« アストルティア報告 あるいは 祭りの秋 | Main | 誰が可夢偉を必要とするのか »

アストルティア報告 あるいは 黄昏よりも昏きもの(魔Lv.25)

キャラの能力底上げのための転職活動ですが、どうも魔法のない職業は退屈でやる気が乗らないので魔法使いからはじめてみました。

例によって、オルフェアの酒場から高レベルのサポート仲間に護衛されながらキャンプを目指します。

移動中に絡まれた敵をサポート仲間が粉砕し、到着するころにはレベルは5ぐらいになってました。<絡まれすぎ

サポート仲間を待機させて、いざ、レベル上げ。・・・といっても、ひたすらちょうちょにメラゾンビアタック。いやあ、死んだ死んだ。山ほど死んだ。

5211732

レベル10を越えるとスキルポイントがもらえるのでまずは両手杖に振って、MP回復を取ります。

すると世界が変わって、今度は一連の戦闘単位が「MPが枯渇するまで」から「HPが枯渇するまで」に。こうなったら、弱い敵をずーっと狩り続けているほうが効率はよくなります。

ずっとソロもつまらないので、レベル20ぐらいから野良パーティもやりたいなと募集中にして放置してみたんですがあまりいいパーティに誘ってもらえませんでした。楽なのはわかりますけど、レベル20前後のレベルあげパーティで40代のサポ仲間を出すのは興ざめですよね。

自分でリーダーをするべきなんだろうと思うんですが、狩場の情報をあまりしらなかったりいざ誘おうとすると、募集中の人がいなかったり。そして、なんだかんだいってテレビ見ながらソロであげてるのが楽だったりで、ずーっとランドンクイナを狩ってたり。

というわけで、わりとあっさり魔法使いはLv.25になってしまったのでした。これでMP+10をゲットです

6076968

|
|

« アストルティア報告 あるいは 祭りの秋 | Main | 誰が可夢偉を必要とするのか »

アストルティア報告」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/55883701

Listed below are links to weblogs that reference アストルティア報告 あるいは 黄昏よりも昏きもの(魔Lv.25):

« アストルティア報告 あるいは 祭りの秋 | Main | 誰が可夢偉を必要とするのか »