« 顔面がけいれんしたので、MRIを撮ってもらった | Main | Wii Fit U あるいは、データ引継顛末記 »

2013秋アニメ 1話感想 そのいち

もう11月になってしまいましたが、恒例の今期のアニメの1話感想を。

今期は真っ当な生活をしてるんで、結構がんばってみてますよー。それでは今期のイチオシから。

キルラキル

「天元突破グレンラガン」「パンティ&ストッキング」に続く今石監督作品にして、今期のGAINAX・・・あれ?違うの?あ、今石さん達ってガイナ辞めて独立したんですか。

というわけで、制作会社名は変わったものの「チームグレンラガン」であることには変わりなく、バカだし下品だし熱いし面白いスゲえアニメができあがってきました。私の今期のイチオシは間違いなくコレです。が、「オレの求めてるのはコレぢゃない」という人が多数いるだろうというのも確かでしょう。というか「これを求めてた」という人こそ普段何を考えて生きているのかと心配になるようなアニメです(笑)。

どんなアニメかと聞かれれば、「男塾」と「リングにかけろ」と「ど根性ガエル」と「聖闘士星矢」とその他諸々の「混ぜるな危険」をあえて混ぜて発酵させてご飯にかけたような感じといいますか・・・。まあ、説明は無理だわ(笑)。

極太明朝を越えるぶっといフォントで画面を覆い隠さんばかり(だめじゃん^^;)にでっかい文字のテロップがCGアニメーションでぐいぐい画面内をせり上がる印象的な演出も楽しいし、舞台説明から主人公の流子登場と敗北、主人公としての資格を身につけての再戦と勝利と、ストーリーの大きな流れはあくまでベタでありきたりで王道ながら、スピーディーな展開と気合いの入った演出は芯が入っていて見応えがあります。

見せしめの熱湯風呂が油であるというのにわざわざエビフライを揚げるバカバカしいギャグ(しかも、せっかくだから人間フライもやるという^^;)や、どこから出てきたかわからない金髪ビキニのリングガールがゴングと同時についでにボコられる(それも、2度繰り返す)ネタなど、細かい笑いを入れながらも、メインの登場人物は至って本気。露出の高い衣装を着せられて赤面しながらも啖呵を切る流子が可愛いし、なにより1話は敵キャラのボクシング部が凄い。何が凄いって岩田光央の絶叫演技が凄い(笑)。1話目から「このアニメはこのテンションで突っ走るぜー」という宣言が鳴り響いてます。

えーっと、2クール作品らしいですが、制作陣の皆様、体に気をつけて下さい。つかこのノリのままだと死ぬぞ?(笑)

あ、あと、冒頭の追いかけっこで階段を駆け下りて逃げたら窓の外を追っ手が落ちて追ってくるシーンは「カレカノ」のオマージュですね。爆笑しました。

てさぐれ! 部活もの

今期のもう1つの注目作は、ひょっとこフルCG(つか、MikuMikuDanceで作ってるらしい^^;)で日常系部活アニメを目指すアニメであるこれです。

日常系のアニメって、ストーリーがない分だけ何気ないやりとりやしぐさを大事に作画することが大事です。にも関わらず、冒頭からこのしょっぼいフルCGアニメが始まって、きょとーんとさせられました。なんじゃこりゃ?

で、途中から台本喪失(笑)。なるほど、ここで意味がわかりました。これ、バラエティ番組なわけです。

この番組のメインパートは、声優さんにお題を渡してキャラとして台本なしでトークしてもらい、それを録音してそれにあわせてCGアニメを作ってる(はず)です。それが読み取れないと何が起きてるか全然わからないと思います。教養高いな、この番組。同じキャラが同じ場所にいるだけならCGアニメは圧倒的に少ない作業量で絵が作れますから、その特性を活かしているわけです。もはや21世紀に復活した「ウゴウゴルーガ」状態。この発想はなかった・・・。

メインの雑談パートのネタ自体はたぶん作家が渡してるのだと思いますが(声優さん自身が考えてたら偉すぎる^^;)、リアクションは普通のアニラジのノリでキャラより素の声優さんのやりとりに近くなってます。というか、台本有りパートまでは先輩後輩だった関係が普通にお互い敬語とかになってんすけどwww。相手のキャラ名忘れてもそのまま続行するなど、お客さんに「ここは声優さんの雑談形式ですからー」というのがわかるシグナルが満載に入ってます。本当に完全アドリブかどうかは別としてね。

そんな感じで、ついに日常系アニメは女の子キャラの何気ないやりとりを愛でるものから、女の子キャラの「中の人」の何気ないやりとりを愛でるものへ進化(?)しました。言ってみれば、日常系アニメと一緒に始まった番宣のアニラジが人気になるのなら、そっちをアニメ本編へ組み込んじゃえよということなんでしょう。

メインの雑談パート以外もメタなギャグが山盛りですし、そもそもタイトルが示唆するように、登場人物自身がこの作品が「「活動内容が不明な部活」もの」ではなく「内容が不明な「部活もの」」であることを自覚しているという完全にアウトな反則内容であるために、「キルラキル」よりももっともっと一般性のない作品に仕上がってます。なにしろ視聴者側にこれまでの日常系アニメの系譜を理解していることが期待されているわけで、いきなりコレを魅せられてもなんじゃこりゃーです。まあ、ここまで行ったらさすがにこのジャンル終わりだなという感がありますね。でも、「帰宅部活動記録」からなら正常進化とさえ言えるかもしれません(笑)。

それにしても、OPの歌い出しが「さぁカメラが下からグイっとパンしてタイトルロゴがドーン!」ってのもすげーよな・・・。毎週楽しみにするようなもんでもないですが、日常系アニメが行き着いてしまった先の観測という意味で、観てない方は是非。

|

« 顔面がけいれんしたので、MRIを撮ってもらった | Main | Wii Fit U あるいは、データ引継顛末記 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/58516372

Listed below are links to weblogs that reference 2013秋アニメ 1話感想 そのいち:

« 顔面がけいれんしたので、MRIを撮ってもらった | Main | Wii Fit U あるいは、データ引継顛末記 »