« F12014#7 カナダGP | Main | 表現者に対して、安易に配慮なんてさせるもんじゃない »

亀戸の小市で、結婚記念日のお祝い

引っ越してもうすぐ一年。今年の結婚記念日は近所のお店を開拓してみましょうということで、以前より目をつけていた亀戸の小市というお寿司屋さんにお邪魔しました。・・・といっても、かれこれもう一月以上前のことです。

大将一人でやっている小さなお店で、お客さんはみんな常連さんのご様子。混む前がよろしかろうと、午後5時の開店直後からゆっくりとさせてもらいました。

大将がとっても気さくな方で、握りの前のおつまみを「こんなのもつくっちゃったよ」と楽しそうに出してくれるのが印象的。是非、カウンターに座りたいお店です。こちらが美味しい美味しいとばかばかと食べるもんだから、なんだかたくさん出てきました。

  • ホタルイカの沖漬け
  • 温泉卵
  • お造り(アジ、マグロ、赤貝、キンメ)
  • 焼きハマグリ
  • マカロニサラダ
  • わさび漬け
  • 焼きアボガド
  • うるいの酢味噌和え
  • ホヤ
  • ゴボウ天

焼きハマグリは、貝を割るのではなく、合わせ目で切っているんだそうで、二枚の貝のどちらにも身が付いてました。最初見たとき、「あれ?」と思いました。二つに切ってもたっぷりで美味しい。

焼きアボガドは「ちょっと変わったもの出してもいい?」という前振りの後で出てきたもの。大将が別のお店で焼いたアボガドを食べたらしく、自分でも作ってみたとのこと。半分に切って種を除いたアボガドを表面に焦げ目が出来るまで炙って、マヨネーズを添えたもの。ねっとりしたアボガドに香ばしさが加わって、これはうまい。感じは焼き肉のカボチャみたいなです。「でも、なんかもうひと味足りない感じよねー。なんだろうねー」と、これは大将の弁。うーん、美味しいけどなー。

うるいは野草の類いで、水仙の葉のような形で、すこしぬるっとした食感と癖のない味がいいです。これまで食べたことはおろか、関西では聞いたこともない食材だったので「こっちのものですか?」と聞いてみたところ、「どうだろう。私は新潟の出身なんだけど、田舎の池の周りにはいっぱい生えてたなあ」とのこと。

「ホヤは食べられる?」と聞かれたので、Yesと答えたら、まるままのホヤを割ってくれました。実際に割るところを見たのは初めてなので興味津々。切ってそのままポン酢の中に入れてくれたのをいただきます。強烈な磯の香りと独特のすっとするような味。すごく好きってわけではないですが、楽しくいただきました。たぶん、Marorinの結婚式で盛岡に行ったとき以来でした。

てな感じでいろいろ出してくれて、おなかもかなりふくれ、それ以上にお酒をどんどん飲んじゃって酔いが回ったところで握り。

  • マグロ
  • キンメ
  • イカ
  • アナゴ
  • ウニ
  • コハダ
  • 鉄火巻
  • エビ
  • 玉子

江戸前らしくふわっふわの穴子と、軍艦じゃなく握りのウニが美味しかったなあ。ウニは持つと崩れてしまうので、大将に「口開けて」と言われてその通りにしたら、口の中に放り込んでくれました(笑)。

というわけで、美味しかったし、楽しかった。顔を覚えてもらえる程度にまたお邪魔したいです。いい店だー

|

« F12014#7 カナダGP | Main | 表現者に対して、安易に配慮なんてさせるもんじゃない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/59708191

Listed below are links to weblogs that reference 亀戸の小市で、結婚記念日のお祝い:

« F12014#7 カナダGP | Main | 表現者に対して、安易に配慮なんてさせるもんじゃない »