチな)ストーリー漫画だと思うんだけど、何故に10分アニメに?

原作の中田ゆみさんのマンガでは、「彼女の鍵を開ける方法」が好きなんですけど・・・こう、中田さんのマンガは女の子が羞恥でぷるぷるするところが・・・いかん、あんまり語るのはやめよう。

[GANGSTA.]

こちらもマンガ原作。掲載誌はコミックバンチ・・・ってあまり聞いたことないです。

便利屋という名の街の顔役が、オイタがすぎるヤクザさんをぶっころしまくり、その組織で囲われていた娼婦を仲間にする第1話。なにやら主人公たちには特殊な能力があるようなのですが・・・ただの暴れん坊にしか見えないし、仲間になった娼婦も特に面白味のあるキャラでなく・・・。

ここから話を展開して行くにはキャラに魅力がなさ過ぎるので何かあるんだとは思うんですけど(じゃないと、単行本何冊も連載が続かないと思うし)、1話はそれがさっぱりわからなかったのが難点。うーむ・・・。

[ケイオスドラゴン]

虚淵玄やら奈須きのこやら紅玉いつきやら、あちらこちらで名を挙げたクリエイターを集めてTRPGを作らせて、それを元にスマフォのゲームやアニメを作ろうという何やら面白そうな企画の一端。

・・・なんですけど、アニメの第1話はなんか、ふつー?。もっとぶっ飛んでないとこんなやんちゃな人たちを集めてきた意味ないのでは・・・。とりあえず、21世紀にもなって、主人公が「イヤ・ボーン」(ショックな出来事に「嫌ぁーっ!」と叫んだら、すごい能力がぼーんと目覚めるお約束展開)して終わるとか、ちょっと・・・。

[乱歩奇譚 Game of Laplace]

今期のノイタミナ。江戸川乱歩って、いろいろと使われるモチーフですが、私はあんまり知らないのです。

1話は猟奇殺人が起きるところから、今回の名探偵明智小五郎と小林少年をご紹介。このアケチとコバヤシ、ステレオタイプなキャラでありながら変な物語を紡いでいく狂言回しとしては適当な造形な気がします。こいつらまで訳がわからないと訳がわからない話は出来ないですからね。たぶん、この後、いっぱい訳のわからないキャラが出るんでしょうし。

と、お話の方は、まあ不可もなし、今後に期待って感じなんですが、OP/EDがすっごい格好良い。OPはamazarashi、名前は聞いたことがありますが、曲をちゃんと聴くのは初めて。いいじゃないですかー。EDはこれがデビューの新人さんですが、ネットでは有名人らしい。こっちもいいです。とりあえず、OP/EDは必聴です。

[青春×機関銃]

マンガ原作。スクエニらしいんですが、見る限りはイケメンだらけの女性向きっぽい感じ。掲載誌はどこなんでしょ。

「さばげぶっ!」や「C3部」のようにサバイバル・ゲームを題材にしたマンガのアニメ化っていくつかあったんですが、サバゲーやるのが男ってのは初めてかも。いや、ふつーは男がやるものなんですが、それじゃ面白くないですからね。あれ?でも一応、主役は女の子なんだっけ?

主人公が巻き込まれながらもこれから惹かれていくことになるであろうキャラがサバゲーのチーム主催者で、イケメンで、ナンバーワンホストなんですけど、いや、あの、どんなにアニメの中で、格好良く出来るオトナ風に描かれても、ちょっと痛い人にしか見えないんですけど・・・。まあ、その辺りにはぐぐっと薄めをつむって主人公がどんどんほだされていく様を見たり、それをほっといてチームの男の子達のいちゃいちゃを腐りながら楽しんだり、そんな感じのアニメっぽい。ちょっと「ホスト部」思い出しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

フォーミュラEには見所がある

去年の秋に開幕したフォーミュラEの14/15シーズンが、先週のロンドン2連戦を持って閉幕。初代チャンピオンの座は、セバスチャン・ブエミの猛追を退けてネルソン・ピケJrが手に入れました。

さて、20年来のF1ファンから見た、フォーミュラEの総括をしたいと思います。

主な観点は「レースのおもしろさとは何か」です。

今、世界的にはF1の人気が下がっています。主催者側もいろいろ気にしているらしく、どうにかしようといろいろ考えているらしいのですが、その一方で、この数年で行われた変更は

  • クラッシュ時の危険を減らすべくフロントノーズを細く低く制限した結果、マシンのさきっぽにルールを守るだけのための勃起突起が出て、マシンが過去20年間で最もかっこ悪くなった。
  • 「ドライバーがアホにみえるから」という理由で、(せっかくファンサービスとして無線を公開してるのに)ピットからドライバーに無線で教えて良い情報を制限した
  • エンジンメーカーが技術競争しに参戦したくなるような先進的な技術が盛り込まれたエンジン規則を導入した(結果、ホンダはそれに意味を見いだして参戦した)のに、年間19戦で4機しか使えず、技術開発しても新しいエンジンは使えない。
  • 先進的エンジンはそれ故に壊れるが(それは仕方ない)、壊れて5機目を入れると20台しか走っていないのに予選順位が25位下がる。
  • 「ドライバー視点の車載カメラから見たときに、誰が乗っているかファンがわからないから」という理由で、カーナンバーを固定制にして、ヘルメットの頭頂部に書き、ヘルメットデザインを変更してはいけないルールにした(字幕だせば済むんじゃ・・・?)
  • エコが大事なので、ハイブリッドカーにしたら音が静かになったので、排気に拡声器をつけようとした(が、あまり効果がなかったので止めた)

やれやれですね。

その一方で、初めての電気自動車でのフォーミュラレースとして開催されたフォーミュラEには、開幕前に多数の疑問が投げかけられてました。

  • F1とは話にならないぐらい遅い(F1の下のカテゴリーのGP2やスーパーフォーミュラはおろか、その下の育成カテゴリーであるF3よりさらに遅い)
  • レースファンが大好きな、エンジン音がしない
  • 電池が30分しか持たない(ので、途中で車を乗り換える)

はたしてこれで世界選手権を名乗るレベルのレースが出来るのか。

しかし、レーシングカーのスピードや技術の高さとレースのおもしろさというのは、本来まったく関係ありません。例えば、野球というゲームを観戦することを考えたとき、メジャーリーグと日本のプロ野球、さらに高校野球や近所の土手の上から見る草野球の間に、観戦者からの魅力という点では大きな差はありません。へたっぴどうしの野球も、それはそれで面白い。

ところが、例えば高校野球にイチローが入ったとしたらどうでしょう。そりゃ、イチローがいるチームが勝つに決まっています。これはつまらない。リーグの上下が必要な理由の1つはこれです。

この観点で言えば、フォーミュラE初年度のドライバーラインナップはかなりのものでした。というか、初年度参戦ドライバー35人(スポット含む)の中で、F1参戦経験者は半分の17人。その他も、インディーカー、スーパーフォーミュラ、GP2などで活躍しているドライバーが大半で私が名前を聞いたことがないドライバーはほんの数人でした。

また、プロ野球では高校野球で許されている金属バットが使えません。プロ野球選手が金属バットを使って試合をしたら、ホームランが簡単になりすぎます。同じように、F1ドライバーがVitzでレースをしても、ミスをする要素がないので面白くないでしょう。

こちらの観点では、空力のほとんど効かない車で、タイヤもスリックではなく溝ありでグリップは最低レベル。なのに、モーターですからパワーはなくてもトルクはめちゃめちゃあって乗りづらい車。開幕当初はみんなばんばんクラッシュしていました。ところが、さすがトップレベルのドライバー達、あっという間にモノにしました。例えば、最終戦にスポットで山本左近が出場しましたが、フリー走行も決勝もクラッシュしてしまいました。「なんだよー、がっかりー」と思いましたが、思い返せば序盤はみんなあんな感じだったわけで、元F1ドライバーといえどぱっと乗って乗りこなせるマシンではなく、また、さすがF1ドライバー達は、シーズンを通じて乗りこなしていきます。そういう意味で、ちょうどいい車だったのではないでしょうか。

そんなわけで、すくなくともTVで見ている限りはなかなか面白いレースが見られたように思います。音の問題は、TVだとさほど関係ないですし、大きな音がしないことで市街地開催ができるのであれば、それは十分に見合ったトレードオフでしょう。

まあ、今後、競技形態もマシンもどんどん変わっていくのでしょうから、今年のフォーミュラEが面白かったからといってこの先の保証はないんですが、来年も楽しみにしたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

自宅のネットワークをNTTからケーブルテレビに切り替えた

自分のために、メモ。

武蔵浦和から江東区に引っ越してきて早2年。2年といえば、いろいろなものの更新タイミングでございます。

先日、入居しているマンションで放送設備の点検がありました。全然知らなかったんですが、うちのマンションの放送波は難視聴対策でケーブルテレビから来てたんですって。そうだったんだ。入居から今まで何の説明もなかったよ(笑)。そうと知っていたら、そもそもフジCSもそっちに入って観てあげたのに。スカパー、はいっちまったよ。

点検といっても、アンテナ口に機械を突っ込んで、放送波のレベルを測定するだけだったんですが、その点検に来てくれた人が、「ケータイはどこですか?auだったらネットもウチにしてもらえれば安くなりますよー」と。はいはい。なんかそんな勧誘の電話はauさんからもしょっちゅうかかってくるんですが、実際に切り替える手間とかを考えるとめんどくさいんですよね。引っ越してちょうど2年だから各種の切り替えタイミングではあると思うんですけど。こないだ電話かけてきたKDDIのオペレーターさんなんか

「Tambourine様のお住まいのマンションはもう機器導入済みなんで、すぐに切り替えられますが、ご検討なさいませんか?」

ーんー、考えないわけでもないけどねー

「切り替えですね?えっと、Tambourine様はNTTのフレッツでご契約ですよね?そちら、こちらから解約の申し込みいたしますね。違約金等は、弊社が負担しますので。」

−ちょっとまてぃ。何ですか。ここで私がYesっていうと、そちらで全部やっちゃうの?

「はい。そうですよー」

ーレンタルの機器とかどうするの?

「えーっと・・・少々お待ちください。(保留音♪)」

ーそんなこともすっと答えられない奴に任せられるかー!

てな具合で、お話にならないんですよ。え?KDDIさんに切り替えると、メタル部分は東京ベイネットワークさんの線になるんですか?このマンションだと申し込んでる人があまり多くないからたぶんNTTより速い?うーん、なるほど・・・。

で、いろいろ質問させてもらって、NTTの解約方法とかもガイドしてもらってあっさり切り替えることに。フェイス・トゥ・フェイスで会話できるって大事。正直、価格的にはNTT+YahooBBと東京ベイネットではほとんど変わらなくて(といっても、数百円でも積もり積もれば大きいけどね)、大きく響くのはauスマートバリューでケータイ料金からそれぞれ1000円強引いてくれるところ。うちは、夫婦2人分だからけっこう大きい。うむうむ。

ちなみに、その点検に来た人は名刺を置いて帰ったんですが、営業さんでした。営業さんが点検して回ってるのね(笑)。

そんなわけで、本日、切り替え日。ベイネットさんから工事の人が来て、切り替えられたらめでたく各種解約手続きをします。違約金等が発生した場合、1万5千円までなら商品券でカバーしますが、ちゃんと領収書もらってくださいと言われてます。アイアイサー。

朝からラックを片付けて、新しく来る機器の場所を作ったり、ラックの裏を掃除したりして準備。工事の人が来ました。ずっと見てたわけではないですが、やったことは「中央の分波器からうちの部屋に来る線に挟まってるフィルタを除去」「うちの各部屋に分波している分波器から出るケーブルにモデムを繋ぐ線を除いてフィルタを設置」「電話用とネット用のケーブルモデムを接続して、疎通確認」の3つだけ。

それでも部屋でテレビ付けながら工事の人と電話しながら「テレビ映らなくなったら教えてくださいねー。」「はい、今、切れましたー」とかやりとりしながらで、なんだかんだで1時間半ぐらいかかりました。しかし、うっかり隣の線抜いたりしてないでしょうね?(笑)。ちなみに、部屋の中の分波器はお風呂の天井裏にありました。そんなところで大丈夫なんでしょうか。

ともあれ、工事の人はお帰りになりまして。私も昼飯を食べに出たり、夕飯の買い物をしたり。死ぬほど暑い中を15時ぐらいに戻ってきまして、各種解約の手続きです。

まずは、NTTさんから。0120-116116へお電話します。解約手続きは大変スムーズ。二年割の解約金に1500円、分割にしてる工事費の残り、1050円がかかりますとのこと。はいはい。ちなみに2013/7/6が開通日で、二年割の開始日が8/1になっていますが、解約を7/31にすると解約金はなくなりますか?なくなるけど、解約は即日で料金は日割りなので得かどうかは微妙?なるほど。それって領収書はもらえますか?クレジット払いだからないと。NTTファイナンスさんに電話(080-333-0111)すると、発行してもらえますと。なりほど。ありがとうございます。

さて、次にYahoo BBさんに電話。こちらは、更新月は過ぎているので違約金が発生。NTTはまだなのに、Yahooさんはもう2年経っているという不思議な話。新たな24ヶ月契約が発生しているので、最大MAX100%な違約金が発生するけど、違約金は最大でも10000円にしかならないルールというのがあるらしく、10800円の請求になりますと。難儀な世界ですな。領収書はもらえますかというと、同じくクレジット請求なのでないですが、YahooBBのサイトにログインして料金明細を印刷すれば、それが正式なものとして扱われますよとのこと。1万円かー。たっかいなー。でもまあ、キャッシュバックあるし、いいか。

YahooBBのオペレーターさんに、「Yahooモバイルの機器とセットの割引があるが、これは解除されてしまいます。よろしいですか?」と確認されました。そうなんです。2年前、申し込んだ時にヨドバシの店員さんに「これをセットで申し込むと安くなります」とモバイルルータを一緒に申し込むように勧められまして。「普通に4Gのモバイルルータとして使えます。便利です。ただし、電源を入れるとお金がかかります。モバイルルータとして考えたら、お得な料金です。なので必要なら使っていただけばいいんですが、必要なければそのまま電源を入れずにお持ちください」と手渡されました。不思議な世の中だなあ・・・と思いつつ、2年間放置してありました。これも解約しなければ。オペレーターさんに「それも一緒に解約できますか?」と聞いたら、「申し訳ありませんが・・・一番速いのはソフトバンクのショップに持ち込んでしまうことです」とのこと。近所にソフトバンクのお店はあるので行ってきましょう。

「解約したいでーす」とソフトバンクのショップに意気揚々と入っていくと、電話番号を確認され、「お客様、更新月が、来週の7/21からです。今週だと違約金がでますが、来週ならでません。7/21以降に解約されることをお勧めします」とのこと。もう、同時に申し込んだはずなのに、ばらっばらやな!というわけで、「またきまーす」と撤収。

ついでに、100m離れたところにあるauショップに入って、「かくかくしかじかで、auスマートバリューとやらに申し込みたい」というと、契約情報を検索したショップのお兄さんが、「えっと、auスマートバリューを申し込むには、東京ベイさんで、(1)インターネット (2)固定電話 (3)ケーブルテレビ の3つのうち2つに加入している必要があるんですが、お客様の契約上に(2)しかありません」と言われました。いやいや、そんなはずはないっすよ。だとしたら、今晩から私はどうやってイカになればよいのよ。

しかたなく、一回家に帰って東京ベイさんに電話。カスタマーセンターのお姉様から「契約情報がauさんに入るまで2週間ぐらいお時間いただいてます」と言われ、がっくり。何かの間違いなら例外対応取ってあげるよと言ってくれたauショップのお兄さんにそのがっくり情報を伝えにもういちどauショップまで行き(まあ、家から200mぐらいのところですから)、「また月末にくるわー」と言って、本日は終了。

さて、これからNTTの機器を取り外して、ベイネットさんの機械の設定(デフォルト設定はしてくれているんだけど、SSIDを変更しないと家中の機械の設定し直しになる・・・)をしないと、イカできない。がんばりまー。

TODO

  • NTTに機器を送り返す(返送用パックが届いたら速やかに)
  • NTTファイナンスに違約金の請求書or領収書を発行してもらう(発行手数料が数百円するそうなので、金額を考えるとやらないかも)
  • Yahoo BBに機器を送り返す(解約資料が送られてきたら、その指定に従う。8/20までに実施すること)
  • Yahoo BBから違約金の請求明細を取得する
  • ソフトバンクショップにモバイルルータを解約に行く(7/21以降1ヶ月間)
  • auショップにスマートバリューの申し込みに行く(7/27以降)
  • 東京ベイネットに違約金払い戻し手続きをする(違約金の明細取得後、すみやかに)

| | Comments (1) | TrackBack (0)
|

« June 2015 | Main | August 2015 »