« スプラトゥーンのBGMは歌モノだった | Main | 自宅のネットワークをNTTからケーブルテレビに切り替えた »

June 22, 2015

イカモニターの導入、あるいはキッチンPCの更新

相変わらずスプラトゥーンを楽しんでいるんですが、もうみんなすっかり上手くなったので、私のスプラチャージャーではまったく歯が立たなくなりました。がっかり。チャージャーを使っている人も少なくなりました。でも、チャージャーで射貫いたときの快感が忘れられず、時々チャージャーで出陣しては、連敗しまくってます。同じチームになったかたに「地雷チャージャー」としてしっかり記憶されちゃってるかも。ごめんね。

しかし、ドラクエ10はGamePadだけでできるので録画を消化しながら遊べるんですが、スプラトゥーンは2画面を使う遊びなのでそうは行きません。もちろん、対戦中は集中しているので「ながらプレイ」は無理なんですが、1戦ごとのマッチングで待ち時間があります。

早ければ10秒ぐらいで終わっちゃうんですが、時間がかかるときは5分ぐらいかかることもあります。その間にニュースぐらいみたいところですけど、なんせいつ戦いが始まるかわからないのでチャンネルを変えるわけにもいかない。

Wiiでドラクエ10をやっていたときに使っていたGeChicのOn-Lapの再登板か!と思って押し入れから引っ張り出してみたら、液晶が割れてました。扱いが悪いと言えばそれまでですが、どうもこれはぺらぺらすぎて扱いづらいなあ。

というわけで、イカ専用のモニターを探してました。出来ればOn-Lapと同じ12~15インチぐらいのモニタが取り回しが便利でいいんですが、On-Lap以外には選択肢が見当たらず・・・うーん、需要ないんでしょうか。

通常のモニターだと一番小さくてもサイズは21インチクラスになってしまいます。このぐらいのサイズだと取り回しは結構大変。がっしりしたスタンド付きのモニターはゲームを遊ぶために食卓に置くにはちょっとね。

そこで、「軽いモニタ」という観点でググってみたところ、SHARPのLL-S201Aが引っかかりました。業務で机の上に置いてペンで使うことを念頭に置いたタッチインターフェースのモニターです。なるほど、こういうのもいいですね。

実は、もうひとつ考えていたことがあって、それは台所PCの更新です。

料理をするときには、自炊したレシピ本を見たり、最近ではCookPadやいろいろなレシピサイトを見てつくるのが日常です。こういうサイトってレシピ自体もさることながら、冷蔵庫にある材料から献立を考える助けになるのが嬉しいですよね。

キッチンにPCを置く場所を作って、そこにノートPCを置いて使っています。以前は以前業務に使っていたThinkPad X60にLinuxを入れて使っていたんですが、X60は里子に出てしまい、その後は2008年に買ったFFXI用VAIOを使ってました。ubuntuを入れるのもパフォーマンス的にちょっとキツいので、Lubuntuをいれて使ってます。まあ、普通に使えているんですがやはり動きはもっさりだし、時々固まっちゃうし、何より稼働中はファンが回りっぱなしですごく熱くなります。さすがにそろそろ換えてあげたい。

そして、キッチンPCはまさにタッチインターフェースが適した場所じゃないですか。どうしても料理中はキーボードの上にピーマンの袋やら、外した鍋つかみやらぽいぽいとおいてしまい、するとスクロールもままならぬというのが日常。どうせ「ピーマン オイスター 炒め」とか入力するのが最大限なんですからソフトウェアキーボードで事足りるはず。持ち運べるタッチインターフェースのモニターを買って、VESAマウントの超小型PCでも背負わせればいいんじゃないの?

(今思えば、各社が出している一体型PCでHDMI入力端子を持っている奴でもよかったかも。でも、これを考えていた時点では思いつきませんでした)

しかし、このモニタ、Amazonで6万円オーバーはちょっとキツい値段だなあ。

そこで、LL-S201AのAmazonのページの「この商品を見た後に買っているのは?」の欄を見ると、グリーンハウスのGH-JCJ223GSHLBというモニターが紹介されてます。こちらもタッチディスプレイで値段は半分以下。そのかわりちょっと重そうですが、まあいいか。

というわけで買ってみました。意外と大きく感じません。が、それなりに大きいのでテレビの横に並べて置いたら、野球をチェックしながら他の番組を見たりできていいかも。そこでホームセンターに行って、キャスター付きの棚(3,980円)を買ってきてその上にのっけて運用することにしました。やっぱり食卓の上に置くのは大きいし。

さて、PCですが、レシピ参照用なら今話題のスティックPCでもいいんですが、一応、FFXIをプレイできるという最低線は確保したいところ。やるかどうかは別として(笑)。VESAマウントに付けられるという条件も、ワゴンに乗っけてしまったのでどうでもよくなってきました(笑)。まあ、このグリーンハウスのディスプレイのマウントはVESAマウントの下半分を使って取り付けられているので、ディスプレイをどう固定するか考えなきゃいけないですしね。

で、ワゴンを買うときに頭の中のもくろみとしてはNUCのような超小型PCを頭に思い描いていたので、左のような3段式のワゴンを買ったんですね。いろいろ置ける方が便利だと思って。でも帰ってきて考えてみれば、2段にして真ん中の板がなければ、普通のタワー型のデスクトップが置けたんですよね。まあ、板を抜けばいいんですが・・・ちょっと失敗したかなあ。

で、小さいPCを探しました。棚の奥行きが20cmちょっとあるので、mini-ITXのケースなら入るものもありそう。でも、自作は面倒だし・・・。NUCのBTOパソコンとかいろいろ探してみたんですが・・・Windowsを入れるという条件だと、一番安いのはこれだったという・・・。

Lenovo ThinkCentre M73 Tiny。ちっこいPCを探しているとCPUがBay Trailだったりするんですが、普通にHaswellを積んで5万円を悠々と切るお値段。これって旧IBMのマシンなので、企業向けに大量に導入するためのPCだと思うんですが、ちゃんと直販でこの値段で買えるのはいいね。たぶん、静かではないと思うけど(笑)。というわけで、これを購入。

ただ、このマシンの大きな問題は、納期がめちゃめちゃ遅いってこと。今日(6/21)にオーダーして、最短の納期は2週間後の7/6。おそっ!いや、B2Bならこんなもんですけど、B2CのPC直販サイトでこの納期の遅さはびっくりです。基本的に個人が買うものじゃないから、しょうがないんですけど・・・。これがMac miniならHaswell RefleshのCore i5が載って58,800円で、ボタンを押した瞬間に中国で出荷準備が始まるんですけどねぇ。まあ、今回はWindowsのタッチUIなPCが目標なのでしかたない。Windowsを別に買ったら、それでまた1万円かかるわけだし。

というわけで、キッチンPCの更新にはまだもうちょっとかかるのでした。

« スプラトゥーンのBGMは歌モノだった | Main | 自宅のネットワークをNTTからケーブルテレビに切り替えた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/61774822

Listed below are links to weblogs that reference イカモニターの導入、あるいはキッチンPCの更新:

« スプラトゥーンのBGMは歌モノだった | Main | 自宅のネットワークをNTTからケーブルテレビに切り替えた »