« iPhone6plus | Main | 2015年冬アニメ 1話感想 そのに »

国連難民高等弁務官事務所UNHCRに寄付をする

イスラム国により、日本人の拉致と殺害がネットで曝されてしまった件。何がどうなっているのか、自分なりにテレビ・ラジオ・書籍などで情報を得てみて考えるに、何も言えなくなってしまいます。

なんというか、複雑ですねえ・・・。一面を切り取ってあーだこーだ言うのは簡単ですし、テレビのコメンテーターも、国会で議員さんも切り取っちゃーわーわー言っているわけですが、それを聞いてもホントあらゆる角度から反論出来てしまいます。そもそも「人を殺してはいけない」というもっともベースになる価値観が共有できてないわけですからね。テロリストも殺してますが、アメリカ軍もいっぱい殺しているわけで、もう、なんともいえません。

「そんな簡単な話じゃねえんだよ。勉強してからわーわー言えよ」とチャンネルを切り替えたくもなるんですけど、今度は「いや、彼らだってバカじゃないからわかってるんだけど、それが彼らの役割だから」という声が飛んできて、もう何もいいたくなくなって、まあ、チャンネルはアニメに変えますよと(笑)。ユリクマァァァッッッ!

まあね、日本は人道支援にしかお金を出してないって言ってますけど、そんなはずないですからね。使うの我々じゃないんだし、まあ、言っちゃえば戦争ですからね。出す方だってわかってますよ。きれい事言ってられないですよ。

それはそれとして、一連の報道で「でも、歴史的に意外と中東の国は親日国が多い」なんて聞くとうれしくなりますね。正直、日本人は「イラク?ヨルダン?好きでも嫌いでもない」って人が多いんじゃないかと思いますが、今回の件でこちらから嫌悪感を持ってしまっては、相手もだんだん好きじゃなくなって来ると思いますから。今の嫌韓、嫌中の流れも報道で「どうも相手がこっちのことを嫌いらしい」という情報から来てますからね。ホントのところどうだかわかりゃしないわけですけど、だからって「ふんっ、あたしだって別に好きじゃないもん!」ってどんなツンデレですかと。

というわけで、2人の同国人が殺されたいまだからこそ、我々は中東に興味を持ち、好きにならなければならないと思うわけです。イラクなんて、人口の半分ぐらいが家を追われてるって報道されてたりしますからね。日本人にしてみれば、シーア派だろうがスンナ派だろうが、どっちもよーわからんイスラム人なわけです。ですけども、どんな神を信じてようが、何を食べてようが、日本人を見たらすぐに首を刎ねる習性があろうが(ないよ)、家がないのはかわいそうとしかいいようがないわけです。もう、何が正しいかとかどうだっていいですよね。家追い出されてたら。そんな状態ならとにかく平和に暮らせるなら、なんだっていいですよ。まったくもって、なんだかなあ・・・。どうにかならんもんなんかなあ・・・。

という気持ちを心のほんの数%のエリアに持ちながら、今日も今日とて本屋で読み切れもしない本を大量に散在していたわけですが、本屋の前でUNHCRの人が寄付を求めていたわけです。つい、ふらふらと話を聞いてしまいました。

私、街頭での寄付や募金に応じることは滅多にありません。

  • 本物か偽物か見分けることが困難
  • 出した金がどう使われたのか知ることができない
  • 街頭で「募金をおねがいしまーす」と立っているぐらいなら、何かもっと価値をうむ行為があるはず

理由はこんな感じです。寄付するならきちっと振り込みでします。

ただ、いざ、例えば赤十字のサイトを見て寄付しようとしても、山ほど支援先があってよくわからない気持ちになるわけです。震災の時も思いました。フィリピンで台風にやられた子供と、東北で津波にやられた子供とどっちを支援すべきなんだと。「同国人を優先して支援すべきだよなあ」と思う気持ちもありますが、「なんだかんだで日本国内だったら飢えて死ぬことぁないんだよなあ。フィリピン優先かなあ」と思ったりもしますよね。うーん、難しい。

やはり、こういうのは「出会いのもの」ということもあります。UNHCRであれば信用もあります(UNHCRを騙る奴はいないでしょう。建物の中で許可を得た活動っぽかったし)。事件をきっかけにシリアやイラクの難民や、その人を助けるために力を貸している同国やヨルダン、その他の国々の人のために幾ばくかのお金を投じるにやぶさかではありませぬ。よろしおす。沢山散在をしたところで、若干、気も大きくなっておりやす。おいくらほどお包みいたしましょう。

え、毎月3000円?ずっと?クレジット引き落としなんだ・・・。あ、とりあえず春になれば暖かくなって毛布も余るので当面数ヶ月でもいい?あ、自分で途中で止めるのね。ふーむ・・・。高いね、結構。

いや、自分で考えて何かをやろうと思ったら、こんな数万円で済む話じゃないんだし、いいじゃないか。まあ、寄付先がずっとUNHCRかってのは別の話なので、とりあえず1年としよう。月3000円を1年。お預けいたします。さすが、ちゃんと収支報告とかもくれるらしい。よろしくお願いいたします。

ちょっと寄付をしたからといって、いきなり偉そうになるのもどうかとは思うんだけど、こういうのはこっそりじゃなくて、「俺もしたんだから、おまえもしろ」っていうことが大事なのであえて書いとくよ。

みんなもどっかに寄付しようぜ!

|
|

« iPhone6plus | Main | 2015年冬アニメ 1話感想 そのに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/61109304

Listed below are links to weblogs that reference 国連難民高等弁務官事務所UNHCRに寄付をする:

« iPhone6plus | Main | 2015年冬アニメ 1話感想 そのに »