« F1GP2013 #7 カナダGP | Main | 武蔵浦和から引っ越します »

FFXIを解約した

大変にイマサラですが、FFXIを解約しました。

ヴァナ・ディールの最期の日は、笑って迎えたいというエントリーを書いたのが、ちょうど5年前。あの頃はまさか、5年後に新しい追加ディスクが出るとは思いもしませんでした。その間にMMORPGのFFとしての続編ともいうべきFF XIVがでて、そしてこっちの方が先にサービスエンドしてしまうという大誤算です。

メリポパーティ時代に流行のプレイスタイルについていけなくなりはしたものの、アルタナ時代にはソロで出来ることも増えてノンビリと遊んでいました。レベル75キャップ開放とアビセアで完全についていけなくなりました。まあ、結婚したってのも大きいですけど。一人で遊んでると、Milueが邪魔しに来るんだもの。

それでも、もしFF XIにサービスエンドの日が来るのならその場にいたいという思いもあって、今まで課金は続けていました。やっぱりFF XIは大好きだし、もう遊ぶことはないけどもその思い出の保管庫に月数千円を支払うことは、ぜんぜん惜しくない気持ちです。

ただねー。アドゥリンが出ちゃったからねー。さすがにあと数年は続くよね。下手したらクライアント作り直して2020年とか突破しちゃうよね。それはどうなのよ!あとは、ドラクエ10をはじめちゃったってこともあります。ドラクエ10はもうすぐサービス開始から1年。こっちもしばらくは続けるつもりです。

でも、DQ10をやっていて思うのは、FF XIで問題になったことがすべてちゃんと考慮してあることに感心すると同時に、本当にFF XIは面白いゲームだったなということです。作っている人、遊んでいるプレイヤー、伝えるメディア、みんなが手探りで試行錯誤をして遊んでいました。私もフィールドを歩くだけで純粋に面白かった。今では許されないようなめんどくさいクエストやイベントがたくさんありました。焚き火を一晩見つめるなんてクエスト、DQ10でやったら非難轟々だと思いますが、そんなものかなと思ってやってました。

FFXIを遊んだことのないドラクエ10のプレイヤーに船は1日3本しかこなくて、乗ったら本当に15分かかるんだよというとびっくりします。DQ10の鉄道がそんなだったらマジで困りますが、あの頃はそれがいいと思ってました。船みる景色。釣り糸を垂れる人。アトルガンのサービス開始日にマウラから新大陸へ渡る人で満員の船に乗ったら、誰かが「奴隷船かよ」とSayして船内のみんなで爆笑したことを思い出します。

よく岡田斗司夫さんが「最高のSF小説は、その人が14歳のときに読んだSFだ」という言い方をします。そういう意味で、FFXIは私の永遠の初恋のMMORPGであるし、同時に多数の人にとって同じです。だから一生忘れることはないし、一生FFXIを超えるMMORPGに出会うこともないだろうと思います。いやあ、FFXIに出会ったのが、おっさんになってからで本当に良かった。14歳だったら人生辞めてたかもしれません。

今でもDQ10をやってるので「ネトゲやってますよ」というと、周りからいろんな反応をされます。「面白い?」って聞かれるんですけど、正直言ってFFXIの初期数年の面白さはもうないわけです。「いや、普通に面白いっすよ」って答えるし、事実、毎日のようにログインしてちまちまと遊んでます。でも、心の底では「残念だったね。10年前に聞いてくれたら心の底から『最高に面白いぜ』と言えたのに」と思っています。

FFXIの何がそんなに面白かったのか。なかなか簡単には説明できないんですが、一番簡単なのは、永田 泰大さんの「ファイナルファンタジーXI プレイ日記 ヴァナ・ディール滞在記」を読んでもらうのが確実です。永田さんはこの中で「まるで奇跡のような偶然」の詰まったプレイ、いや、冒険をするわけですが、同じようなことがプレイヤー全員分あったことは断言できます。興味を持ってくれた人にこの本を貸すと、残らず面白いといってくれました。それでFFXIを始められるかどうかはやはりその人の環境にもよるし、安易に勧めづらい遊びであることは確かなんですけど。

今でも、たとえばDQ10でMMORPG初挑戦の人がこんな体験を出来るのか。おそらく近い想いはできるんじゃないかと思いますが、でも、自信はありません。10年前、あの場所に溢れていた奇跡。決して、開発者だけでもプレイヤーだけでも生み出せなかったあの奇跡をたくさん抱えていたヴァナ・ディールに、今はただ、ただ感謝するだけです。永田さんの本の末尾を引用して、私もこのエントリーの末尾に添えます。そして、いつの日か、また、あの大地に降り立つ日はきっとあるでしょう。それまで、さようならです。

ありがとう、ヴァナ・ディール。ほかに言葉を思いつかない

|

« F1GP2013 #7 カナダGP | Main | 武蔵浦和から引っ越します »

ヴァナヴァナシ」カテゴリの記事

Comments

そっかぁ・・・さみしいな。

でも、ヴァナで出会ったりんさんとみるると、リアルで会えて遊んで。
そうやって繋がった縁は続いていくよね!

今のヴァナは二人がいた世界とは全然違うものになってしまったけど、
私はもうしばらく、あの世界で過ごしてみることにします。

と、言いつつ14βでちょっと遊んだりしてますw

また、遊びに行くねー!

Posted by: Merble | June 24, 2013 at 09:51 PM

>まーぶる

ひっさしぶりにPlayonlineにログインしたら、前回ログインが去年の5月でした(笑)。そいや、一年前に一緒にオズに行ったね!

それとともに、登録日が2003年5月と表示されたのを見て、ゴールデンウィークの暇つぶしとして始めてから、ホントに10年経ったんだなあ・・・と感慨にふけってしまいました。

まーぶるはリアルも含めて、この10年で一番よく遊んだ友達だじぇ。これからもよろしくな!

Posted by: Tambourine | June 25, 2013 at 10:30 AM

久しぶり、元気にしてる? 僕も課金すべく買ったウェブマネーがそのまま放置してあります。
なので現在は停止中なんです。
ヴァナディールは随分変ったように思います。簡単に言うなら「便利になった」でしょうか。
しかし不便が故に楽しさもあったのは事実でしょう。
僕は砂丘に行くのにバストゥークから徒歩で15分かけて向った、一見無駄にしか思えないあの時間が何故か楽しい思い出となっています。
今はソロでも楽しめるようになっていますが、どうしても業務としてプレイしている感が否めません。
オンラインゲームであるが故に知り合いが居なくなりやめるというのは理由としては妥当かも知れないです。
ヴァナの終わりの方が早く来ると思っていましたが、どうやらそうではなさそうです。
またいつか会える時があるといいですね。ミルさんにもよろしく。

Posted by: Maito | June 30, 2013 at 08:30 PM

こんにちわ、どうもバルです。

とうとうタンバさんもなんですね。
私もとうに卒業したのですが、皆さんと出会えたことに感謝してます。
FFを通して、私は色々と学びました。何よりもチャットも早くなったもんだ(笑)
キーを打つことさえ、たどたどしかった者が、ようまあ、あれだけ長くやれるようになったと思います。

Maitoさんの言うように、いま(と言っても1年以上前だw)は業務感が私も感じてしまいましたね。
それが大きな要因でもあったかなぁ?特に、メイジャンが…(汗)
私はFFがはじめてのMMORPGで、後にも先にもFFだけでした。いまはやってません。

75までが本当に楽しかったですね^^

Posted by: Barubisu | July 01, 2013 at 03:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/57622349

Listed below are links to weblogs that reference FFXIを解約した:

« F1GP2013 #7 カナダGP | Main | 武蔵浦和から引っ越します »