« May 2012 | Main | July 2012 »

"葵" ヒカルが地球にいたころ・・・1/野村美月

"文学少女"シリーズの野村美月の新シリーズ。

タイトルをみたときには、「SFなの?」と思いましたが、じぇんじぇんそんなことはありません。やってることはあんまり"文学少女"と変わらないんですが、今回の「ネタ本」は源氏物語です。んあー、源氏物語ねー。林望先生の現代語訳の「源氏物語」も1巻を読んでそのまま放置だなあ。面白いんですか、源氏物語って・・・

さて、本歌取りの名手の野村美月さんですから源氏物語が面白いかどうかとこの本が面白いかの間にはあんまり関係はなく、もちろんこの本は面白いのです。

光源氏になぞられるヒカルは、どんな女の子にもやさしくせずにはいられず、どんな女の子からも好かれ、そして本人も女の子大好きという素敵にビョーキな高校生ですが、物語の冒頭で事故死してしまいます。主人公の女っ気ゼロ、ヤンキー成分含有の是光はいいとこのおぼっちゃま・おじょうちゃまばっかりの高校に入学するやいなや中等部時代からさまざまな女性をたぶらかせまくりのヒカル君に接触され、そして、死んだ後のヒカルに憑りつかれます。そして、幽霊のヒカルと奇妙な友情を育みながら、ヒカルに縁のあった女性たちの力になっていく・・・というストーリーなんですが、どうすか、これ。このプロットはさっぱり面白そうじゃないですよね(笑)。

どうもこの著者は、面白そうな設定を作るのが下手くそです。"文学少女"もプロットは面白くないんですよね。人物設定もキャラ付けもいまいちぱっとしない。今回の是光の「本人はそのつもりがないのに外見が強面なのでヤンキー扱いされている」という設定も、手垢つきすぎてて怖いぐらいですし、この設定を聞いて多くの人がまず早期するだろうのは「とらドラ!」だと思いますが、そもそも「とらドラ!」のこの設定も大してうまく機能したとはいえないしね。竜児は完全にクラスに溶け込んでるね(笑)。

ただ、ここからキャラを追い込んでいって深みを持たせるのが抜群にうまい。なんといいますか、「キャラをキャラのまま動かさない」といいますか、例えば「清楚キャラだからこういうしゃべり方でしょ」とか「ツンデレだからこんなリアクションでしょ」というような不用意なことはせずに、きちんとキャラを飲み込んだ上で、さらになぞらえる文学作品と溶け込ますんですから、たいしたものです。だからこそ、極端な状況("文学少女"は普通に人が死にますからな)になっても、お話が絵空事にならずに済んでます。キャラにのっかって日常の楽しい話ばかりの作品で同じことをやろうとすると、話がシリアスになるにしたがって登場人物の発言がどんどんテンプレまみれで嘘っぽくなってしまいます・・・って、「生徒会の○存」の悪口はそこまでだ!(笑)

あとはなんと言っても、野村美月の書くツンデレはほんとに極上でございまして、"文学少女"のななせもいいが、ほのかちゃんは最高。続巻で是光がモテまくるにつれてどんどん可愛くなっていくので、乞うご期待。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ル・マンを何年かぶりに観て、しょんぼりした

ル・マン24時間レースといえば、F1モナコGP、インディアナポリス500マイルレースと並んで(ry)。そんなル・マンですが、ここ数年はずーっとアウディが勝っていて、日本ではあんまり注目されてませんし、中継も観てません・・・というかされてなかったのかな?

雑誌の記事で結果だけ観て、「はー、もう夏ですか(ル・マンは毎年夏至のあたりに開催されます)」と思うのみ。去年、ブノワ・トレルイエとアンドレ・ロッテラーという日本を代表する外人ドライバー(笑)が優勝したことで、「へぇー」って感じにはなりましたが、まあ、それまで。

ところが、今年はトヨタがハイブリッドのプロトタイプカーで参戦し、王者アウディに真っ向勝負を挑み、日産が賞典外ながらヘンテコなデルタ・ウイングという名前のウイングのない車で挑んだりと大きな話題。J-Sportsではばっちり12時間分の中継もあるとのことでわっくわくで観ました。まあ、スタートから3時間は画面だけテレビに移して音を消して、NHK-FMのアニソン三昧を聞いてましたけどね(笑)

トヨタはスタートから快調そのもの。一時はアウディからトップの座を奪う勢いを見せましたが・・・デビットソンが空を舞うわ、一貴はよりにもよって本山のデルタ・ウィングとぶつかるわ。なんというか、もう、しょんぼりです。よりにもよって、一貴と本山とかそんなのみたくなかったわー。とほほー。

というわけで、結局はアウディの横綱相撲。最後は出走した4台で隊列を組んでゴールという憎らしくもかっこいいシーンを見せつけられました。日本人的な慰めとしては、トレルイエとロッテラーがV2をやってくれたことですか。最後、マシンの上に箱乗りして表彰台下まで行くのはかっこ良かったです。

もちろん、アウディの4台も24時間の間、まったくノートラブルだったわけではありません。たとえ機械的なトラブルがなくても、コース上ではいろんなことが起こりえます。しかし、それを全部さばいた上で4台を1-2-3-5でゴールさせるんだからすばらしい。だって、ガードレールにぶつかってクラッシュしても、その片付けのためのセイフティカー・ランが終わる前に直してでてきちゃうんだもん。すごいですよね。

もちろん、トヨタがいきなり王者アウディに勝つとは思ってなかったし、本当のデビューレースなんだから最初の1時間でトラブルでリタイアしたって不思議ではないと思ってましたから、大健闘です。今から来年が楽しみ・・・なんだけど、なにも一貴と本山が(以下、繰り返し)

あーあ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

Windows7のウィンドウの枠を細くする方法

最近、会社のPCがWinXPからWin7に変わりました。

これまではかたくなにクラシックスタイルのウィンドウを使いLunaは避けてたんですが、さすがにそれも時代遅れです。Aeroは受け入れることにしました。

それにしても、ウィンドウの枠がぶっといのは気になります。ここが細いとパソコン初心者が「ウィンドウのサイズを変更するには枠をつかんでドラッグします」と言われても、うまくできないという理由らしいですが、画面が狭くなってしまうのはどうも気になります。

やってみると、普通に枠は狭くできるようです。設定画面はXP時代と同じ、おなじみのこの画面。

Color_design

「ここの設定はAeroだと効かないよ」とわざわざ書いてありますが、「ウインドウの境界の間隔」を選んで0に設定してやると、ちゃんと効きます。

Color_design2

このとおり。もっとも

これ、細いけど0じゃないだろう

という気もしますが、でも細くなってうれしい。

ちなみに、この画面にたどり着くまでが若干謎ですが

コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\個人設定\ウィンドウの色とデザイン

へ行って、その画面の[デザインの詳細設定]というリンクを押せばOK。このリンクをたどる途中で[ウィンドウの色とデザイン]を出すのに[ウィンドウの色]を押すという謎も残されてます(笑)

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

M:tG プレインチェイスで遊んでみた

遥か昔、インベイジョンやオデッセイのころちょろっと仲間内で遊んだきりだったマジック・ザ・ギャザリング(M:tG)ですが、昨年の忘年会にそのころ一緒にマジックをやっていたFummyがゲームショウで基本セット2012のエントリーデッキをもらってきて久しぶりに遊んでみて再燃し、ちょいちょいとMilueと遊んだりしてます。

イニストラードも楽しく遊んでるんですが、プレインチェイスという多人数戦フォーマットが出て、日本語版もでたので構築済みデッキ4種類を買って、Milueと遊んでみました。

どんなゲームかは公式サイトを見たりすればいいかもしれませんが、まあ、M:tGを知らない人にはなんのこっちゃわからないと思いますので、別にいいです(笑)。

本来は4人ぐらいで遊ぶのにちょうどいいルールなんですが、二人でも普通に楽しめます。普通の60枚デッキに加えて、六面体の2つの面だけにマークが入ったサイコロと、普通のカードの倍ぐらいある次元カード10枚がついて、1セットです。

もともとはおのおののデッキとは別にエンチャント-ワールドのカードを積んで、それをめくって出た効果のランダム性を取り込むローカルルールが起源だそうで、次元カードには「マナがいつもよりよけいに1個出る」とか「すべてのクリーチャーは+2/+2の修正を受ける」とか、マジックのゲームバランスを根本から揺さぶるようなことが書いてあります。もちろん、たいして揺さぶらないカードもあります。

プレイヤーは自分のターンにマナを払ってサイコロを振り、決められたマークを出せば効果を出している次元カードを切り替えることができ、自分の有利な次元に移る(プレインシフトする)ことにより、大逆転も夢ではありません。マナを通常のプレイに使うか、それともプレインシフトして有利な次元がでることに賭けるかという新たな戦略が出ます。まあ、ぶっちゃけ「運ゲー」度が高まりますんで、あんまりシビアにならず、わいのわいのと遊ぶと楽しいと思います。

・・・と思うんですが、TCGの常ながら例によってあっという間に手に入らなくなってしまうと思うんで、ちょいとでも興味のある方は買っておくのがよろしいかと。「次元カード40枚に1万円かよ!」などとお嘆きの向きもあろうかと思いますがね(笑)

とか言ってると、もう基本セット2013の時期なんですなー。はやいねー

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

F1GP2012 #7 カナダGP

  一昔前までは毎年名レースが展開することで名高かったモントリオールのカナダGPです。

うーん、過去形になっちゃいましたかね 思うにモントリオール、ジル・ビルニューブ・サーキットの特徴はモナコのようなタイトな部分と、長いストレートが混在しているアンバランスさで、ストレート・スピードが大事なためダウンフォースが不足気味の状態で行われる攻防が見どころでした。 しかし、FダクトやDRSにより今ではすっかりハイダウンフォースが当たり前に。するとふつーのレースになってしまった感があります。F1を面白くするポイントは、ダウンフォースを減らすことに大きなインセンティブがあるようにすることなのかもしれません。

それはさておき、レース結果ですが、やっとハミルトンが勝ちました。ハミルトンは非常にカナダと相性がいいみたいです。過去を振り返ってもここで速い人は勇気あるいいドライバーだということ。今期7戦で7人目のウィナーです。しかし、今回も結局タイヤに翻弄されてしまいました。ペレスの結果を考えれば、今回こそQ3組は予選を走らずにソフトスタートのワンストップをやっていれば勝てたっちゅーことでしょう。ペレスの今期2度目の表彰台は立派だとは思うのですが、ちょっとタイヤの影響が大きすぎますかねえ。アロンソとベッテルはまさにタイヤに翻弄されたわけで、うーん・・・。最後の数週のトップ3台の動向は面白かったんですが、ライコネンや可夢偉のレースが凡庸だったのは残念です。もっとデットヒートしてほしかったなあ。

そして、シューミ+マッサの低迷師弟コンビは、シューマッハがウィングが閉じなくなるというチームの凡ミス、マッサが序盤でスピンして10位と相変わらずなのでした。そして、さらに不振を極めるバトンは「なんで俺遅いのかわからない」と途方に暮れ気味。人生いろいろであります。

さて、次もストリート。ヨーロッパGPはバレンシア。個人的には結構面白いコースだと思ってますが、どうなりますやら。

あ、あとSGTは久しぶりにすごい小暮が見られてよかったですね。バンダムも仕事をこなしたし、これから上昇ぎみかなー?

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

名被害者・一条(仮)の事件簿/山本弘

と学会会長で、近年立て続けに「神は沈黙せず」「MM9」「アイの物語」など優れたSFを出している山本会長の新刊です。

「メフィスト」に連載されていましたし、このタイトルですから「ミステリー?」と思われるかもしれませんが、違います。事件は起きますが、謎、解きません。謎のまま終わりません。なぜなら主人公の女子高生、一条(仮名)は名探偵ではなく、名被害者だからです!

と、力強くエクスクラメーションマークを打ってみても「はぁ?」って感じですよね。えーっとですね、よくミステリーファンの間で言われるジョークに「名探偵というのは、事件に巻き込まれる体質のことだ」ってのがありますね。

どんなに頭脳明晰な人でも事件に遭遇しなければ解決もできません。警察関係者だろうが、街の探偵事務所のオーナーだろうが、そうそう殺人事件に関わる物ではありませんし、いわんや一般人ならなおのこと。結果、ほいほいと事件に遭遇する主人公たちは事件に絡む度に「またおまえか」扱いを受けます。また、このジョークを逆手に取って、名探偵を一堂に会させ「これだけ名探偵が集まったんだから、事件のほうからやってくるに違いない」なんてことを始める作品もあります。舞城さんの「ディスコ探偵水曜日」がそんな感じじゃなかったでしたっけ?・・・忘れました。

この本は、さらに逆手を取り放題。「名探偵が事件に巻き込まれる人のことなら、巻き込まれるけど解決はしない『名被害者』ってのがいてもいいんじゃないか」との着想・・・というかヨタ話(?)から出来てます。まあ、ここまでの与太は仲間内、あるいはネット掲示板の笑い話で終わりですが、それから1冊の本を作ってしまうのが、作家の作家たる所以です。さすがです。野尻抱介さんの「南極点のピアピア動画」も同じようにアイデアだけでは単なるヨタですが、作家の手にかかるとこれほどかという本でしたね・・・って感想書いてないや。書かないと。

というわけで、この本の主人公は女子高生名被害者の一条(仮)。しょっちゅう殺されかけ、そしてそのすべてが未遂に終わるためにすっかり危機感もなく、それどころか生への執着すら失ってしまってます。「殺してもいいですけど、レイプはやめてくださいねー」ぐらいのぬるーい温度に・・・。ついでになんだか羞恥心も無くしてごく自然に「せっくす」「おちんちん」「ぼっき」を連呼してます(笑)。

そんな一条(仮)ののんきな日々はある事件をきっかけに・・・SFになります。やっぱりそっちかーい!まあわかってましたけど(笑)。

というわけで、古今東西のミステリー・アニメ・特撮ネタをちょいちょいと振りかけたミステリー風味の軽快な一品です。ゲラゲラ笑いながらさくっと読み切れますので、軽い気持ちでどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

F1GP2012 #6 モナコGP

伝統と格式のモナコ・・・なんですが、この週はF1モナコグランプリとFN第3戦オートポリス、そしてこちらも伝統と格式のインディ500が開催されました。観るの大変だよ!

で、3つ並べてみれば、もう今年はインディ500が凄すぎました。200周のレースのラストラップ、ホワイトフラッグの真下を佐藤琢磨がトップのダリオ・フランキッティの真後ろでドラフティングを聞かせながら通過。すぐさま並びかけ、直後の1コーナーでインを閉められてスピン、クラッシュしてイエローのままチェッカー。まったくもう

琢磨らしい

と言えば、この上なく琢磨らしい終わり方ですが、さすがです。久しぶりにレースを観て絶句しました。GAORAの実況・解説陣もその瞬間、全員が

「あ゛ー」

っと声を上げたきり、絶句でしたもんね。

それに引き換え、FNは次代のホンダのエース、塚越広大の初優勝だったのにさっぱり盛り上がらないレースでした。まあ、フォーミュラのレースってのは往々にしてあんなもんなんですがね。

それに比べれば、モナコはまだ見せ場がありました。主に雨のせいで。もし、本当に雨が降って来たらタイミングに依ってはベッテルが優勝していたはずで、ベッテルってのは本当にたいしたものだと思います。また、最初は「ペースがあがりませんねぇ」と言われながらタイヤ交換のタイミングでベストラップをたたき出して、「抜けないモナコ」できっちりとハミルトンを抜いてみせたアロンソも素晴らしい。もちろん、優勝したウェバーは必要なことをすべてやり、ミスがなかった。素晴らしいです。そして、このモナコでミハエルがポールをとったのも驚きでした。

・・・でしたが、まあ、モナコですからね。それでも去年は可夢偉がミラボーで驚きのオーバーテイクを見せましたが、今年はバトンがケータハムに乗るコバライネンを抜けず、クラッシュしてリタイアするという有様。うーん、まあ、モナコはあくまでモナコなんで文句言っても仕方が無いですけど。

さて、今週は毎年素晴らしいレースが期待できるカナダはジル・ビルニューヴ・サーキット。でも、観るのが大変なんですよねえ、アメリカ大陸のレースは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« May 2012 | Main | July 2012 »