« July 2013 | Main | September 2013 »

風立ちぬ

遅ればせながら、「風立ちぬ」を観てきました。

どんな映画かの説明はいいですよね?感想はネタバレなので、気をつけて下さい。

見終わった感想は、「散漫な映画だな」でした。感動するところも別にないです。最後は、一種の難病ものなのでお涙はちょうだい出来そうな感じですが、まあ、どうでもいいっす。

ちなみに岡田斗司夫さんは今回の登場人物の人物造形をすごく褒めていて、で、私も岡田さんの演出の読みは理解できるし、その通りだと思うんです。二郎は言うに及ばず、菜穂子もまあ、褒められた人じゃないです。そういう演出はきちっとされていて、二人の人物がきっちり描かれていたのは良い所だと思います。

思うんですが、結局、二郎ってこの映画で語られている少年時代から九試単戦の初飛行の間までで特に何の葛藤も成長もしないんです。もちろん、彼なりの挫折はある。七試単戦の飛行試験に失敗して軽井沢にやってくるわけですし。奥さん失うわけですし。でも、失敗したと言っても首になるわけでもなく、軽井沢行きですからね、この人(笑)。

飛行機が好き、鯖が好き、牛が好き、菜穂子が好き。物事に対して、「好き」だとしか言わない。「正しい」とか「役に立つ」とか興味ない。夢と妄想の中に生きていて、そのままラストまで変わらない。そのことによる罰は受けるんだけども、でも、この人、そんなに気にしない(笑)。

相方の本庄君はそういうこと考えるんですな。「俺達の作る飛行機にかかる費用で、全国の子供にシベリアを食わせてやれるんだ」。二郎、ぽかーん。怪しい外人も言います。「大衆の犠牲の上に、美しいピラミッドは建つ。ピラミッドがある世界とない世界、どちらがいい?」。二郎、「ピラミッドは美しいです」ぼよーん。なんだろう。庵野さんの浮世離れした演技はまさにぴったりでした。

菜穂子も結局のところ、自分のことしか考えてません。静養のために来た避暑地で少女の頃の王子様と運命の再会をして、そのまま「王子様」に一直線。王子様はオタクだったのであんまりかまってもらえませんが、その分、落とすのは簡単でした。なんせ不治の病なので、少々の我儘は聞いてもらえます。幸せかと問われればそうだとは言えない儚い人生ですが、精一杯生きてます。

で、この二人の生き様や関わりに何かドラマたりえるものがあるかっていうと・・・、うーん、どうなの?

というわけで、なんとも話をどこに向かわせたいのか要領を得ない映画でした。ドイツ行った話とか、どこへどう繋がるんでしょうか。もっとも、おそらく今回も脚本なし、絵コンテ連載書き送り作画なんでしょうから、綿密なストーリーを最初から期待しちゃいけないんですけどね。宮崎アニメは宮崎さんの頭の中に蠢く妄想のほとばしりこそが見どころで、今回も夢のシーンは文句なく素晴らしくてそこだけずーっと観ていたい感じでした。

というわけで、なんにも盛り上がらない、子供はまったく喜ばない、ただ変な人が兵器を作る話なんですが、なんといいますか、むしろそこに絞っていただけたらモデルグラフィックスの「雑想ノート」のファンとしては全部OKなわけで(笑)、でもそんな映画をジブリが作るのは無理だから、これはこれでいいのかなと、そんなふうに思います。

でも、宮崎さんももう十分に働いたんだから、後は押井さんの「宮本武蔵」とか「ミニパト」とか「女立喰師」みたいなものをちまちま作っては1本1万円とかで配信して暮らしてればいいんじゃないかと思います。思いますが、でも、実は宮崎さんは二郎と違ってそうは出来ないタイプなのかなァ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2013 夏アニメ1話感想

夏も終わりかけてますが、簡単に。7月は引っ越しがあったりで、気になる作品を全部観ることは出来ませんでした。

[毎週楽しく観ています]

  • 恋愛ラボ
  • サーバント×サービス
  • <物語>シリーズ セカンドシーズン
  • 有頂天家族
  • 神のみぞ知るセカイ 女神篇
  • 銀の匙

今期は好きな作品、期待していた作品が多くて、観ている本数は多めです。

ただし、まったく個人的なこととして、ここに一つもオリジナル作品や原作を知らない作品が入っていないのが残念かなあ・・・。

オススメは去年買ったマンガについてのアーティクルでもオススメした「恋愛ラボ」。「恋愛」と謳っておきながら、アニメではほとんど男性キャラの出てこないおバカ女子トークが展開されていますが、原作最新刊ではちょっとずつ進展もみせてます。恐ろしくちょっとずつですが。まあ、中学生だしな。ただ、あのOPはちょっと・・・。「らーぶしたい♪」って、あーた。

次点は、「有頂天家族」。森見作品としては2作目のアニメ化ですが、「四畳半神話体系」よりは取っつきやすい感じです。原作はラノベでなく、普通の小説なので狸たちがどんな見かけになるのかも含めて楽しみにしてましたが、まさかの久米田キャラ(笑)。不思議な雰囲気のアニメになっていて楽しんで観ています。すっかり小説のストーリーも忘れちゃいましたしね。

[録画は続けてますが、溜まっていってます]

  • ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation
  • ステラ女学院高等科C3部
  • 幻影ヲ駆ケル太陽
  • Fate/kaleid liner
  • 帰宅部活動記録

今期は魔法少女モノで大かぶり大会です。なんですかね、まどマギのヒット時点で企画を立てるとこの時期になるんですかね?

「Fate/kaleid liner」はFate世界でイリアが魔法少女になるスピンオフ。ゲームをやってると「え?魔法少女になるっていったら、凛じゃないの?」と思うところですが、えー、凛はステッキに逃げられました(笑)。まあ、それほど変わった話ではないんですが、ファンとしてはどのキャラがどんな役割で出てくるのかを楽しみに観られます。まあ、タダでは済まないと思うしね。

もう一つ、魔法少女モノの「幻影ヲ駆ケル太陽」はなーんか不吉な雰囲気漂うダークファンタジーと魔法少女の合体で、これは正しくまどマギフォロワーかな?2話までしか観てませんが、悪くない感じでした。溜まってます。

ダンガンロンパはゲームもやっておらず、評判もいいので取り溜めてますが、実は1話も観てません。

[1話でさようなら]

  • 犬とハサミは使いよう
  • 神さまのいない日曜日
  • 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
  • Free!

どれもまあ悪くはないんですけど、それほど惹きつけるものもなく・・・。「わたモテ」は原作は好きなんですが、アニメにするとテンポがね・・・。「Free!」も男裸祭りの割りには面白く観られそうなんですが、時間がないっす

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ハンバーガーを食べにスポーツバーに入る

高校時代の友人であるコーラ白書主宰の中本くん(以下、ふすけ)から、コーラ白書の取材につきあわないかと誘いがきたので、同じく高校の同級生のくるみんとほいほいと行ってきました。

何の取材だったのかは、ふすけがコーラ白書に書くんでしょうからおいときます。取材中のふすけの写真を載っけときます。さて、写真に撮ってるこれは何なのか。

で、取材は終えまして、なんか食おうということになりました。場所は池袋の西口だったのでいろいろと飲み屋の選択肢はあったと思うんですが、通りがかったショーケースの巨大なハンバーガーに惹かれてLOS CABOSというスポーツバーへ。

ダーツなんか出来たりして、なかなかに感じのいい店のつくりでした。おっきなスクリーンがありまして、代表戦の時などはオサレなサッカーファンでいっぱいになったりするんでしょうなあ・・・。

なのですが、なぜかその日は阪神-広島戦をやってまして、店に入るとちょうど9回裏の広島の攻撃で、スコアは0-0。その前々日、同じように広島に9回まで0-0でサヨナラ負けしてまして、いやーな感じですよ。

ちなみに、数週間前にオールスター明けのヤクルト戦を人生初の神宮球場に観戦に行き、こてんぱんに負ける経験をしました。神宮のドミノピザ付きチケットは、3塁側のチケットでもピザは1塁側まで取りに行かないといけないので注意しましょう。

いや、あの日は負けてはいるがまだまだ勝負は分からない5回に他球場の結果として巨人がぼろぼろに負けているという情報が入りまして、3塁側スタンド全体が「あ、じゃあ、今日は勝てなくてもいいか」という雰囲気になっちゃったのが原因のような気がしますね。

とかなんとか、回想しているウチになんとか筒井と安藤が押さえまして、延長戦。決着したのは11回。こうなったら終わらないと店出られないし。いやあ、勝ってよかったけど、終わったら22時半前ですもの。長かったー。

ちなみに、この店のメニューにメガコーヒーフロート(2,100円)なるメニューがあったので、ふすけはまたこないといけないと思います(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

車を売りました。あるいは、役人仕事について

モータースポーツファンとしていかがなものかという気はするのですが、引っ越しに伴って車を売却しました。

乗っていた車はFIAT グランデプントだったんで国内のモータースポーツにさっぱり貢献はしてないかもしれませんが、それでも自動車を持っていることで自動車業界に関係している立場のような気がしていたわけですよ。

ただ、名古屋にいたときにはどこに行くにも車でしたが、埼玉に引っ越してきて以来、ほとんど乗る機会はありませんでした。用事もないし、どこにいっても渋滞するし、駐車場もないし。で、数ヶ月ぶりに車だそうかとするとバッテリーが上がっていて、ディーラーに電話するなんてことを数回繰り返しました。

そんな状態でも埼玉なら駐車場代は1万円ぐらいで済んでいたので、道楽で持っておけたんですが、さすがに錦糸町では無理があります。不動産屋さんに相場を聞いてみると「3万円台であったら即決って感じですかねー」とのこと。ないなー。

というわけで、車を売りました。でも、売りに行こうにもそもそもエンジンがかからなかった(またか!)ので、またディーラーさんを呼んで、そのまま引き取ってもらうことにしました。買い取り額は10万円で、諸手続の代行費を除いて8万円ぐらいが手元にやってきました。中古車の値段は需要で決まるわけで、そもそも存在がまったく知られていない車なのでこんなもんです。というか、予想より結構高かった気がします(笑)。

さて、車の売却ですが、ディーラーさんから以下のものを用意してくれと言われました。

  • ローンの完済証明書
  • 所有権変更に必要な書類
  • 印鑑証明
  • 新居の住民票
  • 旧居の住民票除票

・・・なんか、家を借りるのよりよっぽど面倒でしたね(笑)。上の二つはローンを組んだオリコさんに電話して、車検証のコピーを送付(FAXでもいいらしいです)すると送ってもらえます。本来はローン完済と引っ越しの時にやっておくべきことをやっていないので、余計に面倒になっているらしいです。

印鑑証明と住民票は、転入届と同時に印鑑も登録して(これってなんで自治体別なんだろう。つか、印鑑証明ってイマドキなんの役に立つのか・・・)、同日に入手できます。

一番面倒だったのは、住民票の除票。どういう理屈かはいまいち分かりませんが、自動車が登録されている住所と現住所の間の移動が全部わかるような住民票が必要なのだそうです。除票には、引っ越してきた名古屋の住所、さいたま市の住所、そして転出先の住所があり、これで説明ができるという訳らしいです。

転出届を出した後に「除票ってのくれますか?」とさいたま市南区役所の人に聞いたところによると「除票は転出届が転入先で受理されたという連絡が来た後でないと出せない」とのこと。まあ、それはそれでわからないでもないのですが、引っ越した後にまた取りに来るのは面倒です。

調べてみると、さいたま市では郵送で請求できることが判明。請求用紙を印刷して記入して、本人確認書類(免許証のコピー)と手数料と返信封筒を入れて送りました。

数日後、役所の人から電話がかかってきました。

「あの、送っていただいた免許証の住所ですが、現住所と異なりますよね?」

-そうですね、まだ警察に行ってないですから。それがなにか?

「現住所を証明するものはありますか?」

-そんなものが必要だとはどこにも書いていませんが、なぜ必要なのですか?

「送り先に本当に住んでいらっしゃるかわからないじゃないですか」

-でも、そちらに転出先を出しているのだから住所はわかるし、転入届が受理されたこともわかるわけですよね?

「それはわからないです」

-いやいやいや。そもそも除票は転入届が転居先で受理されないと出せないって聞きましたよ?ということは、実際に転居が行われたことはわかるわけでしょう?

「それはわからないです」

-じゃあ、聞いてみればいいじゃないですか

「こちらはそういうことはしないです」

-はあ。で、なんで現住所が必要なんですか?本人の請求だということは本人確認書類で明らかなわけですよね。で、返信用封筒に送り先住所が書いてありますよね。ということは、請求者本人が送って欲しい先を自らの意志で提示しているわけですよね?そこに送るのに何か問題があるんですか?

「その住所にまだ住んでいるかどうかわからないじゃないですか」

-だったらそちらに何か問題があるんですか?単に私が受け取れないだけですよね?

「そういう国のガイドになっています」

-意味がないガイドだと思いませんか

「私にはわかりません」

-わかりました。じゃあ、現住民票の写しを送ればいいんですね?

「請求先の住所に届いた郵便物かなにかでいいです」

-はあ?ちょっと待ってください。あなた、現住所に住んでいるかどうかが問題だといいましたよね?その住所宛の郵便物が何の証明になるんですか?

「そこにものが届くということがわかります」

-でも、そこに私がまだいるかどうかはわかりませんよね?

「そうですね」

-しかも、私が送付先に指定しているのは、除票に記載されている転居先住所そのものなんですよね

「そうですね」

-そして、あなたはそこにものが届くかどうかを証明しろと言っている。

「そうです」

-届かなかったらどうなるんですか?戻ってくるだけですよね?それからお電話いただければよかったのでは?早く送ってくださいよ

「国のガイドがそうなってます」

-じゃあ、Webサイトにもそう書いておきなさいよ

「担当に伝えます」

-では、ウチに届いた郵便物を適当に送ります。とっとと送ってくださいよ!

とまあ、こんな有様。で、もう一度Webサイトを確認すると、戸籍謄本の場合には現住所が確認できるものが必要だと書いてあります。もしかして、コレと勘違い?こちらから電話してみました。

-郵便での住民票請求をしている者で、先程現住所が分かるものを送るようにと連絡いただいた件なのですが

「はい。先程の方ですね」

-あ、お電話いただいた方ですか。あのー、Webサイトを見ると戸籍の場合は現住所が確認できないとだめと書いてあるんですが、先程はこれの話だったんじゃないですか?

「いえ、別です。住民票の場合は、送付先を確認するというガイドです。」

-あら、そうなんですか。

「戸籍の場合は、現住所にしか送付出来ませんが、住民票の場合には例えば勤務先で受け取ることもできます。この場合、送り先の会社住所の郵便物などお送りいただければそちらに送れます」

-なるほど。それはそれで便利かな。それもWebサイトに書いておいたらどうですか?でも、住民票に記載の住所に送れと言ってる場合には送ってくれればいいじゃないですか

「それでですね、こちらで確認したところ、転入届が受理された連絡が来てから除票を出すというように聞かれたとのことですが、こちらのものがそのようにガイドしたということがわかりましたので、今回はこちらのガイドにミスがあったと言うことで、お送りします」

-え?じゃあ、待ってればいいってことですか?

「はい」

-じゃあ、お願いします

というわけで、送ってもらえたのでした。でも、私が除票について訪ねたのは南区役所で、電話で話しているのはさいたま市郵送請求処理センター(中央区)なわけで、恐らくはそんな確認取ってません。だいたい、そんな電話するぐらいなら私の転居先の区役所に電話して「○○さんて転居してきてます?」と聞けば済むだけの話ですよね(笑)。

なんのことはない結局は

ごね得

かよと。そして、結局、何が正しいのかよくわからないのでした。あー、疲れた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« July 2013 | Main | September 2013 »