« January 2015 | Main | March 2015 »

2015年冬アニメ 1話感想 そのさん

クロスアンジュが超展開過ぎて、どう反応していいかわからないよ・・・

[新妹魔王の契約者]

ラノベ原作。異世界もので妹もので俺TSUEEEで、高濃度えっち。そんなのばっかりかよ!

そんなわけで画面のほとんどを光りや湯気や露骨なダバ絵が覆ってます。BD買うと、これらが消えると。まあ、ぶっちゃけ一種のポルノ。でも、そういうものの中では、演出や演技がちゃんとしてるからとても見やすい。良くできてます。まあ、でも、それ以上でもないなー

[冴えない彼女の育てかた]

今期のノイタミナ。ラノベ原作

大して何の能力もないけど他の主要キャラからなぜか好意を持たれているハーレム主人公と、周りにはびこる高スペック女子達が、いちゃいちゃしつつ、いちゃいちゃするという典型的なハーレムアニメ。それだけなら別に珍しくもないんだけど、問題はこれがノイタミナ枠だということ。放送初回は第0話として、かなり話数が進んで主要キャラが全部出てきた状態で、女4男1で合宿旅行に行くというあり得ない状況をいきなりやってました。

えーっと、ノイタミナってもともと女性狙いの枠のハズでして、いきなりこんな話を放送したらただドン引きされるだけだと思うんですが・・・というか、おっさんの私がドン引きなんですけど・・・。いや、ただのハーレムアニメをノイタミナがやるわけがない・・・というか、やっても何もいいことがないと思うのでなんかあるのかなーとは考えるんですけど・・・どうなんですか、コレ?それとも、OL(死語)にも教養としてハーレムアニメも見せていこうという戦略なんですか?

つまらないアニメなんだけど、別の意味でどきどきするなあ(笑)

[THE ROLLING GIRLS]

「進撃の巨人」や「鬼灯の冷徹」で名を上げたWIT STUDIOが放つ、オリジナルアニメーション。オリジナルは☆1つ追加でございますよー・・・と言いたいところなんですが

1話はまったく意味がわからない!!

誰が主人公で、どこを見たらいいのかまったく手がかりなし。世界観も不明だし、リアリティレベルも謎。登場人物が何をしたら致命的な事態になるのかさっぱりわからないまま、超絶戦闘が行われるんだけどそのあたりがわからないから作画しか見るべきところがない(笑)。

いやあ、まいったまいった

[夜ノヤッターマン]

ヤッターマンがドロンボー一味を撃退。ヤッターキングダムが設立され、世界に平和と幸せが訪れた後のディストピアを描いたオリジナル・・・って、そもそもヤッターマンってそんな世界でしたっけ?

1話は貧困の極みにあえぐ三悪の末裔の質素ながら幸せな営みとその終わりの話で、ドロンジョ(9歳)は母親を救ってくれなかったヤッターマンに恨みを抱き・・・というくらーいストーリー。なんせとにかくビンボーだからね。

1話は特にシリアス路線で、「いったいヤッターマンで何やろうとしてんの?」って感じでしたが、お話が進んでいくと徐々に本来のヤッターマンぽさも出てきました。荒唐無稽なメカだったり(ビンボーなのにドライバー一本で巨大メカを作れる!)、爆発しても死なない感じだったり。基本的にはゲラゲラ笑って良い作品みたい。ちょっと難しい感性。

ただの荒唐無稽だとヤッターマン陣営の冷酷無比な感じ、虐げられる人々の怒りと苦しみみたいなものを表現できないのでこうなっているわけですが、まあ、なんつーか非常に難しい。微妙なラインを狙ってて、それで面白くなっているのかなっていないのか凄く微妙。でも、気になる作品であることは確かかなあ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2015年冬アニメ 1話感想 そのに

2月も半分終わっちめ。

[アブソリュート・デュオ]

主人公が俺TSUEEEする美少女学園異能バトルもの。ラノベ原作らしいです。というか、最近はなんかこんなのばっか。そして、とりあえず受けそうな要素を全部詰め込んでおいて、状況説明だけの1話だったので、書くことがありません・・・。

まあ、なんだ、観なくて良さそうでよかった。

[ドアマイガーD]

KBS京都で作っているらしい5分アニメ。昔のロボットアニメを模した絵に4:3のアスペクト比。そして、ベタな物語。

で、それは面白いのかといわれると、別に何も面白くないんですが・・・。何がしたいのか。とりあえず、京都の老舗和菓子屋がロボットを・・・というネタで、KBS京都が作るんなら、主人公は関西弁じゃないとおかしいでしょ。なんで「てやんでぇ」とか言っているのかと。

[美男高校地球防衛部LOVE!]

魔法少女もの。ただし、変身するのは全員イケメン・・・というわかりやすいコンセプト。

アニメの王道として「スポ根もの」というジャンルがあります。人気あるジャンルですが、「暑苦しい」と嫌う人もいます。で、その暑苦しさを緩和するため、そして、古いと思われているスポ根を真面目にやる恥ずかしさを和らげるために、主人公を全員可愛い女の子にしてしまえ・・・という発想が出てきました。象徴的な作品は、「バトルアスリーテス大運動会」かな。

で、女の子でも熱い作品は作れるし、ぶっちゃけ女の子が可愛いのはいいことだよね・・・という風潮になりアニメのキャラからどんどん男が排除されているというのが現状です。この後に続く流れとして、スポ根のスポーツ部分をアイドルに置き換えたのが、今たくさんあるアイドルものです。こうすると、ヒットするとCDが売れて余計に儲かるということを気がついた人がいるんですな。たぶん、きっかけはマクロスだったんじゃないかと思います。

さて、この「防衛部」に戻ると、「スポ根もの」を「魔女っ子もの」に置き換え、男女逆にしたものになります。その場合、上の議論がそのまま援用できる・・・のかはよくわかりません。深夜アニメなので観るのは昔、魔女っ子ものを観ていた女性で、今でも嫌いじゃないけどホントの子供向け(プリキュアとか?)を観るのは辛いなーという人なんだろうと想像するわけですが、そういう女性が「そりゃ、変身するのは幼女よりイケメンに越したことないよね」と思うのかどうか。ご丁寧に変身シーンは伝統に則って全裸モノトーンになるんですけど、喜ばれているのかしらん?

ひとつ面白いなと思うのは、上のアイドルものに至るまでの流れの逆を辿っているのかもしれないということ。ここのところ、美少女アイドルものを男性アイドルに置き換えたアニメがいくつか受けているようです(近いところでは、「少年ハリウッド」とか)から、上の流れを理解している人なら自然な帰結として出てくる企画なのかも。

という企画の成り立ちを探る話は面白いし、1話を見る限りギャグのセンスとかテンポ感とか良く出来ているんですが、もう観ません。男の変身はいらないです(笑)。

[艦隊これくしょん -艦これ-]

模型ファン的には無視すると模型誌の読めるページが減る「艦これ」ですが、ゲームは始めるのがめんどくさすぎる(twitterなどでアナウンスされた特定時刻に申し込むと先着でアカウントが取得出来る)のでやってません。そういう意味ではアニメで見られるのは嬉しいかも。

で、中身なんですが。が。うーん。いや、悪くはないです。何も悪いところはないです。なんせ艦艇の擬人化ですから、リアリティレベルをどこに持って行くのかは結構難しい。「見た目は女の子だけど、こいつらあくまで船ですよー」として、ボーキサイトをボリボリ食わせるってのもアリだし、「船の魂が宿っているだけで、あくまで生身の女の子ですよー」というのもありでしょう。

本作はその中間ぐらいなんで、最初はレベルを合わせるのが難しい。で、一度合ってしまえば、あとは流れで見られちゃいます。流れで見られちゃうと、上で説明した「女の子スポ根もの」、例えば今期でいうところの「アイマス」と何が違うのかということなります。で、こっちは轟沈するんです・・・ってのが違いだと、なんか見るのが辛いだけかも。そもそも、何がどうなったら艦むすちゃん達は幸せになるのかさっぱりわからないのが辛いですな

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

国連難民高等弁務官事務所UNHCRに寄付をする

イスラム国により、日本人の拉致と殺害がネットで曝されてしまった件。何がどうなっているのか、自分なりにテレビ・ラジオ・書籍などで情報を得てみて考えるに、何も言えなくなってしまいます。

なんというか、複雑ですねえ・・・。一面を切り取ってあーだこーだ言うのは簡単ですし、テレビのコメンテーターも、国会で議員さんも切り取っちゃーわーわー言っているわけですが、それを聞いてもホントあらゆる角度から反論出来てしまいます。そもそも「人を殺してはいけない」というもっともベースになる価値観が共有できてないわけですからね。テロリストも殺してますが、アメリカ軍もいっぱい殺しているわけで、もう、なんともいえません。

「そんな簡単な話じゃねえんだよ。勉強してからわーわー言えよ」とチャンネルを切り替えたくもなるんですけど、今度は「いや、彼らだってバカじゃないからわかってるんだけど、それが彼らの役割だから」という声が飛んできて、もう何もいいたくなくなって、まあ、チャンネルはアニメに変えますよと(笑)。ユリクマァァァッッッ!

まあね、日本は人道支援にしかお金を出してないって言ってますけど、そんなはずないですからね。使うの我々じゃないんだし、まあ、言っちゃえば戦争ですからね。出す方だってわかってますよ。きれい事言ってられないですよ。

それはそれとして、一連の報道で「でも、歴史的に意外と中東の国は親日国が多い」なんて聞くとうれしくなりますね。正直、日本人は「イラク?ヨルダン?好きでも嫌いでもない」って人が多いんじゃないかと思いますが、今回の件でこちらから嫌悪感を持ってしまっては、相手もだんだん好きじゃなくなって来ると思いますから。今の嫌韓、嫌中の流れも報道で「どうも相手がこっちのことを嫌いらしい」という情報から来てますからね。ホントのところどうだかわかりゃしないわけですけど、だからって「ふんっ、あたしだって別に好きじゃないもん!」ってどんなツンデレですかと。

というわけで、2人の同国人が殺されたいまだからこそ、我々は中東に興味を持ち、好きにならなければならないと思うわけです。イラクなんて、人口の半分ぐらいが家を追われてるって報道されてたりしますからね。日本人にしてみれば、シーア派だろうがスンナ派だろうが、どっちもよーわからんイスラム人なわけです。ですけども、どんな神を信じてようが、何を食べてようが、日本人を見たらすぐに首を刎ねる習性があろうが(ないよ)、家がないのはかわいそうとしかいいようがないわけです。もう、何が正しいかとかどうだっていいですよね。家追い出されてたら。そんな状態ならとにかく平和に暮らせるなら、なんだっていいですよ。まったくもって、なんだかなあ・・・。どうにかならんもんなんかなあ・・・。

という気持ちを心のほんの数%のエリアに持ちながら、今日も今日とて本屋で読み切れもしない本を大量に散在していたわけですが、本屋の前でUNHCRの人が寄付を求めていたわけです。つい、ふらふらと話を聞いてしまいました。

私、街頭での寄付や募金に応じることは滅多にありません。

  • 本物か偽物か見分けることが困難
  • 出した金がどう使われたのか知ることができない
  • 街頭で「募金をおねがいしまーす」と立っているぐらいなら、何かもっと価値をうむ行為があるはず

理由はこんな感じです。寄付するならきちっと振り込みでします。

ただ、いざ、例えば赤十字のサイトを見て寄付しようとしても、山ほど支援先があってよくわからない気持ちになるわけです。震災の時も思いました。フィリピンで台風にやられた子供と、東北で津波にやられた子供とどっちを支援すべきなんだと。「同国人を優先して支援すべきだよなあ」と思う気持ちもありますが、「なんだかんだで日本国内だったら飢えて死ぬことぁないんだよなあ。フィリピン優先かなあ」と思ったりもしますよね。うーん、難しい。

やはり、こういうのは「出会いのもの」ということもあります。UNHCRであれば信用もあります(UNHCRを騙る奴はいないでしょう。建物の中で許可を得た活動っぽかったし)。事件をきっかけにシリアやイラクの難民や、その人を助けるために力を貸している同国やヨルダン、その他の国々の人のために幾ばくかのお金を投じるにやぶさかではありませぬ。よろしおす。沢山散在をしたところで、若干、気も大きくなっておりやす。おいくらほどお包みいたしましょう。

え、毎月3000円?ずっと?クレジット引き落としなんだ・・・。あ、とりあえず春になれば暖かくなって毛布も余るので当面数ヶ月でもいい?あ、自分で途中で止めるのね。ふーむ・・・。高いね、結構。

いや、自分で考えて何かをやろうと思ったら、こんな数万円で済む話じゃないんだし、いいじゃないか。まあ、寄付先がずっとUNHCRかってのは別の話なので、とりあえず1年としよう。月3000円を1年。お預けいたします。さすが、ちゃんと収支報告とかもくれるらしい。よろしくお願いいたします。

ちょっと寄付をしたからといって、いきなり偉そうになるのもどうかとは思うんだけど、こういうのはこっそりじゃなくて、「俺もしたんだから、おまえもしろ」っていうことが大事なのであえて書いとくよ。

みんなもどっかに寄付しようぜ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

iPhone6plus

ケータイをiPhone5に機種変してから2年が経ったので更新することにしました。2年に一度の定期的なお布施です・・・とはいうものの、iPadを考えるとiOSデバイスは毎年なんやかんやと買っているわけですが。まあ、そこはそれ。

iPhoneはここのところ、ナンバーが更新され形が大きく変わる年と、ナンバーにSが付き外見はそのままで性能がぐんと上がる年が1年ごとに繰り返されています。大抵の人は2年の分割払いで端末を買っているでしょうから、ずっとS付きを買っている人とか、ずっとSなしを買っている人とか、分かれているんでしょうなあ。私は2台目ですが、このままSなしでいくようです。

さて、iPhone5/5Sから移行するとなると、問題になるのがiPhone6にするのかiPhone6 plusにするのか。長くiPhoneを使っている人からよく耳にするのが、「そもそも6でもでかすぎ。6+は論外」という意見。後輩の@youcuneなど、iPhone6にして1ヶ月後にはiPhone5Sを買い直してましたからね。

まあ、気持ちはよくわかります。昔からガジェット好きといえば「小さいことは正義」を標榜し、小さいガジェットが出たらwktkで購入している人が多かった。私もその一人です。

そして、Appleが大きくした理由もよくわかります。販売店でおっきなAndroid端末が並んでいる中で小さいiPhoneが比較されたら一般人は画面の大きくて安い方を取ります。いかに私が小さいところへ高い性能を詰め込む方が難しいことをやっているんだ。だから高くて当然なんだ。小さい画面を大きなデバイスへ表示することはたやすいけど、でかいものを小さくして持ち歩くことは難しいんだと髪の毛を逆立てて力説しても、みんなイカすサブノートではなく、ダサいほどデカいノートPCを買っていったのものです。

そんなわけで、iPhone6 Plusを選びました(笑)

いや、もう私基準で言えば、iPhone5の段階でズボンのポケットに入れて持ち運ぶ端末としてはデカすぎるわけですよ。仕事のときはシャツの胸ポケットにいれてましたが、そうじゃないときはけっきょく上着のポケットとか鞄とかにいれているわけ。だったら、5も6も6+も変わらないし。で、あえての6+なのは、みんなが悪口を言いまくっているのでひねくれてみたからです。

そんなわけで、iPhone6 Plusを使ってみての感想なんですけど、素直に言えば

iPad miniがさらに小さくなってなんて素晴らしい!

正直、そんな感じ。ここ最近、読書はほとんどiPad miniで自炊したPDFを読んでいたんですが、文庫と新書に関してはなんとか読めちゃうのでiPhone5で読んでました。でも、さすがに字は小さくて目に悪そうでした。でもiPhone6+なら全然問題なし。それどころか、これまではiPad miniじゃないとムリだった四六版の本も十分に読めます。こりゃ素晴らしい。それでいて、iPad miniのようにBunker Ringがないと保持が辛いなんてこともありません。

デザインに関しては、写真や店頭で見てる限りではあまり魅力を感じませんでしたが、この独特の丸みを帯びたエッジは持ってみるとなんとも言えず気持ちよい。ガラスの縁からラウンドしていって、アルミになめらかに繋がってる部分なんて心地よくて何度も触ってしまいます。コレのせいで、相当なコストアップに繋がっているでしょうし、おかげで保護シートが貼りづらい(もしかして、貼って欲しくないからこの形状?)んですけど、でも、いいなあ、これ。

背面の樹脂パーツのラインも最初は「なんだかなあ」と思っていたんですが、要するにオール金属だと触るとアンテナをアースしてしまうので、アンテナ部分と筐体を絶縁させるためのラインなわけです。セルラー版iPadの黒い樹脂でアンテナ部分を覆う処理に比べれば遙かにエレガントだし、不思議なものでそういう機能が理解できればこれはこれでデザインとしてアリな気がしてきます。

というわけで、大変満足しています。

問題は、めっきりいらない子になったiPad miniをどうするかですなあ。いっそ、Air2に機種変しちゃおうかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« January 2015 | Main | March 2015 »