« 親指はなぜ太いのか/島 泰三 | Main | 2015年冬アニメ1話感想 そのいち »

January 07, 2015

マイクロソフトのエルゴノミックキーボードを買ってみた

お正月休みは、あいもかわらずただひたすらにアストルティアで過ごしていたわけですが、1/2の朝・・・というか昼、寝坊助のMilueがログインを試みたところWii Uにつけて使っていたキーボードが反応しません。PCに差し替えても動かない。壊れちゃったみたいです。

さすがにキーボードなしのプレイは辛いです。それまで使っていたのは有線のキーボードでしたが、コントローラーは無線なのですから、せっかくだからキーボードも無線にしたいところ。Wii UではコントローラーはBluetoothで接続されていますが、Bluetoothキーボードの接続はサポートされていません。USBのBluetoothアダプタを付ければ動くという話もありますが、自分でペアリングすることが前提のBluetoothよりは、独自形式のワイヤレス規格のもののほうが安心です。

Wii Uでも有名なところでは、ロジクールのUnityingや、バッファローの2.4GHzのワイヤレスキーボードは何の問題もなく繋がることは知られてます。実際、私はロジクールのK230を愛用しています。が、Milueはソファーで膝の上に置いてプレイしてますから、テンキーのあるキーボードは横長すぎてバランスが悪いでしょう。

というわけで、

  • BluetoothじゃないUSBレシーバー付きのワイヤレスキーボード
  • テンキーレス
  • キーピッチはコンパクトではない

あたりを条件に探してみました。その中では、MicrosoftのArc Keyboardが良さそう。うーん、考えてみるとMicrosoftのキーボードを買うのは初めてかも。このアーチ型、タイピングもしやすそうです。お値段もAmazonで3000円ちょっとと安過ぎないのが逆に好印象。これだな。

ポチッとワンクリックしましたが、同じMicrosoftのキーボードで気になるモノも。これです。Sculpt Ergonomic Keyboard。一見してMicrosoftのNaturalキーボードの流れを汲むものとわかります。当時はあこがれだったなー。エルゴノミックキーボードには興味はあるんですが、でかくて高いんでなかなか手が出ません。

しかし、これは5000円そこそこで変えて、かつテンキーが別なので(エルゴノミックキーボードにしては)かなりコンパクト。キータッチには不安はありますが、そこは腐ってもMicrosoftですからめちゃめちゃってことはない・・・よね。というわけで、どこで使うかも考えずにとりあえず一緒にワンクリック。え?当日配送?

というわけで、お昼過ぎに注文して、6時前に届いた。1月2日に。もうなんだか困っちゃいますね。

Arc Keyboardは期待を裏切らない感じ。Wii U ゲームパッドとほぼ同じ大きさで、ドラクエにぴったりです。タイプ感覚もしっかりしていて、十分に文章打ちにも使える感じでした

Sculpt Ergonomic Keyboardの方は新年からさっそく仕事場へ担いでいって使ってます。凄く良いとまでは言いませんが、やはり手首にかかる負担は小さいです。もう少しキーピッチは狭い方が好みですが、意外なほど違和感はありません。ただ、自分はBを右手で打つ癖があって、「タンバリン」が「タンナリン」になります(笑)。でも1日打ってたら直ってきましたね。

これまでもう20年近く使っているHappy Hacking Liteを愛用していたわけですが、ファンクションキーはある方がいい。やっとお休みさせてあげられそうです。

« 親指はなぜ太いのか/島 泰三 | Main | 2015年冬アニメ1話感想 そのいち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/60931595

Listed below are links to weblogs that reference マイクロソフトのエルゴノミックキーボードを買ってみた:

« 親指はなぜ太いのか/島 泰三 | Main | 2015年冬アニメ1話感想 そのいち »