« 2014春アニメ1話感想 そのに | Main | 今年は「朝日のような夕日をつれて 2014」をやるらしい »

iTunes Matchがやってきた

ゴールデンウィークも中盤、突如として発表されたiTunes Matchの国内対応。年間3,980円という価格は米国と比べてちょっと高いんですが、そこはそれ。開始が遅れたことも含めて、おそらくAppleの理由じゃないんでしょう。そもそもやっていることが信じられないようなサービスなので、よく説得できましたねーという感じです。Sonyの方針転換もありましたし、いろいろ動いているんですね。

てな感じで、iTunes Matchって何なのというのは、各種メディアを参照(例えば、AV Watchの記事とか)してください。

もうかれこれ10年近く(最初にiPodを買ったのは、2004年のことのようです)iTunesでライブラリ管理している身としては今更、他のソフトウェアに移る気はないのですが、iTunesの音楽管理の仕組みがちょっぴり古くさくなってきているのはたしかでした。CDを買って、PCでリッピングして、iPhoneへ転送って流れがね。また、iPhoneの同期ってイマイチ確実性に欠けるので、すぐに入ってくれなかったりとか。

また、家で音楽を聴きたいときも、PCをステレオに繋いだり。うーん、音楽聴くためにPCをあっちへもっていったり、こっちへもっていったりもめんどくさい。あと、TVでニコ生みたりとか。Wii UやPS Vita TVやらニコニコのアプリが入った機械はいろいろTVにつながっているのに、よく観るのがPCでしか観られないモノだったり。しょうがないのでMacBookをTVに繋ぐ。めんどくさい・・・。

というもやもやが一気に解消しました。

ひとまず、iTunes Matchの大きな利点は、Macの中にある音楽データのバックアップがとれるということ。私の場合、100GB弱ぐらいありますから、とてもありがたい。まあ、バックアップだけならTime Machineを仕掛けてあるんですが、iTunes Matchの場合、あまり聞かない曲はディスクから消しちゃえるわけです。消してもiTunes上で曲は見えているので聞きたかったらストリーミングやダウンロードして聞けます。これ、でかい。あまり大きなディスクを積んでないMacBookAirユーザーは歓喜でしょー。

そして、iPhoneとの同期が要らなくなりました。オンライン状態ならライブラリ内の聞きたい曲はなんでも聞くことができます。素晴らしい。普段聞く曲はほとんどiPhoneの中に入ってますが、どうしてもときどき「あ、あれが聞きたい」と思うことがありますからね。桂米朝の「百年目」が聞きたいとか(笑)。ただし、今度はiTunesとiCloudを同期しておくことが前提なので、新しくリッピングしたものがうまくiTunesへ行ってくれるかどうかが問題になったりするかも。iTunes Storeで買う理由が増えちゃうかな。

さらに、iTunes Matchが使えるようになると魅力倍増なのが、Apple TV。買っちゃいました。今年中に新機種が来ちゃいそうな気がしますけど、まあ、そうなったら実家にでも置きますわ。

Apple TVの基本的な立ち位置は、iCloudおよび他のネットワークサービスとテレビを結ぶものでした。なので、iTunes StoreにあるコンテンツおよびiCloudにユーザーがあげた写真や動画をテレビで再生することがメインです。ホームシェアリングを使ってiTunesライブラリを再生することもできましたし、AirPlayでiPhoneやMacのコンテンツを再生もできましたが、それは単にケーブルレスになっただけで、別にMacをテレビに接続したければすればよかったわけです。いや、ケーブルレスは便利ですけどね。

ところが、iTunes Matchによってライブラリを丸ごとiCloudに挙げられるとなれば話は別。Macをスリープにした状態でもすべてのライブラリを再生することができます。やったね。これはすごくいい。というわけで、自室(こっちはAirPlay対応アンプを入れました)とリビングのどちらでも聞きたい曲を聴ける状態になって満足です。

さて、そんなiTunes Matchですが、iCloudにアップロードされるのはiTunes Storeで提供されていないモノのみ。私のライブラリには最近はかなりiTunesで買っているとはいえ、そうでないものも多数。これらは1曲ずつiTunes Storeにあるかどうかマッチングされます。それ故のiTunes Matchです。いやあ、時間かかりました。およそ9000曲のライブラリの処理に5/3の夜から、5/8の朝までかかりました。その間、何度も途中で止まっちゃうので、そのたびにサインイン・サインアウトを繰り返して再始動。スキャン自体はやったところは覚えて居るみたいなので、とにかく1時間以上進んでなさそうだったら再始動してました。

いや、音声データをAppleのサーバ上でマッチングしているんだと思うのでローカルの処理はあんまりないはずですから、意味ないのかもしれませんけど、それにしても動いてんだか動いてないんだかわからないからしょーがない。サービス開始当初は大量のリクエストが届いているでしょうから、遅いのもわかりますけど、このあたりの不親切さはいつものAppleです。

で、なんとか完了しました。結果はアップロードされた曲が2800曲となりました。意外とあるものですね、iTunes Store。かつては邦楽は足りないモノだらけだったんですけど。iCloudにアップロードされた曲だけのプレイリストが作れちゃうのでそれを眺めてみると、いわゆる日本語版だけのボーナストラックなどのようにアルバムの最後の数曲だけがいたり、マイナーなもの各種、BDのオマケディスク、ラジオのエアチェック、そしてサザン(笑)。なるほどなーというリストです。うん、楽しい。

というわけで、もうすっかりAppleに魂を売っている私的にはすごくいいサービスです。いやあ、今持っているiPhoneは気張って64GBモデルなんですけど、これなら16GBで構わないや

|

« 2014春アニメ1話感想 そのに | Main | 今年は「朝日のような夕日をつれて 2014」をやるらしい »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/59598624

Listed below are links to weblogs that reference iTunes Matchがやってきた:

« 2014春アニメ1話感想 そのに | Main | 今年は「朝日のような夕日をつれて 2014」をやるらしい »