« February 2014 | Main | April 2014 »

2014冬アニメ1話感想(かなりいまさら) そのに

ほんでは、残り1話しか観なかったものをまとめて。長いよ。

[最近、妹のようすが ちょっとおかしいんだが。]

ラノベ原作。これはよくBDが売れそうなHENTAIアニメですなー。

両親の再婚により一緒に暮らし始めた(それも二人暮らし)の義妹が女の子の幽霊に体を乗っ取られて・・・という・・・うーん。いや、どうなってんだか話は気になるし、エロいし、出来はいいと思うんだけど、目指しているところが人としてダメだ。

[ノブナガン]

マンガ原作。今期の信長アニメそのいち・・・って、まさかそんなレベルでかぶるとはっ!(笑)

地球外の侵略者に対抗すべく、偉人の生まれ変わりが戦うアニメ。意味わかりませんが、観ると特に違和感なく変身ヒーローっぽいです。ちょっと絵巻物風なアニメ表現も面白いし、色彩もきれいです。でも、もうひと味足りないかなー

[ウィッチクラフトワークス]

マンガ原作。原作は未読です

同性から絶大な崇拝を集める「姫様」な女の子が、実は悪い魔女に狙われている自分を守る魔女だった・・・という話。襲われたところを、お姫様だっこで助け出されます

いい加減に理由なくモテている主人公も飽きたなと思うんですが、理由がわからず自分に好意を寄せてくるヒロインがピンチに陥ったのに際して「彼女を信じてあげなかった自分が悪い」と言い出す主人公の言動はまったくもって意味不明。あのね、ドラマを展開するってのはそういうことじゃないのよね

[ノラガミ]

マンガ原作。未読です

八百万も神様がいると、庶民的な神様もいるってことで、メジャーになって社を構えるのが夢だけど、今は街の便利屋さんに過ぎない神様と、その神様に巻き込まれた女の子の話。スタイリッシュでスマートな演出、神谷浩史さんの安定した演技で落ち着いて観ていられて好印象です。

OPはHello Sleepwalkersのトリッキーなサウンドにセンスのいい映像でナイス

EDのSupercellもいい曲です

[バディ・コンプレックス]

サンライズのオリジナルロボットもの。

OPがいきなりガンダムSEED Destinyとまったく同じ演出で大変な不安を搔き立てたんですが、主人公がまきこまれて未来へ飛ばされるまでの1話目のシーケンスはきっちりしていて、観ていて心地よかったです。メカ戦闘は最近はもう3Dになってしまったので、なんの不安もないね

しかし、このタイトルで2話のサブタイが「ナイス・カップリング」ってやっぱ・・・一部の女性人気を期待しているんですかね・・・

[ノブナガ・ザ・フール]

今期2作目のノブナガ。3作目はないのでご安心を。

こっちは偉人ロボットもの・・・といっても、河森正治作品で、ノリは完全に「アクエリオン」。「マクロスF」はすごく好きなんですが、私はどうも昔から河森さんと相性がよくなく、この作品も満載のケレン味にゲンナリ。好きな人は好きなんだろうけどなあ

[とある飛空士への恋歌]

原作はライトノベル。ガガガ文庫です。

話題になった「とある飛空士への追憶」は名作ライトノベルでしたが、続編の「恋歌」は・・・読んでなかったり。買ってはいるんだ、買っては。

で、その続編のアニメ化。空戦シーンはなかなかのものですが、そっちだけなら世界観的に「ラストエグザイル」には勝てないかなーとか。なんというか・・・普通な印象です。物語の背景的には、負けないくらいのハイ・ファンタジーなんですけどね

で、フォーマットとしては学園ものなので、あまり目新しい印象もなく・・・うーん、なんかのれないなー、これは。

[妖怪ウォッチ]

レベルファイブとコロコロのタッグということで、低年齢向けアニメです。

わざわざ観るほどのものでもないんですが、よく出来ていて主人公と封印を解かれてつきまとう妖怪を関智一さんがやっていて、ハイテンションな演技がかなり可笑しくてよかったです

[魔法戦争]

ラノベ原作。MF文庫J・・・まあ、KADOKAWA。未読。

直球なタイトルなんですが、それに相応しい骨格を持っている話なんですかねえ・・・。平行世界で魔法が当たり前の世界から来た人にまきこまれて・・・という話なんですがアニメの方はもうね、「説明のための台詞を作ってはいけません」と毛筆で書いて、壁に貼っておいた方がいいね

あと、なんとなく魔方陣が出る話が今回多いような気がします。これもそうだし、「ウィッチクラフトワークス」や後で出てくる「ズヴィズダー」もそうなんだよねぇ。演出がふつーすぎてつまんないわー

[そにアニ]

もともと某ゲーム会社のマスコットキャラだったヘッドホンの女の子キャラが人気が出てしまったのでアイドルもの日常アニメになりました。

とてもけなげなそに子ちゃんが歌に学校にお仕事にがんばります!・・・はい、がんばってください。

[ハマトラ]

超能力者の探偵が主役の、いわゆるバディもの。オリジナルのようです。

豪華な男性声優陣(神谷浩史と中村悠一と福山潤が同時にでてる・・・)と、オッシャレな画面づくりで、ナウでヤングな女の子の心をぐっと掴むことが目的のアニメのようですが、1話を見る限り、ストーリーの組み立てがきっちりしているし超能力ものや魔法ものは何でもありになりがちですが、そこんとこの制限をうまく説明して緊張感ある展開にしているのは立派。これ、面白いですよ。

[未確認で進行形]

このタイトルはすごく好き。原作は4コマなのかな?

高校生女子の主人公のところに、ある日突然に許嫁の男の子がやってくる・・・というまあ、わりとあるかなーという感じのラブコメなんです。ただ、今時の視聴者はもう可愛い女の子がいれば良くて男なんて必要ありませんなので、男の子は無口でセットで許嫁の妹が小姑としてやってきて、その子がしゃべりまくります。なんというかね、最近のこの手の番組を観てると「視聴者はこの世に男なんて居ない方がいいと思ってる」と信じてる感じがしますな。

で、まあ、1話は面白くなかった。いや、キャラが可愛いだけじゃやっぱ無理だって。

[Z/X IGNITION]

カードゲームのアニメ化っぽい。

ゲームの方にはこれといった設定があるわけではなく、ごちゃまぜな感じのようでそれをどうアニメにするのかなんですが、ちょっとこれは雑。オーニングで「世界は滅びた」みたいなことを言っている割に、数年後の世界がかなり今と変わらなかったり、社会的な変化もあまり感じなかったり。うーむ

で、そのあたりほったらかしてもバトルが面白いとかならまあいいんだけど正直そのあたりも物足りなく・・・なんというか、あんまり熱意を感じないなあ

[桜Trick]

これも世の中に男なんていなかったらいいのに枠(笑)。原作は4コマです。

とにかく発情しまくってて頭の中ピンク色な女の子同士が、ちゅっちゅちゅっちゅするアニメ。これが男女だったらとても観ていられないと思いますが、女の子同士だったらアリ・・・という感性がいまいち私には理解できないが、どうも需要はあるみたい

[のうりん]

ラノベ原作。原作は未読です。

絵の感じといい、キャラといい、農業高校を舞台にした「バカテス」でこちらはもうちょっとお色気要素が高め。お色気といっても、女の子にエッチなことを言わせたりやらせたりする感じでやっぱりバカ成分の方が高め(笑)。アニメの出来は悪くないし、笑えます。が、オリジナリティはないなあ

[Wake Up, Girls!]

今期も何本もあるアイドルものの1本。オリジナルです。

アイマスのヒットがあり、AKBが音楽業界を支え、「あまちゃん」が大ヒットした日本において、もうアイドルなんて現実にもフィクションにも掃いて捨てるほど居る世の中になりました。今期でいっても「そにアニ」「のうりん」はアイドルネタを含んでますな。

アイドルって、わかりやすく女の子が努力したり、理不尽な目に遭ったりを簡単に書けるんですね。要は昔の部活ものみたいなもんなんです。部活ものだと「けいおん!」にしないとCDが売れないけど、そもそもアイドルならヒットした分だけCD売れますからね。お得なんですよ。

で、いろいろな変則アイドルがたくさんいるなかで、これはガチのアイドルもの。アイドル大好きで話題性もあるヤマカンが作り、地元の協賛ばっちり掴んで仙台を舞台にして、キャラと声優さんの下の名前を揃えて声優人気も睨んで、音楽は神前暁・・・と「2014年にガチのアイドルものをやるなら」というフォーマットをがっちり作ってます。かなり隙がない感じ。実際、すごく凝って作ってあるし、お話もしっかりしています。真面目に作りすぎていて、ちょっと肩に力が入るくらい。

「アイマス」にしろ「ラブ・ライブ」にしろ、最初からアニメの企画じゃなかったのですでにキャラの人気があるところへ、ストーリーをつけていくというものでした。これにはそのあたりのちぐはぐな感じもないです。ここまでやってもらって入り込めなかったら、アイドルものは好きじゃないってことですかね。あたしゃ、アイドルに興味は持てません・・・

[ニセコイ]

ジャンプに連載されている同名のマンガが原作。幼い頃に約束をした女の子との思い出を抱えた主人公の前に、二人のタイプの違う女の子が現れて・・・というありがちと言えばありがちなラブコメなんですが、絵はなかなか魅力的で、そんな原作をシャフト+新房総監督がアニメにすることでちょうどいい加減のスタイリッシュさになっている感じです。好印象です。

[世界征服〜謀略のズヴィズダー〜]

オリジナルは星ひとつ追加ですが、世界征服を目論む秘密結社に巻き込まれる主人公の話。

ただ、1話を見る限りだと世界情勢がどうなっているのかさっぱりわからない。視聴者にわからないのはまあしょうがないとして、戒厳令が出ているのに主人公が状況を把握していないのは困りますな。

[ウィザード・バリスターズ〜弁魔士セシル]

梅津監督のオリジナル。「ガリレイドンナ」よりこっちが本気という噂。

魔術が存在する世界。魔術使いは差別されていて、一般人とは違う法廷で裁かれるんですがその魔術法廷で弁護をするのが、弁魔士という設定。なかなかに魅力的な設定に、キャラもかわいらしくていいんだけどもうひとつ掴むものがなくて、切っちゃった。すごく面白くなったら悔しいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014冬アニメ1話感想(かなりいまさら) そのいち

ちょっといろいろと忙しくて、もう最終回を迎えますがな。

いや、書いてはありましてアップしてなかったってことなんですけど。とりあえず、かなりいまさらなんですけど、1話観た時点で書いてますってことで読んでください。あと、すげー長いです。すいません

では、今期結局見続けたものから。ちょっと溜まっちゃってるのもありますけど。

[スペース☆ダンディ]

「カウボーイビバップ」の渡辺監督が、「宇宙人ハンター」というおんなじ様なモチーフでまったく格好良くないドタバタギャグアニメを作ってます。ナンセンスコメディーなんですが、不思議なセンスです(笑)

ちなみにOPは我らが岡村ちゃんこと岡村靖幸さん、EDはこの人が主題歌を歌ったら不条理の証であるやくしまるえつこさんです。

[となりの関くん]

10分ショートアニメ。マンガの1話分がちょうど1回分になるみたい。

横井さんのCVは花澤香菜さんです。個人的なイメージはもうちょっと委員長キャラっぽい人だったんですが、1話目をみるとこれはこれで良いですなーちなみに、関くんのCVは下野紘さんですが、原作では一言もしゃべらないはず・・・これ必要か?(笑)

[ディーふらぐ!]

マンガ原作。読んでないですー

「意味不明な部活もの」というカテゴリーは、だんだんと袋小路的な進化をしているわけですが、これもそのうちのひとつに分類されるんでしょうなあ・・・。んで、これは「ゲーム制作部」なんですが、テンポのいいギャグで笑えます。これ、案外好きです。

[鬼灯の冷徹]

モーニング連載の人気マンガが原作。なんというか、日本ってすごいよね。これとか「聖☆おにいさん」とか、国によっちゃ大問題になる気がするよ・・・

原作者は日本画科出身だそうで、美麗ながらマンガとしては読みやすくはないんですがその特徴的なタッチも生かしつつ、色が付いて動くとすごく見やすくなってよいです。ネタが面白いと思うかどうかもかなり人を選ぶと思いますが、原作を好きな人はアニメを観ても面白いと感じるんじゃないでしょうか。いいアニメ化。

あと、なんでこんなに「世界ふしぎ発見」がみんな好きなの?(笑)

[いなり、こんこん、恋いろは。]

マンガ原作で、原作は未読なんだけど、前から気になってはいました。

神様に変身能力をもらう女の子のラブコメと書けば普通の設定なんですけど、神様が和風な感じで、舞台が京都というのがちょっとした隠し味。なにより、主人公が関西弁をしゃべると私には魅力30%増しなので、でれでれしながら観ています。声優さんは大阪出身の新人さんみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

F12014#1 オーストラリアGP

少なくとも私がF1を見始めて以来、最大のテクニカルレギュレーション変更が行われた2014年シーズンが、ついに開幕しました。

昨年までも、「マシンはもっと速く走れるのに、走ってしまうとタイヤが持たないので能力値以下で走る」のいう場面が、ときどきありました。そうなると何が起きるかというと、予選では見られたマシンのポテンシャル差がレースではタイヤ性能でキャップされて無くなってしまうということです。接戦を誘発するという意味ではそれもいいのかもしれませんが。

今年は基本的に予選のパフォーマンスと決勝のレースペースはまったく別物になります。例えば、ダウンフォースレベルの高い車は予選で良いタイムを記録できるかもしれませんが、実は決勝ではドラッグを減らして燃費を向上させ、ストレートでアクセルを開けられる時間を増した方がトータルペースは良くなるのかもしれない。燃費がいいならいっそ搭載燃料量を減らした方が速いかもしれない。

今はまだ車がまともに走っていない状態なので見えてきませんが、状況が落ち着いてくればこの環境において速い車、強い車はどんな車なのかという探り合いの結果が見えてくるはずです。私はレース自体も楽しみにしていますが、実はそれを一番楽しみに見ています。

さて、中長期的にはそんな見所を抱えた14仕様F1ですが、初戦はそんなこといってられません。直前になってF1の歩くルールブックことチャーリー・ホワイティングが「全車リタイアしたら、レースはそこで打ち切るね」とかコメントしていたりするカオス感。はたして、何台が完走するのか。完走したら全車ポイントなんて自体になってしまうのか(大昔、雨のモナコでチェッカー受けた車は全車入賞というシーンは見たことがありますねぇ・・・)。ここまでのながーい前振りを踏まえて、オーストラリアGPのポイントはこんな感じでしょうか

  • あれ?思ったより差がないぞ?
  • ブレーキ・バイ・ワイヤーの難しさ
  • メルセデスエンジンが勝利の鍵だ!

同じ性能の車で走っても様々な条件でラップタイムに数秒の差がついてしまうのがレーシングカー。金曜日のフリー走行からどんどんとタイムは上がっていきますし、タイヤの差で1秒以上違うこともしばしば。そして、1周1秒の差があればレースでは勝負にならないのもレーシングカー。今回のレギュレーション変更はとにかく大規模だったので、ヘタすれは特定メーカーのパワーユニットを使っているチームが5秒遅くて話にならないなんてケースもあり得るだろうと思ってました。なんせテストのときには「GP2の方が速い」なんて言われてたチームもありましたから。

ところが、セッションが始まってみるとセッションでこなせた作業の差という意味で大きな差はあるようでしたが、ちゃんとメルセデスとレッドブルが上位に並びました。いやいやいや、トップチームというのはすごいものですね。ちゃんとそのレギュレーションで競い合う位置に来られるんだから。実際にレース中継を観ると、エキゾースト音は変化したなと思いますが別にそんなもんかなという感じですし。意外と違和感ないです。「エンジン音が変わってF1の魅力が失われた」なんていう人は、単にF1に刺激だけ求めてるんでしょうかねぇ・・・じゃあ、他のカテゴリーは全部だめってことになっちゃうじゃん。

さて、そんな中で注目が集まっていた新ワードのBBW。大昔に電子制御がF1で流行りだした時代にマクラーレンが「フライ・バイ・ワイヤー」に取り組みだして話題になったりしました。あれはアクセルペダルでしたが、今度はブレーキペダルです。大昔と違って、ペダル入力値を電子的に取り出して扱うことそれ自体が問題なのではなく、その入力値を元に諸条件を鑑みてどの程度回生ブレーキを使い、どの程度カーボンディスクブレーキを使うかをリアルタイムに決めるということです。やっていることはTCSやABSに似ていますが、より難しそうなのは想像に難くない。んでもって、ブレーキングってのはレースの鍵ですからこれがちゃんとドライバーのフィーリングにあっているかどうかは大事。

どうもライコネンがこれに苦戦しているっぽい雰囲気です。というか、フェラーリPU勢が全般なのかも?フェラーリはパワーも足りないという話ですが。ただし、開幕戦全車チェッカーなのはいいですね。エンジンはすでにホモロゲーションになったのですが、ソフトウェアの向上幅があるのはよいことです。

ちなみに、復活の可夢偉の初戦はBBWのトラブルでリアブレーキを失ってスタートから1コーナーを直進という大変残念な結果。まあ、これもBBWの問題っちゃ問題ですが、レベルが違うかも。

というわけで、PUによって全然カテゴリーが違うレースになるというようなことはなかったものの、上位はメルセデス勢が独占して、レースペースは遅いもののフェラーリ勢が続き、ルノー勢は8台中6台がリタイア(つか、2台感想したトロロッソ偉い)というくっきりとした結果になり、少なくとも序盤のフライアウェイはメルセデスが席巻してしまいそう。ここはなんとかウィリアムズにかき回してほしいところですね。

さて、これを1週間書けて書き終わった今日はもうマレーシアGPの予選日。また可夢偉君は金曜日ぼろぼろのご様子。熱いマレーシアは飛行機行方不明事件でお通夜モードかもしれませんが、どのような戦いが繰り広げられますやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

RUSH

ちょいと前の話ですが、F1の伝説的な二人のドライバーの対決を描いた映画、「RUSH」を公開週の週末に観てきました。(つまり、もうけっこう前です。ちょっとドラクエに忙しくて・・・)

私ももう長いことF1ファンをやってますが、この映画のクライマックスは1976年のシーズンなので、当時のことはもちろん全然知りません。日本でF1がブームになるのは鈴鹿で日本GPが開催され、中嶋悟が日本人初のフル参戦をした1987年以降のことで、ほとんどのF1ファンにとって、1976年シーズンは「なんかすごかったらしい。よくしらないけど」というものでしょう。もっとも、この年の最終戦として、初めて日本でF1GPが開催されて、富士スピードウェイは大雨で・・・というような話をTVや雑誌や、あるいは先達からたくさん聞かされてはいて、何が起きたのかのあらましは知っています。

映画は、二人の主役、ジェームス・ハントとニキ・ラウダのキャラクターの若かりし頃(F3時代)からスタートし、普通の映画のように始まります。奔放なハントに緻密なラウダ。ラウダが持参金を用意してF1に参戦してすぐにチームにマシンの軽量化案を提示して(「マグネシウムを使うんだよ!」)実現してしまうあたりは、私がF1を見始めた1990年でもまったくあり得ない話で、「ホントかいな?」と思ってしまいますが、なんせ昔のことなのでよくわかりません。

しかし、物語が進み、笑点の1976年シーズンになると、本当に1シーズンレビュー映像を見るかのように変わってきます。本物の映像も使われているらしいんですが、どれがそうなのか全くわかりません。二人の戦いにぐいっと引き込まれますが、ご存じの通り、ニュルブルクリンクの悲劇的な事故で水を差されます。

不死鳥と呼ばれたラウダがその事故からわずか数ヶ月で復帰することや、そこまでして復帰したラウダが最終戦に・・・というエピソードがこのシーズンを特別にしているわけで、映画もそのクライマックスに向けて結果がわかっているのに目が離せない映像になるんです。しかし、あまりにもハントとラウダのレース自体が魅力的に見えて、事故など起こらなかった1976年を観てみたい気にさせられました。そう思わせるってことは、少なくともレースファンにとっては素晴らしい映画であったことは間違いありません。観に行って良かった。

ただ、ラストシーンの飛行場のシーンは・・・まあ、なんせアンチクライマックスなのでドラマを終わらせるにはああいう形になるのかもしれませんが、二人の主人公が饒舌に内面を語るのはちょっと違和感がありましたね。

ちなみに、私が観た映画館では吹き替えと字幕が交互に上映されていたのですが、吹き替えの方は主人公をKinKi Kidsの二人がやっているということで女性二人組なんてお客さんが多かったみたいです。堂本光一さんはかなりマニアなF1ファンなので出来に不安はないですが、どうなんだろう、ジャニーズファンのお気に召す映画だったのかどうか、聞いてみたかったですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2014 | Main | April 2014 »